【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)

著者 :
  • 文芸社
3.74
  • (76)
  • (182)
  • (123)
  • (19)
  • (7)
本棚登録 : 1291
レビュー : 180
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784286143828

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 明智光秀の末裔である明智憲三郎が書いた、新しい感覚の本能寺の変。
    普通の歴史小説の中で、明智光秀は謀叛を起こしたという理由で
    いわばヒール役として描かれる事が多いけど
    この本は根本から全く違う。
    しっかり研究して検証して、なんだか刑事の様に調査をしてからの
    こうなのでは?こうだったのでは?という感じ。
    自分も一つの凝り固まった考え方をしていたなぁと思うけれど
    これもまた一つの新しい考え方。
    また見え方が変わったなと思うし、今後明智光秀への考え方も
    もちろんその周辺の時代背景も違う視点から見ることが出来そうだな。と。
    明智光秀話もさることながら、やはりここは最後の方にあった
    ビスマルクの言葉、愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。
    いつの世もこれですね、と。

  • つまんなくないけど、わくわく面白さも足りない。ルポ報告書みたいな感じ。

  • 本能寺の変、利休切腹など、歴史上の事件の真相について。個人的に恨んでという低レベルな行動はありえない、というけれど、赤穂浪士は個人的な恨みから起こした刃傷事件と考えたら、個人的な恨みで一族を危険にさらすことがないとは言えない。
    しかし、この本のように時系列を追っていけば、別の理由も浮かんでくる。その明らかになる経緯と真実がとても面白かった。

  • 新たな事実を知った。

  •  そもそも戦国史にうとく、真実か否かはさておき、という状況だったが、読み物として非常におもしろい。当時は多くの人が細かく日誌をつけていたことから、かなり詳しく事情が追える、ということがまずわかった。そして、変の前後の記録を比較することで、事の真否を問うという科学的姿勢がよかった。そもそも考古学はそういうものなのでは?とも思うが、一部重鎮?発の説が、何10年も変わらずに残るというトホホな状況が続いていたとのこと。科学界でも法曹界でも同じことなんだろうと思う。
     数年後、さらに情報追加されることを願う。

  • なるほどね。

    明智家の方が書いたということで、ついバイアスがかった目で見てしまいがちですが、内容は決して先祖を敬う思いに流されず、事実を積み重ねていこうという姿勢に終始。逆に言えば、明智家の者と言うとで、より客観的に分析しなければという思いに駆られたのであろう。

    「言われてみれば」と言う内容が多い。その後の徳川幕府で起きた出来事の源流をこの辺りに求めることが出来るとはねぇ。

  • 明智光秀の子孫が書いた、本能寺の変にまつわる新説。私には検証のしようはないけれど、成る程その方が今の定説より納得いくなと思うところが多くあり面白い。「歴史捜査」と銘打って検証していく過程も面白い。戦国時代の武将たちが、イメージアップや権力集中の為に情報操作を行っていたとはびっくり。戦国時代の情報戦と言えば、忍びによる情報収集のイメージだったから。「惟任退治記」は秀吉の天下取りの為に書かれたのか。織田信長が立てた家康暗殺の為の計画を、光秀と家康が乗っ取り逆に信長を討ち、計画を知っていた秀吉がそれを上手く利用して天下を取る。戦国時代って、ただ武器を持って戦っていただけではなくとってもスリリングでダイナミックで面白い時代だったんだな。

  • 佐々木譲と言えば警察小説が有名であるが、歴史を題材にした小説も手がけている。中でも「第二次大戦秘話三部作」は出色である。今回推薦する『ストックホルムの密使』は、『ベルリン飛行指令』、『エトロフ発緊急電』に続く同氏の「第二次大戦秘話」完結編に当たる。

    時は第二次大戦末期、孤立無援の日本では、米軍による本土空襲が激化し、戦局は絶望への道を辿る一方だった。そんな時、スウェーデンに駐在する海軍武官・大和田市郎は、瀕死の日本にとどめを刺す連合国側の極秘情報を入手した。日本が滅亡する前に、その情報を軍上層部に伝えるべく、二人の密使が放たれる。二人は、連合国占領下のドイツを突破し、対日参戦の準備を進めるソ連を横断して、遙か2万キロの道のりを日本へと駆け抜ける。
     
