【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)

著者 :
  • 文芸社
3.74
  • (76)
  • (182)
  • (123)
  • (19)
  • (7)
本棚登録 : 1294
レビュー : 180
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784286143828

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 光秀弁護派としてはありがたい。
    新しい見方が見つかった。
    大分参考になった。
    (まだ途中だけど)

  • 著者は姓からも分かるように、明智家の子孫である。
    従来から言われている光秀が信長を討った理由は、勝者である秀吉が都合の良いように書き換えたという観点から、歴史上の資料を丹念に見直して新しい解釈を導き出している注目の本だ。

    信長に辱められたり朝廷を愚弄されたことが光秀の謀反の理由だというのがこれまでの説だったが、これらはすべて秀吉が後日編纂させた「惟任退治記」という書が源であり、これに講談、劇、映画、小説などが追随したために定説として知れ渡ってしまったのだという。
    当時、他にも書を残している人は数多くあり、それらを集めてきて矛盾点を掘り起し、書き換えられた事実を読み返せば、事実は全く異なるというのが著者の主張である。

    著者によれば、光秀謀反の真の理由は以下だそうだ。

    毛利を打ち破った後、信長は親族を近隣に、外様を遠方に配置換えして、日本全体を統治する体制を整える計画を持ち、同時に外様を中心に朝鮮へと勢力を拡大する意向を持っており、最も信頼していた光秀をも朝鮮へと派遣する計画だった。
    「最も信頼していた」というのも、「惟任退治記」とは大きく異る解釈であるが、まずはこの配置換えに危機感を持っていたことが一つ。

    また信長はすぐにでも四国を攻めて長宗我部元親を滅ぼすつもりであったが、光秀の側近である斎藤利三が親戚関係にあり、何とかして止めようとしていたことが一つ。
    最近になって、本能寺の変の直前に長宗我部元親と斎藤利三の間で交わされた書簡が見つかっていて、元親に信長への恭順を示させることで四国攻めを思い止まらせようと画策していたらしい。(いわゆる「四国説」)

    http://www.huffingtonpost.jp/2014/06/23/honoji_n_5524152.html


    驚いたことには、本能寺の変をタイミングとして選んだのが、側近の部下たちが全国に散らばっていて手薄だったというよりも、実は信長が家康を本能寺におびき寄せて殺してしまう計画があり、それを家康とともに逆手に取って信長を葬り去ってしまおうとしてたのだというのだ。

    これまで謀反の理由をこれでもか、と様々なところで注入されてきた身にとっては、これは唖然としてしまう解釈である。
    しかも、一々、古い書簡をいくつも引っ張り出してきて論拠の元として示すのだから、読む方としては強引に説き伏せられてしまった思いがする。
    ただ、その強引さが時折、推論を言い切る文脈に対して違和感を感じてしまう部分もあったのは確かである。

    ただこれだけ従来説に反する論拠を集めているのだから、少なくとも謀反の理由には新しい解釈が必要なのは確かだろうと感じた。
    真実はいつまでたっても証明されないだろうが、これだから歴史に親しむのは止められない。

  • 明智光秀の子孫が、「歴史捜査」ということで様々な史書から「なぜ、本能寺の変は起こったのか」を浮かび上がらせようという一冊。

    歴史を語るときに起こりがちな、勝者の事情から事実が隠されるという視点から、できる限り客観的な証拠の積み重ねで「本能寺の変」という事件に迫っていきます。

    著者が明智光秀の子孫ということもあって、明智寄りの視点になるんじゃないの? と穿った見方もしてしまうのですが、ちょうどこの文章を書く直前に、長宗我部元親から信長にあてた手紙が見つかったという報道がされていたので、かなりの部分で真実に近づいているんじゃないかと面白く思いました。

  • これまでの説を厳しく指摘しているものの、自らの説のおかしなところは、スルー。

  • この本の内容で大河ドラマを作って欲しい。織田信長、明智光秀、徳川家康、豊臣秀吉それぞれの企てがあって、話の辻褄はあってると思う。いろんな文献を調べて書かれてるから真実味もあるし。過去を振り返り後悔する主役は徳川家康がいいんじゃないかと思う。豊臣秀吉が疑い深いかなりの悪役で。途中で死ぬ英雄は明智光秀。織田信長は自己中の敏腕経営者って感じで。

  • 本能寺の変は、信長の非情な仕打ちに、光秀はこれを恨んで謀反を起こした・・・というのが定説になっているが、この元を探せば「惟任退治記」という軍記物にたどりつき、これは時の権力者・太閤秀吉が書かせたものであり、そうでない様々な記録から「歴史捜査」すると、意外な真相が見えてくる・・・という内容。

    著者は、明智秀光の子孫にあたるという人で、ご先祖様の復権という想いもひしひしと伝わってきますが、なかなか説得力のある説であり、論理展開でした。

    現在の、日韓、日中関係が怪しくなっている状況で、少し頭を冷やしてみたらという、いいタイミングでの出版だと思いました。


    (2014/6/7)

