ウィーンのユダヤ人―19世紀末からホロコースト前夜まで

著者 :
  • 御茶の水書房
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (455ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784275017888

作品紹介・あらすじ

19世紀末からホロコーストの前夜までウィーンのユダヤ人社会は、「しかし」から「しかし」へと、「こだわり」から「こだわり」へと揺れ続けた。ユダヤ人は、多民族国家ハプスブルクを礼讃しつつも、そこでの民族共存が幻想にすぎなかったことを知り、みずからユダヤ民族主義へと走りつつも、民族自決の限界と危険性を認識したのである。本書は、ウィーンのユダヤ人社会の体験に取り組んだ研究である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【ヨーロッパ文化を理解するための一助として】
    図開架 316.88:N811
    図書庫 316.88:N811
     ナチス発祥の地となったオーストリアにおいて、戦間期に到るまでユダヤ人がどのような生活をしていたのかがわかる。貴重な写真が採録されている。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1953年生まれ。一橋大学社会学研究科博士課程単位取得退学。現在、金沢大学経済学部系教授。社会学博士。専攻は社会思想史・社会史。著書に『西欧とユダヤのはざま------近代ドイツ・ユダヤ人問題』(南窓社、1992)、『ガリツィアのユダヤ人----ポーランド人とウクライナ人のはざまで』(人文書院、2008)、『ホロコースト後のユダヤ人---約束の土地は何処か』(世界思想社、2012)、など。

「2013年 『隣人が敵国人になる日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野村真理の作品

ウィーンのユダヤ人―19世紀末からホロコースト前夜までを本棚に登録しているひと

ツイートする
×