ON BOOKS(123)続オーケストラは素敵だ (オン・ブックス)

著者 :
  • 音楽之友社
3.10
  • (0)
  • (1)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784276351233

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この世に存在する採用試験で間違いなく最難関候補の一つであろう超一流オーケストラのオーディションの話が中心です。茂木さんはこの間テレビにでて、私の長年の疑問を一つ解消してくれました。その疑問とはオーケストラの指揮って音と全くあってないような気がするけど、どういう事という事です。オケの人に言わせると指揮とジャストに演奏するのはオケの流儀じゃなくてかっこ悪い、慣れれば判るようになるという事らしいのですが、自分にはとても判るようにはおもえなかったのでオケで演奏するのは絶対無理だとおもっていました。ところが茂木さんはあっさりと、”指揮は判りません。表情とか動きとかは参考にするけど、リズムは合わせるのは無理なので無視してます”という意味の事をいったのです。なんだ判らなくていいんだと安心していつの日かオケで演奏してみたいと思いました。

    ちなみに今現在リアルタイムでベルリンで修行中の方のブログがこちらです。
    http://www.mayumi-shimizu.com/profile.html
    直接面識は無いのですが、知り合いの知り合いの知り合いでひそかに応援してます。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ミュンヘン国立音楽大学大学院修了(オーボエ専攻)。シュトゥットガルト・フィルを経て一九九〇年よりNHK交響楽団首席オーボエ奏者。九六年から指揮活動も開始。自ら企画も担当し、ときにはスクリーンに画像を投影しながら、さまざまな名曲を解説しつつ演奏するスタイルで全国的に活躍。「のだめカンタービレ」のクラシック監修やコンサートの企画・指揮でも知られる。指揮を岩城宏之、外山雄三、広上淳一、三河正典の各氏に師事。著書に『オーケストラ楽器別人間学』『くわしっく名曲ガイド』『音大進学・就職塾』『読んで楽しむ のだめカンタービレの音楽会』などがある。

「2018年 『オーケストラ楽器別人間学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

茂木大輔の作品

ツイートする