【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)

著者 :
  • 文芸社
3.74
  • (75)
  • (182)
  • (121)
  • (19)
  • (7)
本棚登録 : 1283
レビュー : 180
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784286143828

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本能寺の変の新説!
    と言われてもピンとこず、そもそも定説をきちんと理解してないことに気付かされる。
    そんな自分に対しても、非常にわかりやすく、定説はこう、誤り(意図的な)はこう、なので新説はこう。と論理的な説明で導いてくれている。
    またこのような新説にも、エンタメ性というかストーリーとして大事な人間性が非常に見える資料を揃えているところに作者のいう歴史捜査の真髄が見える。こういう改竄や誤解が沢山ある歴史を、これからも紐解いてほしいと願う。

  • たしかに、なぜあの本能寺の変の日、信長の守りは、あまりにも手薄だったのかに、ひとつの納得できる推理を示してくれた。光秀の謀反がなければ、その計画はうまく運んだのだろうか。家康も、上洛は相当警戒し、手筈を整えていただろう。家康が将来最大の脅威となることを、信長だからこそ予見していたのかもしれない。この推理が正しければ、家康は最大のピンチを、光秀を利用して切り抜け、さらに天下布武の布石まで打ったことになる。
    一方秀吉は、細川氏の家老から情報を得ていたが、主君の命を守るよりも、謀反後の天下盗りを選んで、着々と大返しの準備を進めていた。

  • すごく納得する内容!
    筆者は、先祖の不名誉を晴らすために頑張ったのかと最初は思ったけど、ゆがめられた歴史観を正しているだけなのだ。
    千利休、豊臣秀次の切腹、春日局の出自など、いろいろな謎がひとつにつながった感じ。すっきりした。
    この内容がドラマ化されて、もっと一般大衆の周知するところとなることを願う。

  • 「本能寺の変」の首謀者は家康だったとして、かなり注目されました。

    序盤はワクワクしました! まずは、明智光秀が本能寺の変を前に詠んだ句を解読していきます。

    「時は今あめが下しる五月かな」

    解釈としては「土岐氏である自分が天下を治めるべき季節の5月になった」と信長への謀反の意が込められたとされているんですね。

    だが、著者は『惟任退治記』によるまやかしだとします。『惟任退治記』は本能寺の変の4ヶ月後、羽柴秀吉が大村由己に書かせた、本能寺の変の事件報告書。

    この句はただの季節を詠んだだけだと複数の資料から明らかにしていきます。

    ちょっと後半はご都合主義が強い気がしたのですが、実際の歴史資料からたどっていく作業は、エキサイティングです。

  • 主君に冷遇された私怨だけで明智光秀が謀反を起こしたという説に疑問があったが、本書を読んで光秀の心情や、謀反を起こした理由、動機については納得できる内容だった。

    現代とは常識が異なるという視点は新鮮だったが、「と思われる。」という、現存する資料や事実に基づかない(想像で補完している)記述が多分に含まれる文章には苦笑いの連続だった。(作者が本を執筆した動機を考えれば、都合の良い方に想像したい気持ちはわかるが。)

    定説と違う証拠をいくつ並べてみても、結局勝者である豊臣秀吉に不名誉な話を流布され、それが現在に至るまで定説となっている事が結果の全て。
    明智光秀が一族の命運を掛けて挑んだ戦に敗れたという事実は変わらないのだ。

  • 「軍記物依存の三面記事史観」というのは、日本史の特徴としてどうしてもあると思う。秀吉について、ここの記述が真実ならば、相当に悪。秀吉の膨張政策の「失敗の本質」をこそ、実は帝国主義時代の日本が真っ先に省みるべき歴史であった。歴史は面白いが、そのひた隠しがのちのち人民を殺すこともある。真実を探る、学ぶというのは難しい。

  • 2017年9月

    明智光秀の子孫が、本能寺の変の謎を考え直した本。
    歴史捜査という視点から、なぜ本能寺の変が起こったのか、そして光秀の企みが失敗したのかなどを考え直している。

    無意識に刷り込まれていた、信長に対しての恨みで謀反を起こしたという通説が違ったのではないかと考えさせられる

  • 本書は、本能寺の変の原因を、信長が無謀な唐入りにより実力派家臣団を国外に遠ざけ、国内を身内で固めて織田王国を磐石なものにしようとしたことに求めている。信長謀殺は、光秀、藤孝、家康が共謀し、実は秀吉もその企みを知っていたという(だから、いわゆる中国大返しは作り話)。そもそも本能寺の変は、信長が家康を排除しようとしてその実行を光秀に命じたのを、光秀が逆手に取って信長を討ち取ったもの。その後、藤孝が秀吉側に付いて光秀を裏切り、その秀吉が天下を取って結局唐入りを実行して人心を失い、最終的に家康が光秀の想い(国内安寧と土岐氏の再興)を実現する。そこには私怨による衝動は介在しない。なんて壮大なドラマなんだろう。強欲な独裁者信長、抜け目ない簒奪者秀吉と比べて、光秀の遺遺臣を重用する家康の律儀さはちょっと感動的。
    本書のストーリーには説得力あるし、真実はきっと本書に近いんだろうなあ。
    なお、本書の語り口は井沢元彦氏に似て、定説や歴史学者の怠慢に辛辣。

  • 思っていたよりしっかりとした論
    プロ的にはどうなんだろう

  • 施政者の都合で文書が書かれることはよくある事ですが本能寺の変もその一つなのでしょうか。
    明智光秀への思い入れの強さからくる強引な解釈が気になる箇所も少しありましたが納得する箇所も多く、『本能寺の変』を違う見方で見ることができました。

全180件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

1947年生まれ。明智残党狩りの手を逃れた光秀の子・於寉丸の子孫。慶應義塾大学大学院修了後、大手電機メーカーに入社。情報畑の経験を活かした「歴史捜査」を展開し、精力的に執筆・講演活動を続ける。

「2019年 『完全版 本能寺の変 431年目の真実』 で使われていた紹介文から引用しています。」

【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)のその他の作品

本能寺の変 431年目の真実 Kindle版 本能寺の変 431年目の真実 明智憲三郎

明智憲三郎の作品

ツイートする