マンガでわかる機械学習

著者 :
制作 : 渡 まかな 作画  ウェルテ 制作 
  • オーム社
3.43
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 39
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784274222443

作品紹介・あらすじ

学ぶことの多い機械学習をマンガでさっと学習でき、何ができるかも理解できる!!
 本書は今後ますますの発展が予想される人工知能分野のひとつである機械学習について、機械学習の基礎知識から機械学習の中のひとつである深層学習の基礎知識をマンガで学ぶものです。
 市役所を舞台に展開し、回帰(イベントの実行)、識別1(検診)、評価(機械学習を学んだ結果の確認)、識別2(農産物のサイズ特定など)、教師なし学習(行政サービス)という流れで物語を楽しみながら、機械
学習を一通り学ぶことができます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 岐阜聖徳学園大学図書館OPACへ→
    http://carin.shotoku.ac.jp/scripts/mgwms32.dll?MGWLPN=CARIN&wlapp=CARIN&WEBOPAC=LINK&ID=BB00588169

    本書は今後ますますの発展が予想される人工知能分野のひとつである機械学習について、機械学習の基礎知識から機械学習の中のひとつである深層学習の基礎知識をマンガで学ぶものです。
    市役所を舞台に展開し、回帰(イベントの実行)、識別1(検診)、評価(機械学習を学んだ結果の確認)、識別2(農産物のサイズ特定など)、教師なし学習(行政サービス)という流れで物語を楽しみながら、機械学習を一通り学ぶことができます。(出版社HPより)

  • 【電子ブックへのリンク先】

    https://kinoden.kinokuniya.co.jp/muroran-it/bookdetail/p/KP00024320

    ※学外から利用する場合は、学認でログインしてください。キャンパスIDでログインできます。

  • 【図書館の所在等はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/513865

  • 機械学習でどんなことができるのか、だいぶわかった。

  • 図書館で借りた。分からない(泣)

  • 機械学習に漫画で解説した本。
    漫画の設定は、大学で勉強した内容をちゃんと覚えずに卒業して市役所につとめた男が、出身大学の研究室の先輩女性に機械学習を教えてもらうという内容。先輩の京野さやかがかわいい。従妹のあいちゃんもかわいいけど、本編には出てこず。
    漫画で書いてあるからなんとなく分かりやすい気がするのだけど、それでも一部数式とかはやっぱり難しい。「これを微分するとこうなる」って一気に飛んでたりして、なんでそうなるのか全然分からないところもあった(自分が微分のやりかた忘れてるだけかもしれないけど)。
    ディープラーニングは隣接した値が関係場合ある場合は有効だけど、ただたんに特徴を並べただけのデータなんかにはうまくいくか分からないということを初めて知った。ディープラーニングだからといって、やっぱりなんでもうまくいくわけではないのか。

  • いつの間にか結構集めているマンガでわかるシリーズに、機械学習が出ていたので購入。
    わかりやすいし、マンガが好み。

    線形回帰・ロジスティック識別・決定木・分割学習法、交差確認法・畳込みニューラルネットワーク・アンサンブル学習・クラスタリング・行列分解といった手法のさわりを紹介している。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

京都工芸繊維大准教授 博(工)

「2018年 『フリーソフトではじめる機械学習入門(第2版)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒木雅弘の作品

マンガでわかる機械学習を本棚に登録しているひと

ツイートする
×