藤子不二雄A 藤子・F・不二雄 二人で少年漫画ばかり描いてきた (人間の記録 171)

  • 日本図書センター (2010年1月25日発売)
3.91
  • (4)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :48
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784284700412

藤子不二雄A 藤子・F・不二雄 二人で少年漫画ばかり描いてきた (人間の記録 171)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 藤子不二雄Aが主筆。著者が20年ぶりにトキワ荘を訪ねて、当時の仲間達の幻影をふと見る回想は映画のようだった。20代でそこで人生二度目の脱皮をし、功成るまでの経緯と漫画界を取り巻いていた環境が描かれてる。ただし執筆時期は70年代半ばと、まだ全盛期を迎える前の著作。ブレイク前夜とのエッセイといえるが、言い換えると本当の正念場は、丁度この述懐を書いていた時期でもある。その点貴重な記録で、仮に既に大御所となった90年代に続編エッセイを書いていたとしても、これを上回る内容にはならなかったように思える。

  • 昭和50~51年にかけて執筆された、藤子不二雄Aの自伝。

    石森章太郎、つのだじろう、さいとうたかを、
    「ギャートルズ」の筆者……などなど、同じ時代に青春をかけぬけた若い作家たち。その多くは、彼らの全盛期を知らぬ平成を生きる者でも知っているという点が驚き。まさしくある才能が一つの時代に集中して生まれ落ちたのだろう。


    藤子不二雄を名乗る二名の天才の、情熱と友情をかいま見れて、良かった。

    執筆当時は連名ペンネームのままだったし、本書内でもあれほど仲良さげだった「F」と「A」のコンビ解消は、なぜ。。。。?

    ★4つ、9ポイント。
    2015.10.02.図。

  • 2013年最初の読書です。

  • 手塚治虫にファンレターを綴る少年たち
    彼のようになりたくて、ふたりで漫画を描いて描いて描きまくった。
    トキワ壮という二畳のアパートに暮らし、たくさんの戦友を手に入れた。
    当時は赤塚不二夫も石ノ森章太郎も売れていなかった。

    「オバケのQ太郎」でひとつめの波をさらう。
    しかも、連載中はなんの反応もなかったのに、打ち切られたとたんに「なぜQ太郎の連載は終わったのですか」と子どもたちから編集部へ苦情が殺到する。

    描くことによって、すこしずつ報われていく。
    そのあいだも手塚治虫はトップへ君臨し続ける。

    懸けるもののあるひとたちの生き様かっこいい。

  • (推薦者コメント)
    藤子不二雄Aが藤子・F・不二雄を語る。

  • まんが道とかぶる藤子不二雄の半生記。中盤まではまんが道とほぼ同じ内容で、後半は昭和50年までの20年のことが書かれています。スタジオ・ゼロやオバQブーム、青年誌時代を経て、トキワ荘での再会が最後の章。漫画と違い写真で作者が確認できるのが嬉しいですね。

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全7件中 1 - 7件を表示

藤子不二雄Aの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
藤子・F・不二雄
佐々木 圭一
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

藤子不二雄A 藤子・F・不二雄 二人で少年漫画ばかり描いてきた (人間の記録 171)はこんな本です

藤子不二雄A 藤子・F・不二雄 二人で少年漫画ばかり描いてきた (人間の記録 171)を本棚に登録しているひと

ツイートする