いちばんやさしいWordPressの教本第3版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」)

  • インプレス
3.63
  • (7)
  • (14)
  • (9)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 232
感想 : 13
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784295000792

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「いちばんやさしい教本」シリーズは、経営で必要になった時にその都度、辞書のように活用している。マニュアルとして活用できるので助かります。

  • 2021/10/24読了。
    Drupalを専門とするにあたり、比較対象として必ずあがるWordPressの概要理解のために読んだ。
    非常に分かりやすく、とりあえずのWordPress入門書としては上出来だと思う。
    よく使用されるプラグイン一覧など、もう少し巻末付録的な内容が充実していれば良かったかも。

  • ワードプレスの基本的な使い方はもちろんのこと、サーバーレンタルの仕方からSEO対策まで、WEBサイトを立ち上げるまでの一連の流れがすべて網羅されており、とても分かりやすかった。

  • 高校の同窓会のWebサイトを開発、運用しないといけないので、読んでみたけど、こりゃ非常にわかりやすい。Lightning前提で考えていたので、Lightningベースで書かれているので、ありがたい。基本的なことはカバーできそう。
    少し自信がついたな。何とかなりそう。

  • いちばんやさしいかどうかは判断できませんが、この本を大いに参考にして、ブログ「Daily Monologue」を立ち上げました。テーマは「Lightning」です。

  • 業務でWordPressを使う案件があったので読んでみた。コードを書かない人向けだけど、基本的なところは一通りわかる。必要なところ以外は流し読みした。
    打鍵読みしたのは、ナビゲーション周りとフォームのところ。contact form 7は自分の環境だと送信エラーになったので、要調査。

  • 個人ブログ作成のために参考書を探していたところ、本書の評価が高かったため購入しました。

    結論から言えば、あまり使用しませんでした。

    理由として、ネット上にブログの作り方を解説したサイトがあることや、本書で説明されているレンタルサーバーやテーマと異なるものを利用したこと、また本書は商業サイト作成向けの説明になっていることが挙げられます。

    けれども、必要なかったかと言えばそうではなく、やはり書籍というだけあり、順序立てて解説されている。目次を見て全体像を把握できる。という点で役に立ちました。

    具体的には本書の手順を見ながら進めていき、各項目毎に解説サイトを調べて作成していくという方法をとりました。

    やはり、解説サイトは無料ですが、詳しすぎたり、逆に初心者に必要な解説が抜けていたり、絞られたテーマについての解説しかないということがあります。

    本書はそれほど高くないので買っておいても良いのではないかと思います。

  • 請求記号 547.48/I 76

  • 実際にやってみないとわからないけど、ぼんやりと全体像はつかめたかな。

  • # 書評☆4「いちばんやさしいWordPressの教本第3版」:高品質なLightningテーマでサイト作りのセオリーをなぞることで初心者でも手っ取り早く一定品質のサイト作成が可能

    ## 概要
    WordPressを用いたWebサイトの作り方を解説している。
    この本の特徴は,WordPressテーマにLightningを使い,これをベースにサイト作りに必要な要素を一つ一つ解説しているところだ。

    このLightningというテーマの品質が高いというのが大きい。このテーマは,一般的で見やすくある程度の品質のサイトを作るテンプレートになっており,必要な項目を入力していくだけで,それなりのサイトを構築できる。

    この本の解説もWebサイト作りを念頭に置いており,サイト作りで来訪者の目を引く重要な以下の要素を解説していた。

    1. サイトレイアウト
    2. メニューやサイトマップの配置のしかた
    3. ヘッダー画像

    ## まとめ
    WordPressのPHPやテンプレート階層など,内部の仕組みはほぼ一切解説はしていないので,自分で作りこみたい人には物足りないかもしれない。

    しかし,既に用意してあるLightningテーマとそのプラグイン[VK All in One Expansion Unit]を使うことで,手っ取り早く一定品質のサイトを構築できる。

    例えば,サークルとか,個人商店とかでWebサイトを作る必要に迫られた場合,この本一冊あればたしかにそれなりの品質のものを短時間で作れそうだ。

    WordPress入門書売上No.1なのも納得できる。とりあえずWebサイトを作りたい初心者,作る必要に迫られた担当者に胸を張っておすすめできる。

    個人的に,WordPressテーマはたくさんあって探すのが面倒だったが,このLightningは見た目がよくて使いやすそうなので,自分でも使ってみたいと思った。

    パーマリンク:<https://senooken.jp/blog/2018/05/18/>

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

Webを中心とした広告制作事業を行う株式会社ベクトルの代表取締役。
ビジネス向けWordPressテーマ「Lightning」の公開をはじめ、WordPressに関するイベントでの登壇、協賛・実行委員として開催を支援するなど、WordPressの普及に関わっている。
株式会社ベクトル:https://www.vektor-inc.co.jp
Lightning:https://lightning.vektor-inc.co.jp/ja/

「2021年 『いちばんやさしいWordPressの教本 第5版 5.x対応 人気講師が教える本格Webサイトの作り方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石川栄和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ジェームス W....
劉 慈欣
デールカーネギ...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×