     実は、この本の主人公である大和田市郎氏にはモデルが存在する。実際に当時のスウェーデン駐在武官であった小野寺信氏である。氏は戦争回避に奔走し、その努力が叶わぬ現実となった後には、すみやかな戦争終結に心血を注ぐ。時代の趨勢の中で、その努力は決して報われることはなかったものの、あの時代にありながら、世界情勢を見据えた上であくまで平和と民の幸福を希求した先人がいたことを、私たちは忘れてはならないだろう。同氏の行動記録については、未亡人である小野寺百合子氏の『バルト海のほとりにて』に詳しい。併せて読んでもらいたい一書である。(商学科・M先生)

  • 【定説】
    ときは今あめが下知る五月哉 光秀
    水上まさる庭のまつ山    西坊
    花落つる流れの末を関とめて 紹巴
    【本書】
    ときは今あめが下なる五月哉 光秀
    水上まさる庭のなつ山    西坊
    花落つる池のながれをせきとめて 紹巴

    ・光秀の願いは土岐明智家の再興
    ・信長の長宗我部征伐、唐入りを阻止するために謀反
    ・信長は本能寺にて家康も討つつもりだった
    ・光秀、家康、利三、忠興、藤孝が談合、秀吉も看過
    ・本能寺の変、利休切腹、秀次切腹の共通点は朝鮮出兵

  • 明智光秀の子孫が、本能寺の変の真相を解き明かすと。

    正直、いろんな説がある程度にしか知らないわけで、この人が言ってることが本当に新説なのかどうか知らない。

    が、読んでてきつい。
    説が正しいかどうかということではなく、展開が。

    まあ、他の研究者たちが本当にある「誤った」文献にのみよって論を展開しているのかどうか知らない。
    本当にそうなのかもしれない。
    が、私だけが真実を理解する、という割には、結局、「はずだ」「だろう」「ちがいない」等々、結論ありきに後付けバイアスバリバリ感じさせる展開。

    トンデモさんの理屈と同じで鼻に付く上に、それほど笑えない。
    説はともかく、本として、読むのが苦痛。

  • 明智光秀の本能寺の変を犯罪捜査の手法で分析していく一冊。
    歴史の検証という視点がとても新鮮で面白い。
    関係した武将のそれぞれの視点で、歴史がどのように解釈、改ざんされてきたのか、真実がなんなのかを明らかにしていく。

    いや~、面白かった。

  • 最近この時代の定説もどんどん見直されてきており、どんな内容だろうとワクワクしながら読んだが???な内容だった。
    さまざまな資料をあたっていることには評価できるが、推論には無理がある。家康を危険視してたって、北条始め東には難敵がまだまだ存在してるのだから、1582年の段階で除去する必要はないし、領土を褒美として配るスタイルには限界が来るのが信長には分かっていたから茶の湯御政道を行ったのに、その点についての言及なく唐入り阻止のためというのも、突っ込みどころが多くて困った。

  • 本能寺の変を明智側から見た本。秀吉が植えつけた歴史観を鵜呑みにしていたので少し違った視点で歴史が見られるようになった。

  • ところどころ強引な展開やこじつけのように感じる部分もあったが、全体的に面白く読めた。
    本能寺の変が信長の「唐入り」構想に起因しているという点や、本当は家康を誅殺するための策謀だったという指摘は、それが真実だったとしてもそれほど不自然ではない気がする。(もちろん鵜呑みは出来ないが)

  • 歴史ミステリーのトップともいえる本能寺の変を独特の分析で解いた本です。
    話として面白い仮説なのですが、ちょっと自説に都合の良い資料ばかりを引きすぎで大きな矛盾に目を瞑ってしまっている本でした。

