小津安二郎 僕はトウフ屋だからトウフしか作らない (人生のエッセイ)

著者 : 小津安二郎
  • 日本図書センター (2010年5月25日発売)
3.91
  • (4)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :47
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784284700382

作品紹介・あらすじ

日本の誇る映画監督・小津安二郎がその人生と創作の秘密を語る。戦時中に中国から友人・知人に送った貴重な手紙も収録。

小津安二郎 僕はトウフ屋だからトウフしか作らない (人生のエッセイ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こんな風に小津安二郎の言葉まとめた本があるなんて知らなかった。
    小津に興味シンシンの今、真っ先に読みたかった。(その前に他の
    人の小津感を読んでイメージを捉えてしまった)
    私はよく知らないで、この方を古い日本の道徳観の固まりのような
    映画を創る、堅苦しいヒトのように思っていた。
    そんな先入観を大きく覆した、この本を読んで。
    なんて面白いヒトなのだろう。特に「ここが楢山」という賞。
    お母さんと並んで写ってる写真にエンピツの書きこみがユーモラス。
    文章も淡々としててさらりとオモシロイ。
    ますますハマりそう。小津調に。

  • ある暑い夏の日、蝉の声でむせ返る北鎌倉の円覚寺に、小津安二郎の墓参りをしたことがある。墓石には『無』の人文字。墓前にはワンカップと花束が供えられていた。
    「この人はどんなことを考えて映画を作ってきたのだろう。どういう風に生きて生きたのだろう。」という疑問に答えてくれそうな本書を見つけた。
    小津安二郎の人となりが伝わって来る感じのエッセイ集。それぞれの文章は様々な底本から集められたものだ。
    ほんの少し、彼の考え方について理解の一助になったと思う。
    戦争から無事に帰還できてよかったです。
    (アンマンにて)

  • 映画は撮らないですし、やっぱり違う世界の話ではありますけど、こういう生き方をしたひとなんだなあというかんじはありました。
    ただ、時系列というかなんというか、色々集めたものだけにちょっととびとびになってるかんじがして、もうちょっと注釈というかなんというか、そういうものは欲しかったですね。

  • べつに映画は撮らないけど、面白い。

    小津監督の考え方がわかる。

  • 小津監督のインタビューや原稿を集めたアンソロジー。
    映画の話・戦争体験や自作品解説など・・。
    印象に残った言葉→“映画ってのは、あと味の勝負だと僕は思ってますよ。”(p192)

  • 女優に対する思い。男優に対する思い。作品に対する思い。映画=小津 これが全てだ。と今更ながら思わされる。時代と共に変化していく映画事情、それにつれて変化していく小津作品を本人に分析解説されるとなるほどなあ、と納得する。戦争中の手紙や、お母様に対する思いや、ちょこっと結婚観など、今回初めて知ってうれしい。監督が全作品についての感想も非常におもしろい。ほんの2,3行のもあれば、語り尽くせないというふうなのもあったりして。

全7件中 1 - 7件を表示

小津安二郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
アゴタ クリスト...
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

小津安二郎 僕はトウフ屋だからトウフしか作らない (人生のエッセイ)はこんな本です

ツイートする