スケールフリーネットワーク ものづくり日本だからできるDX

  • 日経BP
3.63
  • (7)
  • (9)
  • (11)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 171
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784296107711

作品紹介・あらすじ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「求められているのは発想の転換だ 」
―――東京大学大学院工学系研究科教授、松尾 豊氏

「これから始まる二回戦、日本にはすごいチャンスがある」
―――早稲田大学大学院経営管理研究科教授 入山 章栄 氏
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「次戦に備えて日本が採るべき戦略とは」


デジタル庁創設で出遅れたデジタル化を急ぐ日本政府、
DXを果敢に叫び、コロナ禍を生き延びようとする日本企業。

日本が抱えてきた課題を一気に顕在化せしめた新型コロナは、
容赦ない変革を日本企業に突きつけています。
グーグル、アマゾン・ドット・コム、フェイスブック、アップルといった
いわゆるGAFAと呼ばれる企業群はコロナ禍を追い風に変え、成長を加速させています。

完全にGAFAに覇権を握られ、生きる道を失ったかに見える日本企業。
そして、「失われた30年」を過ごしてきたと言われる日本企業。
しかし、本当に日本は失うだけの時間を過ごしてきたのでしょうか。

「選択と集中」ができなかった日本には、技術や人の多様性が残りました。
そして、これこそが今から始まる二回戦で大きな武器と変わるのです。

GAFAが寡占したかに見えるデータは実は一部。
二回戦はハードウエアに強い日本企業に大きなチャンスをもたらします。
活用されていない貴重なデータの多くが現実世界に眠っているのです。

本著で紹介する「スケールフリーネットワーク」は20世紀後半に発見された、
比較的新しいネットワーク理論です。

この理論をビジネスに応用することで、
イノベーションを起こす土壌を作り出すことができます。

スケールフリーネットワークを実践してきた東芝執行役上席常務・最高デジタル責任者で、東芝デジタルソリューションズ取締役社長を務める島田太郎氏、『アフターデジタル』や『DeepTech(ディープテック)』などのベストセラー本を通じて日本が進むべき道を照らし続けるフューチャリストの尾原和啓氏が、スケールフリーネットワークがもたらすインパクトを解説します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 有形資産を持っている会社は大体スケールフリーネットワークの実践を考えているとは思う。けれど「どこまで自社技術を提供していいのか」で悩んでいるのではないだろうか。ここで情報提起してくれている東芝さんは実際にスケールフリーネットワークの仕組みを実践しているので、参考になると思う。

    また、これからどうDXを進めたらいいかについて、定義→定着→展開の3ステップで描かれており、それらの東芝さんでの実践についても書かれている。ここも参考にされたい。

    全体を通し、シーメンスから島田さんがきたことにより、「東芝内では当たり前になりすぎていたものが価値化した」点が大きかったように思う。中にいる人が別の視点から物を見ることは難しい。別の点に光を当て、それに価値があると伝え、実際に次のビジネスにしていく。こうしたことを求められる外部人材登用役員が今後も増えていくように思う。

  • これはスゴイ本だ。
    今年のマイベストの中に入ってきそうな予感がする。

    スケールフリーネットワークという概念自体をよく知らなかったけれど、
    この本によると元ネタは、複雑系や「新ネットワーク思考」という書籍に詳細が書かれているようだ。
    こちらの本も読みたくなってきた。

    ※新ネットワーク思考
    https://booklog.jp/item/1/4140807431

    さて、本題。

    GAFAに代表されるようなネット企業に負けっぱなしの日本企業(主に製造業を想定)ですが、
    これからは、サイバーの世界とフィジカル(現実)の世界を繋いだ2回戦が始まり、
    その際に大事になってくる考え方が「スケールフリーネットワーク」。
    この戦いには戦い方次第では日本企業にもチャンスがある!というのが著者の主張です。
    ポイントは、イノベーションが起こる「場」をつくるということでしょうか。

    そして、著者はそれを実際に東芝で実践されています。
    東芝と聞くと、原発ビジネスで大コケして、粉飾もあって、
    もうとんでもない企業というイメージかもしれませんが、
    そこからトップが変わり、デジタルに強い著者も招聘し、
    会社のDXを進めているようですね。
    こういった改革はトップのコミットなくては進みませんが、
    東芝の改革は期待が持てそうな気が個人的にはします。

    次は、皆さんの会社だ!ということで、製造業に勤める人は、
    今後の会社の変革のトレンドを押さえる意味でも
    有意義な(というよりマストな)一冊だと思います。

  • 東芝、島田さんの考えがわかる本。
    サイバーとフィジカルの融合、その中でどう日本企業は戦っていくか、ということがテーマ。

    個人的には後半の松尾先生との対談が面白かった。

    スケールフリーネットワークを作る。

    ユーザーが欲しいものはユーザーが一番わかっている、ユーザー体験を提供するのではなく、ユーザーがことを生み出せる場を提供する

    米お金を投じる、EUデジュールスタンダードに続く、規模に頼らない方法がアセットのオープン化、みんなを呼び込みスケールフリーネットワークを作る。

    サイバーの世界ではGAFAに大敗したが、フィジカルの方が圧倒的に規模がでかい、両者を融合した世界で日本企業は勝機あり。

    スケールフリーネットワークが作れればマネタイズのポイントはいくらでも見つかる。大事な技術は自社で持っておけばいい。どうやって儲けるかを書かないところがやはりポイントですね。

