沈黙のWebマーケティング —Webマーケッター ボーンの逆襲—アップデート・エディション

著者 :
  • エムディエヌコーポレーション
4.39
  • (19)
  • (19)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 365
感想 : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784295200307

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • WEBマーケティングに最低限必要な知識をストーリー仕立てで説明してくれる書籍。ストーリー仕立てのためページ数は多いが、情報が多いわけではない。ストーリーとは別の解説ページもある。
    サーバーやSEO、コンテンツマーケティング・セールスレター、SWOT分析やTwitter運用まで幅広く扱っている印象。何も分からない人がとりあえず読んでみるのには良さそうな印象を受けた。

    ただし初歩的な内容も多く、マーケティングとしてはつまみ食いの説明な部分もあるため、気になる分野はここから発展して読み進めていくべきだと思う。

  • 漫画と解説があり、初心者にはとてもわかりやすく最初に読むには最適。とはいえ内容も濃く、この本を読むと必要な基礎知識は身につくと思いました。

  • なぜ借りたか忘れたが評価高かったような気がして読書。ふざけたようなストーリーだが実践的なアドバイス。なかなか学びが多かった。よき。

    メモ
    ・サーチコンソールの活用
    ・Googleガイドラインの遵守
    ・wayback machineによりアーカイブの確認
    ・セールスレターで読む人の気持ちに訴えかける
    ・コンテンツマーケティング。人の感情を動かすコンテンツをつくる。自己顕示欲に訴えかける。希少性、権威性、専門性。自分が主役になるコンテンツ。性格診断、インタビュー。
    所属と愛の欲求に訴えかける。まとめ型、面白系、統計型。
    シェアのされやすさはコンテンツジャンルと欲求刺激度できまる。
    社会的関心の高いジャンル
    三代欲求。生活の三大要素。仕事。経営、仕事術、人材育成、組織、広告。自己啓発、英語、健康、コミュニケーション、ガジェット、アプリ、趣味娯楽、web関連。
    ・Twitter運用は絡みたくなるキャラクター作りが重要。
    ・メジャー感。定番を理解した上でユニークな表現を。
    ・bing ip検索

  • シンプルに面白く、初心者にはわかりやすい。

  • ユニークなキャラクターによるストーリーがあるマーケティング本。ストーリーの後に解説が載っていて、難しい言葉もすんなり入ってきます。初心者にオススメな本でした。

  • webマーケティングについて、ストーリー仕立てで基礎を網羅できる本。とっつきにくい単語も、ストーリーに沿ってスルスルわかるし、今後も見直して学べるまとめもあって、オススメです。
    人間心理に響くコンテンツの作り方や、SNSで重視するべきなのはコミュニケーション、など、なんとなく触れていたことの仕組みや言語化がされていて、勉強になりました。

  • SEO関連の初学にはちょうどいいと思う。
    まず読みやすいし、その割には内容もしっかりしている。

  • WEB集客について知見を得るために読む。

    「沈黙の」ってなんのこと?
    帯の挿絵がふざけてる!

    と疑念がありつつも読みはじめると、さらさらと2時間弱で読了。

    WEBでの集客に悩む、老舗家具メーカーの社員と最強のWEBマーケターを中心に話は進む。
    SEOに頭を悩ませる人に対して、解決の糸口となるかもしれないトピックが数多く、わかりやすい論調で解説されている。

    【ポイント】
    ・美しいだけのWEBページに価値はない

    ・ライティングは、最高のコンテンツ

    ・Twitterアカウントは、他社とのコミュニケーション7割で運用

  • Google analitics

  • サイト運営の基本的な流れを解説してくれる。
    関係があるようなないような、漫画部分が面白く、分厚い本なのにサクサク読めて、
    解説部分もわかりやすくて良かった。

    ぶっ飛んだ漫画のストーリーにはまったので、
    続編とかあったらいいな。

全13件中 1 - 10件を表示

松尾茂起の作品

ツイートする
×