  • おもしろいけど、説明がまどろっこしい。歴史捜査なんで仕方ないかもしれないが。

  • ふむふむふむ!と楽しく(という言い方もあれだけど)読んだ。とても楽しかった。
    歴史ってやっぱり色んな考察があると思うけど、本当にすっきり読めたし面白かったし、これはもっと注目されてほしいと思った。ミニドラマとかできそうだね。

  • 本能寺での光秀の謀反、千利休の切腹、豊臣秀次の切腹これらは信長、秀吉政権でおきた不可思議な事件である。
    しかし、この本によるとこれらは「唐入り」で繋がっていた。光秀の末裔である作者の鋭い歴史捜査に驚き、感動する。

  • 読み物だが、修士論文を読んでいるようだった。平氏・源氏以来昭和までの日本人が、徳川家以外は歴史に学ばなかったという帰結もすごい。

  • 歴史捜査という、今までと少し違う手法、角度から本能寺の変を読み解いていく本。
    著者は『驚く』事のように書かれていたけれど、信長、光秀、家康、秀吉。それぞれの人物像は、思った通りでむしろ『やっぱり』と思うことの方が多かった。
    後半はちょっと強引な部分が多かったと思う。
    やっぱり私は『あの人が犯人』だと、改めて思った。

  • 本能寺の変の謎が解けた~

  • 明智光秀の子孫が文献を元に真実を解明。
    織田信長と明智光秀のみが知っていた事実。明智一族の存亡、徳川家康と豊臣秀吉の関係と本能寺の変にからんだ経緯を詳細に解明している。

  • 日本史上最大の謀反でありながら、いまだに謎の多い本能寺の変について、明智光秀の末裔である著者が「歴史捜査」という形で謎を解明していく。
    著者の説は確かに史料との辻褄もあっていて非常に興味深いものだった。この内容をそのまま真に受けるのは短絡的かもしれないけど、一説としては大変おもしろいものだった。

  • 【レビューウォッチ】明智光秀子孫が明かす「431年目の真実」が「文句なく面白い!」 : J-CASTモノウォッチ
    http://www.j-cast.com/mono/2014/03/17199355.html

    文芸社のPR
    http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-14382-8.jsp
    http://www.bungeisha.co.jp/news/topics/honnoji/
    プレジデント社のPR(単行本)
    http://presidentstore.jp/books/products/detail.php?product_id=640

  • 2016/8/23

  • 本能寺の変は、歴史としてあまりにも有名で、数多くの小説やドラマで描かれてきており、小心なインテリ武将明智光秀が無謀にも自分が取って代われると思って織田信長に謀反を起こし、秀吉にあっけなく敗れて三日天下に終わったというエピソードについて、これまでさほど疑念を感じたことはありませんでした。
    しかし、この著者が指摘するように、よく考えてみると、信長の元でそれまで輝かしい戦歴を挙げ、信長に信頼されて畿内の経営を任され、秀吉と並ぶ出世頭だった光秀が、なぜ一族滅亡のリスクを背負って謀反を侵さなければならなかったのか、信長はまだ戦乱が終わっていないのに、本能寺でなぜあれほど油断していたのかは、実は大きな謎と言えます。
    で、この本の解釈は相当豪快で、読んだ最初はかなり驚かされました。が、確かに言われてみると、それでいろいろなことの説明がつくのも間違いないなとも思いました。
    この解釈に本当に妥当性があるのかどうか検証するのは歴史学者の仕事でしょうが、真実であるにせよないにせよ、読者としては、歴史ミステリーとして実に面白く読むことができました。
    大いにお勧めです。

  • この本は明智光秀の血を引かれる方が書いた本で、4年前に「427年目の真実」という本で単行本で出されました。今回はその文庫化にあたり4年経過したのでタイトルを少し変更しただけだと思い軽い気持ちで読み始めました。

    はしがきにて、この4年間に調査した内容を踏まえて追加したとありましたが、私が4年前に読んだ記憶がなくなったせいなのか、新たな事実に触発されてなのかわかりませんが、4年前に受けた以上の衝撃を受けました。

    勝者は歴史を捻じ曲げることは十分にあると思われますので、いわゆる通説通りに本能寺の変が起きなかった可能性もあると思いますが、この事件をひとつの刑事事件と捉えて捜査をしてそれらを上手にまとめています。

    信長は日本統一の後は、明国まで攻めるつもりだったのですね。それは秀吉がやって失敗しましたが、考え方を変えさせる(より大きな土地を得る)のは難しいようですね。その難しいことを覇権を握った徳川家康がやったのは、一目置かれることだと思いました。

    以下は気になったポイントです。

    ・光秀と信長の確執が書かれているのは、秀吉が宣伝した「惟任退治記」である、秀吉がそれを真実として流したことも、世に知られていない(p23)

    ・光秀が有名な歌を読んだのは、5月28日とされるが(本能寺の変と2日違い)、当日の天気は快晴である(p29)

