カルロスクライバー ある天才指揮者の伝記(上)

  • 音楽之友社
3.38
  • (3)
  • (3)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 63
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784276217942

作品紹介・あらすじ

完全主義を貫いた音楽づくりで聴衆を熱狂させた不世出の芸術家の、栄光に満ちた前半生の記録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 翻訳のせいか,非常に読みづらい感じで,前巻を読むだけで,
    非常に時間がかかった。(実際,1度挫折・・・。)

    読み進めていくうちに,慣れてきて,
    後半は内容もだいぶ分かりやすい時代になってきたせいか
    一気に進んだ。

    あの,心地いい演奏の影にいろんな葛藤があったのだな。

  • まだ下があるので、クライバーの人生をすべて読んだわけではないけど、、、あの流麗な音楽の後ろに、緻密で冷徹までの完璧主義者の指揮者の姿を改めて、実感。
    わたしとして、高円宮様とあの東京文化会館の精養軒でお茶しているひととき、ファンのサイン攻めに快く応じてた紳士な姿が忘れられません。

  • それなりに興味深いのだけど、翻訳が不自然な部分が多いような気がする。何を言っているのかわからない文章が多々あった。もう少しこなれた文章だと良いんだけど。

全4件中 1 - 4件を表示

アレクサンダー・ヴェルナーの作品

カルロスクライバー ある天才指揮者の伝記(上)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×