復刻版 『保育』 戦後編I 1946-1955 第1回配本(全7巻)

  • 日本図書センター
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (2600ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784284307277

作品紹介・あらすじ

◆底本
全日本保育連盟編『保育』(発行:昭和出版/ひかりのくに昭和出版)第1巻第1号(1946年5月)~第6巻第12号(1951年12月)

◆特色
戦前から戦後を通じて、日本の保育界の実情をつぶさに伝える全日本保育連盟編『保育』(1937~1974年)。そのなかでも最も入手困難である、復刊第1巻第1号(1946年5月)~第10巻第12号(1955年12月)をついに復刻。

幼保一元化、幼保小の連携・接続、5才児保育の義務制、保育者の養成・待遇など、今日に連なる政策課題、戦後の保育現場における実践、カリキュラム、保育内容を検証するために不可欠な情報が満載。保育学はもとより、教育学、児童福祉等における基礎資料として。

本誌が果たした歴史的役割、今日の幼児保育史における意義を詳解する解説(湯川嘉津美)を、第2回配本に収録。

◆各巻構成

主な内容
◆新しい制度、保育界・保育研究の動向、幼稚園・保育園における実践支援など、理論・実践・研究に関する論考・記事を掲載。
◆都築益世『オイモノツル』、武田雪夫『はらいたお猫さん』、飯島敏子『はたらく』はじめ、石黒つぎ子、岸辺福雄、豊田次雄、川島健至ほかの童話、童謡、幼児劇、さらに賀来琢磨、本田鉄麿らによる楽曲を多数収録。また、中村浩之の漫画「保母の育子さん」も。
◆その他の主要記事
幼児保健/保育要目(カリキュラム)/保育便り/規約/春季講習/保育ニュース/保育暦/保育大会予告・報告/小説/新保育用品・教材/保育教室/講習案内/告示版/歌壇/詩 ほか。

◆第1回配本 全7巻〔※抄録〕
【1】第1巻第1号―第1巻第6号(1946年5月号―11・12月合併号)
本連盟の再出発について
保育者の新使命/岸辺福雄
神話と童話の取扱い方/久留島武彦
保育の新理想/小川正通
簡易保育園の経営と実際/内山憲尚
月々の観察(五月の巻)/西村眞琴
五月の工作と描き方/横井曹一
五月の保育暦/福永さやか
夏休みの意義/守屋光雄
婦人の生活について/村岡花子
日本の再建と保育園の進路/大阪市立幼稚園共同研究会
幼児の悪癖とその矯正/三田谷啓
赤膚焼の見学と薬師寺詣/飯島敏子
保育政策の貧困/小川正通
子供は小さな大人ではない/守屋光雄
保育建築の目的と将来/近藤準一

【2】第2巻第1号―第2巻第11号(1947年1月号―12月号)
  ●第7号は内山憲尚編「新保育提要」臨時増刊号(7月号)。特集は「芸能保育」(1月号)、「保育童話」(2月号)、「玩具の研究」(3月号)。
新制幼稚園の構造/小川正通
児童福祉法と保育所/副島ハマ
老園長のよまいごと/岸辺福雄
素描の音楽/本多鉄麿
自信力を與える教育を/C・K・パーカー

復刻版 『保育』 戦後編I 1946-1955 第1回配本(全7巻)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×