  •  GAFAはネットの世界で価値を爆上げしてきたが、まだ殆どはリアルの世界がある。これからはリアル部分のDX化が進んでいきGAFAも狙っている。リアルの世界の多くは製造業となり、製造業の割合が多い日本にチャンスがあるという内容。
     そしてなぜDXしていったのかをスケールフリーネットワークという視点から解説。

     GAFAがやってきたことをフィジカルでキャッチアップしていければアセットを多く持つ日本企業にもチャンスがある。
     それにはDXが肝となり、そこに持っていくマインドセットが必要。(ここが一番難しいところ)
     例えば、デジタル化を進めていくと、省力化となり、その結果売り上げが下がる現象がでてくる。(ここでみんなついて行けなくなる)
    旧来のビジネスモデルを崩しているのでビジネスモデルの転換(マネタイズの場所を変える)を考えていく。小さな成功例をたくさん作ることで皆にマインドが広がっていく。
     本書では東芝のDX化の例がでているので参考になるのでは。

  • ハブとなるプラットフォーム作り
    スケールフリーネットワークは人モノ仕組み問わず無限に繋がれる
    継続性と膨張性を持ったネットワーク

  • シーメンス幹部の座を投げ打ち、厳しい経営環境からの復興を目指す東芝に転身した島田太郎さんが主に記述しています。

    スケールフリーネットワークや島田さんの目指しているイノベーションの世界、ものづくりに強い日本だからこそできる世界を論理的かつ明快に描いている素晴らしい著書です。

  • DXをスケールフリーネットワークと捉えて説明展開されているのが分かりやすい。ただ実際にこれから日本の製造業が筆者の展開する考えでIOTの勝者となれるかはこれからの結果如何に拠るところだと思うので、島田さんのこれからを注視して行きたい。

  • ここ10年はGAFAに代表されるように"サイバーの中のサイバー"の戦いだった。
    これからは、"フィジカルなサイバー"の第2回戦。
    フィジカルだから、ヒトやモノがどんどん繋がっていく時代。
    1人で囲い込んで作っていくのではなく、多くの企業やヒトと協業してネットワークをつくり、そこに利便性や意味性を感じたヒトやモノが繋がっていく。マネタイズはその後にくる。
    そういう考え方の時代。

  •  持たざる故に他社と組むしか無い楽天、グーグルを渡り歩いた尾原和啓氏 @kazobara と自前技術で世界を席巻する日本のメーカー、シーメンスを渡り歩いた島田太郎氏という真逆の二人による共著が故に生まれた本である。
     現在「大企業」と呼ばれているビジネスは、ユニバーサルサービスとして公的資金や資本を投入して赤字から徐々に黒字に転換(電気、鉄道事業等)したか、比較的小さい元手で高付加価値な商材を発見して成長した(自動車、家電等)かの何れかだったと思う。その次に稼ぎ方が本書に示される「スケールフリーネットワーク」を使った稼ぎ方だと言える。
     中心となるのはもちろん米アマゾンのジェフ・ベゾスがナプキンに書いたとされるダブルループで表される「善の循環」モデルである。これをネットサービス(グーグル)、ネットでの物販(アマゾン)に続けて、リアルの商行為や製造業の現場のデータと組み合わせて起こすというのが本書の主旨である。
     個人的には精神論は分かるのだが、実際のところそれがうまく回り出すモデルであると確信させるファクトはこれからという印象である。小さくても何らかの成功事例と共に示して貰えればよかったなぁ、というのが正直な感想である。

  • 日本には期待できるとなるDXな話。
    市場規模で見た時に広告ぐらいしかインターネット革命がおきてないのは納得。
    フィジカルとなる市場がいくらでもあり、サイバーフィジカルとなるインターネット戦線の2回戦始まったばかりというところ。
    徐々になのか一気になのか、市場のどこで変革が起こるのか楽しみにしたい。
    その上で東芝の話が中心になるがPOSの話はおもしろくレシートない世界でのデータ活用の未来は期待したい。
    選択と集中についても考えさせられるし、
    自身も横のつながりとなるスケールフリーネットワークジェネレーターとしていきたい思い。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東芝執行役上席常務・最高デジタル責任者。90年に新明和工業に入社し、航空機開発に携わる。PLM(製品ライフサイクル管理)を手がけるシーメンスPLM(当時SDRC)へ。同社の日本法人社長を経て、シーメンスのドイツ本社に勤務。その後、日本法人の専務としてインダストリー4.0を推進。東芝では、事業のデジタル化の責任者としてDXを推進している。

「2021年 『スケールフリーネットワーク ものづくり日本だからできるDX』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島田太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

スケールフリーネットワーク ものづくり日本だからできるDXを本棚に登録しているひと

ツイートする
×