エグゼクティブ・コンディショニング 一流が通う疲労回復専門ジムのメソッド (ダウンロード動画つき) (ACTIVE HEALTH)

著者 :
  • クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
3.38
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784295403005

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 疲れやすく仕事に集中できない、成果が出せていないと感じた時に、習慣を変えていくことでコンディションを整える大事さを知り、生涯のパフォーマンスを高め人生をより良く生きる助けになる1冊でした。

    【気づき】
    ・スクワットやランジ、ヨガのポーズはどれも家でできるもの、いつでもできるのでどれか1つからでも習慣化したい
    ・習慣化や新しいことへのチャレンジが何かできれば、成功体験としてビジネスでも自信になるのでは
    ・やっていること他人と違ってもあせらない、それぞれ違うのが当然、ビジネスでも同じ、自分の強みや価値が基準

    【本のハイライト】
    〇体調
    ・コンディショニングの内容はさまざま、人により不調の原因違いアプローチ異なる、調子のいい基準も定義しにくいが、「朝の目覚め」と考え一点集中、理由3つ、体のコンディション計測可能、心のコンディション計測可能、朝の調子がその日のコンディション決める
    ・要の習慣、1つの習慣変えると他の習慣も改善、抽出の4つのポイント、即効性(すぐに効果実感)、エビデンス(しっかりした根拠に基づく)、難易度(行動起こしやすい)、効率性(1つの行動で複数効果)
    ・感情や思考は自分でのコントロール難しい、まず目に見えてわかりやすい体からアプローチすると効果出やすい、心身は連動、アプローチの順番大事、人間は自分の意思でないところで働く機能多い、自分のバイオリズム知る

    〇睡眠
    ・寝る1時間前にはブルーライト遮断
    ・睡眠のため安心感をつくる姿勢は「仰向け」、胸十分に開け呼吸浅く、体の一か所に負担かからず血流やリンパも滞らない状態、枕を縦に置き肩甲骨から上乗せて寝てみると胸は開く
    ・ヨガの「ウサギのポーズ」、少し頭頂部周りを動かしてみても効果

    〇運動
    ・全身の筋肉の約70%は下半身、下半身→胸→肩→上腕→背中→体幹へ進めると時間や手間かけずより効率的にアプローチ、スクワットが下半身最も効率よく鍛える方法、5秒スクワット、お尻落とす、膝をつま先より前に出さない、15回×3セットから始め、理想は30回×3セット
    ・股関節は体の中で特に大きい関節、血液多く流れる、集中的にほぐすと効率よくコンディショニング、ランジ→ハイランジの習慣化を
    ・ゆがんだ姿勢を一発で改善する究極のポーズは「ブリッジ」、完成にこだわらない、練習過程に意味、続けるうちに柔軟性上がり可動域広がる

    〇呼吸
    ・無意識的に行っているがコントロールも可、バイオリズム整える、心とも体ともつながっている、ルーティン化で心身整える最高のメソッドに
    ・「腹式呼吸」と「タクティカルブリージング(吸う→止める→吐く→止めるを各4カウント)」でトレーニングすると無意識の呼吸を意識できる
    ・ヨガの「木のポーズ」は意識をパノラマに広げる訓練に、深い呼吸しながら他のことにも集中できるように、マインドフルネスにもつながる

    〇食事
    ・長期的な視点で普段の食事をアップグレードしないとコンディショニング整わない
    ・血糖値コントロール、白いもの減らす、食物繊維を白いもの食べる前に接種で胃に膜作る、朝が摂取に一番
    ・腸も重要、みそ汁など発酵食品で整える

    〇習慣化
    ・最初から完璧にできるわけではない、できていない自分をまず受け入れ、またチャレンジという繰り返し
    ・自分の強みや価値見つけ、どうなりたいか最大の可能性をビジョンとして掲げる、相談できる相手見つけ実現したい状態共有、新しい方法どんどん試し挑戦続ける
    ・何かを変える際に年齢は関係ないが、コンディション悪いと阻まれることも、若々しくいることが人生楽しむポイント、まずは行動起こす

  • 疲労回復専用ジムによるコンディショニングの本。
    睡眠・運動・呼吸・食事にフォーカスし、改善するための方法を解説している。特別画期的な方法ばかり……という訳ではないものの、比較的簡単に実行できるメソッドが多いので、できるところから取り組めたらいいと思う。

  • コンディションは、朝の目覚めでわかる、というのは納得。
    睡眠、運動、呼吸、食事の4領域で語られているが、やはり睡眠は大事。
    寝る前の仕込み、とくに、
    ・ウサギのポーズ
    ・胸開き
    は夜のルーチンに取り入れていますが、効果はあるように思えます。

  • 基本的な内容ばかりで、特筆すべき点は無し。まとめ方に価値があるのかも。

全4件中 1 - 4件を表示

ZERO GYMの作品

ツイートする
×