    ・秀吉は、信長の忠実な家臣でもなく信長を慕っていたわけでもない(p35)

    ・謀反に踏み切る必要条件は、1)謀反を起こさずにいれば一族が滅亡する、2)謀反を成功させる目算がたつこと(p52)

    ・足軽は、応仁の乱を契機として活躍した新しい形態の戦闘集団で、非武士身分によって構成される非正規部隊、いわゆる傭兵であった(p65)

    ・幕府の足軽衆に取り立てられ、まっさきに義昭から離れた光秀は、幕府に対して強い忠誠心や義理は無かっただろう(p76)

    ・光秀と長宗我部の畿内、四国同盟崩壊というのは明智一族には重大な問題であった(p125)

    ・信長を支えて天下統一すれば百年続いた戦国が終わり平和な世の中になると信じていたのに、異国の地で戦うことになる、この流れを止めたかった(p139)

    ・信長は当日、本能寺で何をしようとしていたのか、信長が家康を本能寺に呼び出して、光秀に討たせようとしたと考えるとつじつまが合う(p151)

    ・光秀・筒井順慶の軍勢を徳川領へ侵攻させる命令を発していた、これが家康と順慶が呼び出された理由(p153)

    ・黒人であった「やすけ」のみが本能寺から脱出して生き残ることができた唯一の信長の小姓であった(p188)

    ・信長の家康討ちの計画を乗っ取れば間違いなく信長は討てる、信忠討ちも政権維持も家康が味方につくのでうまくいくと考えた(p199)

    ・西陣を様子見にして、甲斐・信濃の織田領で策動したということ自体が、光秀に味方していたことをはっきりと証明している、家康が東陣に深入りせず初めの計画通りに6月9日に西陣を進めていれば山崎の合戦は大きく変わっていただろう(p241,244)

    ・斉藤利三が口を割らなかったことを知って家康や安堵しただろう、この恩義の念が、彼の娘の福(春日の局)を孫の家光の乳母(教育係)に採用することに繋がったのだろう(p248)

    ・光秀の謀反に加担した家康、謀反計画に係わりながら光秀を裏切った藤孝、謀反を知りながら信長に通報せずに乗っ取った秀吉、三人が密約を結んだ可能性がある。(p287)

    ・当時の名前の付け方は、父祖の名前からの一字に、偏き、といって説きの権力者から一字をもらう組み合わせが行われていた、家光の元服が4年も延期されたのは、当時の権力者である「頼」をつける必要があったから(p299)

    2014年3月9日作成

  • ありだな。

  • 真実と見るかはさておき、丁寧に追跡し裏取りをしているので、これが真相でもよいのではと素直に受け止めることができました。
    本能寺の変という衝撃的な事件が謎のままということ自体、実は真実が集約された結果だということでしょうか。

    最近、NHKで本能寺の変に迫った番組がありましたが、あまりにも薄っぺらだったので、こちらの充実度がより際立っていました。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4286143821
    ── 明智 憲三郎《本能寺の変431年目の真実 20131203 文芸社》
     
    http://booklog.jp/entry?keyword=%E6%98%8E%E6%99%BA%E6%86%B2%E4%B8%89%E9%83%8E&service_id=1&index=All
     
    http://blog.goo.ne.jp/akechikenzaburotekisekai
     明智 憲三郎 歴史捜査 1947‥‥ 神奈川 /光秀の子、於寉丸の血筋を引く
    http://blog.goo.ne.jp/akechikenzaburotekisekai/e/7d35e1a1dd8314b94a5590877b416828
     
    (20140115-0904)
     
    ── 《ゴロウ・デラックス 20140904 24:58-25:28 TBS》
    【明智光秀の子孫が明かす「本能寺の変」431年目の真実!!】
    …… 戦国武将・明智光秀の子孫が50年かけて調べ上げた「本能寺の変」
    の衝撃の真相とは!? 本来暗殺される予定だったのは? なぜ光秀は信長を
    裏切ったのか? 歴史劇で解説!!
     
     出演;稲垣 吾郎/外山 惠理 (TBSアナウンサー) /山田 親太朗
    ゲスト:明智 憲三郎/プロデューサー;高宮 望
    http://www.tbs.co.jp/goro-dx/
     

  • 光秀の中国出兵は三河への軍勢用で家康を
    暗殺する信長の手筈が光秀と家康がくんでいたって話。

    眉唾ってぽいけど読むと意外と考えさせられる。

全180件中 151 - 180件を表示

著者プロフィール

1947年生まれ。明智残党狩りの手を逃れた光秀の子・於寉丸の子孫。慶應義塾大学大学院修了後、大手電機メーカーに入社。情報畑の経験を活かした「歴史捜査」を展開し、精力的に執筆・講演活動を続ける。

「2019年 『完全版 本能寺の変 431年目の真実』 で使われていた紹介文から引用しています。」

【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)のその他の作品

本能寺の変 431年目の真実 Kindle版 本能寺の変 431年目の真実 明智憲三郎

明智憲三郎の作品

ツイートする