マネジメントへの挑戦 復刻版

著者 :
  • 日経BP
3.98
  • (13)
  • (17)
  • (7)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 296
感想 : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784296106776

作品紹介・あらすじ

「日本のドラッカー」と呼ばれた男
55年前、日本の経営者を震撼させた「反逆の書」が今、よみがえる!

「今読むべき、経営学の源流」
昭和40年、男は一冊の本を上梓した。
そして「中小企業の救世主」として日本の経営学の源流をつくる。
だが、男が嫌った“きれい事のマネジメント論”に
とどまる会社は今もごまんとある。
日本企業の未来を示す古典が復活!


従来のマネジメント論は、
理論としては、りっぱであっても、
現実に対処したときには、あまりにも無力である。
現実に役だたぬ理論遊戯にしかすぎないのである。
現実は生きているのだ。そして、たえず動き、成長する。
……打てば響き、切れば血がでるのだ。
(「序にかえて」より)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 過去の実績をもとにしていたら、そこには 進歩もなければ、革新も生まれないのである。 進歩や革新は過去の実績をのりこえ、 過去の理論を否定するところに生まれるのである。

  • 【部下の権限】
     業務に対する権限は、上司から与えられるものではなく、上司から獲得するものである。
     「権限がないから判断出来ない」のではなく、上司に聞くことで、自分で決めるのか指示を受けるのかが判明する。
     部下は、権限が与えられていないことを理由に、責任を逃れることは出来ない。
     自分の上司が有能だと思うのなら、自分の上司をヒマにせよ。そうすれば会社はより成長する。
     会社という合目的的集合体においては、上司のために部下がいる。自己実現の場ではない。ごちゃ混ぜにしてはいけない。そのような側面もあるよね、でとどめなければいけない。

    【分業の罠】
     職務分掌と仕事の流れは縦糸と横糸の関係性。
     切りすぎは全体が見通せないのでバツ、
     一連に責任が持てる、何をやっているかが自分でわかるレベルのチャンク。
     様々な問題は、責任や権限を明確にできない箇所に起こる。
      (一塁と二塁手の間にボールが飛んだ時)
    【得てに帆上げる(得意な分野を伸ばす)】
     んなこと言ったって、他人の強みを見抜けるほど人間観察力があなたにありますか?
     かつ、それを見つけたとして、それを伸ばすということと、仕事上やらなければいけないことは異なりませんか?
     例えば(新しいことにトライすることが強み)という新入社員がいた場合、決められたことを守らせなくて良いのか?ということになる。耳触りは良いが非現実的えしょう。
     初めに仕事ありきではないか?仕事に人を当てる以上、強みを見つけた後は「異動」しかない。また強みが他人の下位互換だった場合は行く場所がなくなるのではないか?
    【人事】
     抜擢人事の重要性
     ×「人はパンのみに生きるにあらず」
     ○「まずはうまいぱんをあたえる」
     決定はワンマン、運営はチーム
     人は自分のために働いている。→生活の原資
     労働分配率を一定にすることで、荒利益高を双方が向上させるマインドになる。目線が一緒になる。

  • 製造業を主な対象としているためソフトウェア事業に携わる自分にはあまり当てはまらなかったが、目標設定の方法として積み上げ式、言い訳の余地がある「できるだけ主義」ではなく、これだけやらないと生き残れない、という観点の「これだけ主義」とすべきという主張は目線を上げるのに大変参考になった

  • ラッカープラン、賃金を付加価値で割合いを決める。
    仕事の現実は、限られた時間で、不完全な資料を持って、事態を把握して判断し、決定し、行動する。
    経営は、環境をみずからの力で変革することによってのみ存続できる。

  • 成果主義=付加価値主義
    教育≒企業の成長

  • 出だしは今までの経営思想に対して反旗を翻しているのかと思い、哲学的で解決法が示されないともどかしく読んでました。
    しかし、ラッカープランではデータも示され、説得力のあるものでした。

  • まさに今読むべき、マネジメントの本だと思います。沢山のラインマーカーが引かれました!

  • 世の中に溢れるふわっとした経営論とは一線を画す、歯切れの良い経営論だ。時代を超えて読み継がれているのもうなずける。時代背景を補正して読む必要があるが、時の試練を乗り越えた言葉の迫力は胸に響くものがある。

  • ずいぶんと昔に書かれた本なのに、
    まるで、現代のことをかたっているかのように
    感じる。

    目標とは、決意である。
    目標があって、現状とのギャップを埋めるので
    あって、現状分析から入るのではない。

    部下の機嫌をとることは、上司の
    仕事ではない。
    部下に目標を達成させて、その結果、
    賃金をあげる。
    決して、仲良しグループをつくることが
    目的ではない。

    組織はアンバランスであるべき。
    どこか飛び抜けたものがないと戦えない。

    畳の上の水連は意味がない。
    自分の仕事で実践すべき。

    などなど。

  • これ以上の経営指南本は存在しないのではないかと思わせる空前絶後の作品。55年前に上梓されたとはとても思えず、今でも十分に通用する金言が満載。既存の上っ面をなぞったマネジメント本を完膚なきまでにこき下ろし、今そこにある経営危機を何とかしなければという気迫が怖いくらいに溢れている。現場主義に徹していたことを裏付けるような緻密さ(原価計算の章は痺れる)には驚嘆するばかり。全編を通底する叱咤は、今の日本経済全体にも当てはまる。もう経営・マネジメントについてはこの本だけ読めばドラッカーも読む必要なし。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1918(大正7)年、群馬県生まれ。36年、旧制前橋中学校(現在の前橋高校)を卒業後、中島飛行機、日本能率協会などを経て、63年、経営コンサルタントとして独立。「社長の教祖」「日本のドラッカー」と呼ばれ、多くの経営者が支持した。指導した会社は大中小1万社近くに及ぶ。1999年逝去

「2020年 『ゆがめられた目標管理 復刻版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

一倉定の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
チャールズ・A....
ベン・ホロウィッ...
稲盛和夫
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×