  • 歴史・史実ものとしては異例なほどさっと読める。これは事件捜査やミステリーのような手法によるものだろうが、他の作家も参考にしてほしい。

    ただ、内容については、事実の積み重ねと推測の部分がかなり混在しており、判断が難しい。
    少なくとも、傍証すら示せていないものに対しては断定的な表現は慎重になるべきではないかと感じた。
    もう少し積み上げがあれば。

    謀反の動機も、唐入りを目前にした一族存亡の危機感と、信長の謀略を逆手にとる機会を得たと言うだけではまだ弱いのではないか。

  • 20141227
    確かに信長に恨みを持ったから謀反を起こしたという単純な構図ではない。家康と光秀で密約を結んでいたとするのが真相であろうと思う。歴史捜査というアプローチできっちり検証している。

  • おもし!

  • 面白かった。

  • 本能寺の変の真実について、明智光秀の子孫である明智憲三郎が蓋然性を重視して理論を展開しています。司馬遼太郎は著書の中で、明智光秀はこの時期、心身耗弱であったと述べていますが、本当にそうであったか?私は疑問に思っていましたが、明智憲三郎の説によれば、本能寺の変の原因は織田信長による策謀の結果だったことになります。またこの説により、信長はどうして光秀軍1万3千人の入京に気がつかなかったのか?という本能寺の変の最大の疑問も解決出来ました。詳細は本書をお読みください。

  • 内容紹介
    光秀の末裔がついに明かす衝撃の真実!!

    名門・土岐明智氏の行く末に危機感を抱いていた光秀。
    信長の四国征伐がさらに彼を追いこんでゆく。
    ところが、絶望する光秀の前に、天才・信長自身が張りめぐらした策謀が、千載一遇のチャンスを与えた!
    なぜ光秀は信長を討ったのか。背後に隠された驚くべき状況と、すべてを操る男の存在とは! ?
    新事実をもとに日本史最大のクーデターの真実に迫る、壮大な歴史捜査ドキュメント!



    作者の主張にはいくつもの矛盾を感じる。あるところでは「現代の人には考えもつかないようなことをする時代だから」と言い切り話を進めているが、別の箇所では「そんなことするはずがない」と現代の人が考えもつかない時代の考えを読み取り断言している。私は歴史無知だが、この作品は真実うんぬん以前の問題。謀反の背景にしても憶測の域を脱していない。話の内容が全く信用出来ない。

  • おもしろい。そして、納得がいく。
    天海の伝説にもつながる感じがするのと、信長の最晩年の政策などからもしっくりくる。
    そして、調べていけば調べていくほど秀吉の魅力が薄れていく。司馬翁によって作られたイメージなのだと改めて痛感。そう考えると、前半の輝かしい、人好きのするイメージと晩年の朝鮮出兵など(構想は信長のもののようだが。)のこう狂った老人という相反するイメージの齟齬が埋まっていくような(前半は作られたもの)そんな感じがする。
    家康共犯説。というか、家康謀殺未遂説ですな。

  • 本能寺の変の大きな謎のひとつに、なぜ信長はわずかの手勢で本能寺に滞在していたのか、ということがある。

    この謎に対して、本著は「信長が家康を殺すための策略だった」としている。
    供応の場に家康をおびき寄せて、供の者が少ないとき(油断させることが目的なので信長の手勢もわずかなときに)、光秀の軍勢に討たせる、というもの。


    光秀はこの策略を、信長を討つ最大の好機と捉え、家康ではなく信長を討った。


    光秀がなぜ信長を討つ決意をしたかというと、四国の長曾我部征伐に信長が乗り出したためで、長曾我部氏が滅ぼされると、近親の明智一族の存亡も危ぶまれることにつながるから。
    また、信長は明に戦争をしかけるつもりでいて、日本国内の領地は自らの近親のみに割り振り、功労のあった近臣であっても(秀吉とか光秀とかであっても)、明から領地を奪ったあとは、そこに飛ばされる恐れがあった。


    だから、光秀にも信長を討つ動機はあったが、秀吉にも信長を討つ動機はあった。秀吉が中国大返しをできた理由は、毛利を討つつもりが最初からなかったからで、時機がきたらすぐに引き返すことができる準備をしていたから。


    長曾我部と光秀の関係くらいまでは、そうかもしれないと納得できるのだけれど、それ以降の推理は正直言って、どうなの?という感じだった。


    家康と光秀の共謀で信長を討てたという説は、あり得るかもしれないけど、いかようにも解釈できる状況証拠だけで、論を進めちゃうのはどうかと思う。

    いい推論もいっぱいあると思うけれど、思い込みも多すぎる気がする。

  • どこまでが推測で、どこまでが裏付けに基づいているのか分からないが、ずっと感じていた違和感を晴らしてくれた。
    相当な部分を秀吉が改ざんしていると常々感じていたが、強ち間違いではなかったと思った。少なくとも歴史で語られている話よりは説得力があると思う。

  • 明智光秀謀反の動機が解明される…とワクワクしながら読んだ本。動機が明かされたときはドキドキしてそのまま続きを読むことができず、最期のところは情緒的な書き方でないにもかかわらず思わずウルウル…。■光秀の前半生についてはおそらく著者の書いているとおりだと納得させられ、家康討ちや唐入りもあり得ないことではない。ただ、その日、「信孝はなぜ家康を放置して京に戻ってきたのか」「家康はどうやって信孝を討つつもりだったのか」の2点が解説されていないため、著者の説を全面的に支持することはできない。■ただ、謀反の動機は光秀の個人的理由ではなく、やはり一族の繁栄を願ってのことだったのではと考えさせられた。光秀の嫡男がまだ幼く、自身や信長没後にもう一度戦乱の世になることを懸念していたのではないか。朝廷や武将たちも味方に引き入れていたはずなのに、信長を討った途端、武将たちは自身の出世を優先して光秀を裏切った。秀吉も家康も光秀の謀反を知っていて、それに味方する(もしくは知らない)ふりをして、それを逆に利用した。■信長が光秀を信用しているがために討たれたのと同様に、光秀も細川藤孝を信用しているがために討たれた。戦乱の世とは恐ろしいものよ。

  • 2014年11月20日読了。

  • 427年目も読んでるので、このまま将来も真実が生まれ続けるのでしょう。でも、面白かったね。それなりに、ストーリーに破綻がない。でも、これほどまでに関係者に跨がった陰謀で、一切の文書的な証拠が残ってないっていうのはあり得るのかしら。

  • 現代もメディアによって事実がねじ曲げられて報道されてるように、昔から偉い人が都合がいいようになってたんですね。

  • 面白いな、この本。所々、強引な所や特に目新しくなくなっている論点はあるものの。
    複数人の日記を並べてその矛盾を浮き出し、原因を推定していく…という手法自体私には思いつかないので感心した。
    引用元にも戻って読み解いてみたい。

  • 2014/10/18中西さんから借用
    「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」とはドイツの鉄血宰相といわれたビスマルクの言葉だ。歴史に学ぶとは、自分とは異なる経験・思考・能力を有する先人の存在を認め、その人物の真実にどれだけ肉薄するかという精神活動であろう。だから新たな発見があるのだ。自分の経験に先人を当てはめて自分の器で解釈することは歴史に学ぶのではなく、自分の経験を正当化しているに過ぎない。三面記事史観は歴史を面白おかしくとらえて。自分の経験を正当化するには恰好のものだったのだ。人は易きに流れるものである。

全180件中 91 - 120件を表示

著者プロフィール

1947年生まれ。明智残党狩りの手を逃れた光秀の子・於寉丸の子孫。慶應義塾大学大学院修了後、大手電機メーカーに入社。情報畑の経験を活かした「歴史捜査」を展開し、精力的に執筆・講演活動を続ける。

「2019年 『完全版 本能寺の変 431年目の真実』 で使われていた紹介文から引用しています。」

【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)のその他の作品

本能寺の変 431年目の真実 Kindle版 本能寺の変 431年目の真実 明智憲三郎

明智憲三郎の作品

ツイートする