虹色プリズムII: 2台ピアノのための

著者 :
  • 音楽之友社
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • Amazon.co.jp ・本 (12ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784276438958

作品紹介・あらすじ

1984年に作曲(Op.19)。吉松には「虹」の名のつく「虹シリーズ」が4作あり、1983年にやはり2台ピアノを中心にした編成のための《虹色プリズムⅠ》が書かれている。「虹」という言葉には「旋法の七音=調性の復権」という意味が込められ、作曲者によれば本作は「大気中に浮遊している無数の音から 〈虹の七色〉 ならぬ 〈旋法の七音〉 を抽出してメロディの房を作っていく空想の 〈プリズム〉 をイメージしたもの。 ピアノがぽつんぽつんと音を並べ始めると, それによって虹色の音達がキラキラ光りながら集まってきて, 蒸留水のように, 或いは水晶のように溜って行く... そんな楽想を曲にした十分ほどの音の夢だ」という。長らく作曲者の手元に眠っていた手書き清書を版下に使用、30年の時経ての初出版。そのイメージ豊かな楽譜は、演奏者・ファン必見だ。
<br/>

著者プロフィール

日本を代表する作曲家。交響曲や協奏曲をはじめとするオーケストラ作品を中心に、ピアノ、室内楽、邦楽などを作曲。著書も多数あり、クラシックジャンルを超えた、幅広いファンの支持を得ている。

「2015年 『吉松隆の 図解クラシック音楽大事典』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉松隆の作品

虹色プリズムII: 2台ピアノのためのを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする