ものの考え方

著者 :
  • 学術出版会
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 57
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784284102346

作品紹介・あらすじ

健全で人間的な悩みを知ることの必要性を説き、その悩みを解決するヒントを与えることを目的としてつづられた素朴で心温まるエッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ↓貸出状況確認はこちら↓
    https://opac2.lib.nara-wu.ac.jp/webopac/BB00183736

  • 哲学者、随筆家の著者。哲学的アプローチからの本著であった。
    始めにを手紙形式にしてるところから、哲学的式思考によると、ものの見方は確立しているものではなく、だがしかし自分の経験や知識による、他人からの質問に対して自分は答える形式にて本著を述べている。とありました。
    又、考え方とは、他人の意見を受け入れる自分の意見というものが根底にあり、述べていることを丸のみにするのではなく、著者が何を言いたいのかを自分なりに読みといてみる。
    思考とは、一度構築しても懐疑的に一度手放し無知に返って、また構築していくものとしており、それが極端に進むと、無気力となってしまうが、その一歩手前にて思想を構築していくものだ。
    結局のところ、哲学的には、考える事自体がその本人にとっては、何ともしがたい喜びとなるところであり、永遠に続くのであった。

    と、思考は螺旋を描きながら、考える事が得とする人が愉しみとしているものである。私自身は、著書が回りくどく緻密に矛盾がないように張り巡らせている論理についていけずに中途にて、リタイアであった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

哲学者・詩人・随筆家

「2022年 『寺田寅彦随筆集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

串田孫一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×