【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)

著者 :
  • 文芸社
3.74
  • (76)
  • (182)
  • (123)
  • (19)
  • (7)
本棚登録 : 1293
レビュー : 180
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784286143828

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 内容紹介
    光秀の末裔がついに明かす衝撃の真実!!

    名門・土岐明智氏の行く末に危機感を抱いていた光秀。
    信長の四国征伐がさらに彼を追いこんでゆく。
    ところが、絶望する光秀の前に、天才・信長自身が張りめぐらした策謀が、千載一遇のチャンスを与えた!
    なぜ光秀は信長を討ったのか。背後に隠された驚くべき状況と、すべてを操る男の存在とは! ?
    新事実をもとに日本史最大のクーデターの真実に迫る、壮大な歴史捜査ドキュメント!



    作者の主張にはいくつもの矛盾を感じる。あるところでは「現代の人には考えもつかないようなことをする時代だから」と言い切り話を進めているが、別の箇所では「そんなことするはずがない」と現代の人が考えもつかない時代の考えを読み取り断言している。私は歴史無知だが、この作品は真実うんぬん以前の問題。謀反の背景にしても憶測の域を脱していない。話の内容が全く信用出来ない。

  • 無実以外は説得力ないな、後半は妄言に聞こえる

著者プロフィール

1947年生まれ。明智残党狩りの手を逃れた光秀の子・於寉丸の子孫。慶應義塾大学大学院修了後、大手電機メーカーに入社。情報畑の経験を活かした「歴史捜査」を展開し、精力的に執筆・講演活動を続ける。

「2019年 『完全版 本能寺の変 431年目の真実』 で使われていた紹介文から引用しています。」

【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)のその他の作品

本能寺の変 431年目の真実 Kindle版 本能寺の変 431年目の真実 明智憲三郎

明智憲三郎の作品

ツイートする