子どもが面白がる学校を創る 平川理恵・広島県教育長の公立校改革

著者 :
  • 日経BP
4.42
  • (10)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 149
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784296110827

作品紹介・あらすじ

平川理恵 広島県教育委員会教育長
結局、誰のために、何をやっているのか、なんですよ。教育委員会の仕事のすべては、子どもたちのため、ですよね。だから、それを問わないといけないと思ったんです。それは本当に子どもたちのための仕事ですか、と。

安宅 和人 慶應義塾大学環境情報学部教授/ヤフーCSO(チーフストラテジーオフィサー)
胸にグサグサくる言葉の連打。変革に興味のある人も、価値ある未来を生み出したい人も、教育・人づくりとは何かについて考えたい人も、みんなこの一冊をまず手に取るべき。

西山 圭太 東京大学未来ビジョン研究センター客員教授/経営共創基盤シニア・エグゼクティブ・フェロー
DXとAIが決定的な変化を起こす時代。その未来につながる教育とは。リーダー次第でそれはいま実現可能だと示す。経営者や人事担当者にも推薦の書。

公立校だって、やればできる!
民間女性を教育長に招請 ――教育のカルチャーを変える
「異学年集団」による学習 ――学びの選択肢を増やす
国際バカロレア認定校 ――突き抜けた学校を建てる
専門高校をアップデート ――地元を担う人材を育てる
図書館をリニューアル ――子どもの意欲が高まる
内申書の見直し ――子どもを縛り付けない
スペシャルサポートルームの設置 ――不登校を減らす

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 生徒が主体になって学ぶ場である学校。その本来の姿にするための改革。今、学校改革が全国各地で広がっている。この広島でおきている改革はまだ始まったばかりかもしれないが、そのスピードは驚異的である。民間企業から校長、そして教育長になられた方が起こすその改革を間近でみてみたい。我が県も変えなければならないことがたくさんあると思うのだが…。

  • 旧態依然とした教育が今なお行われている。ITの進化によって、世の中が大きなパラダイムシフトが起こっているのにも関わらず。日本の学校制度は150年前の学制から大きく変化はない。資本主義、民事主義社会において変化はつきものであるから、それに合わせた教育が当然必要である。私も教育者の端くれとして、この本を参考に、少しでも未来の日本に貢献できれば良いと考えている。

  • 広島県の教育長、平川さんのこの四年間の仕事をまとめた本が出ました。
    学校図書館だけでなく、ものすごくたくさんのことを、でも理念は一本でやってきたのがわかります。
    学校図書館は、確かに大事なポイントだけど、学校図書館だけがすべてじゃない。
    図書館やってると、どうしても図書館を中心に置きたくなる、考えてしまうけどそうじゃない。
    目的はもっと大きなところにあるんだよ、それを踏まえて日々の仕事があるんだよ、ということがわかるので、学校図書館員は必読です。

    2022/03/16 更新

  • 実際はどうかわからないが、どんどん変えてくれる教育長が羨ましい。教育は今が変わる時だと思う。上っ面だけでなく、その哲学も含めて、今の時代に合った形に、全国的に改革を進めてほしい。

  • トイレ新聞による自己開示、内申のほぼ廃止、市教委のオランダ視察、公立イエナプラン校(国際バカロレア認定校)の実現、図書館のアップデート、SSRの設置など…広島の平川教育庁の「行動力」に圧倒された。

    どのアクションにおいても、1人でなく民間や周りの先生方と共に進めるという点が素敵だと感じた。教育を変えるには、1人の力ではできることは限られており、複数で、チームで変えていく必要がある。教育長がそのチームの舵取りをしっかりしている分、周りも動きやすいのかなと思う。

    また本書に何度も出てくる「本質的な問い」は、子どものみならず、教師やそれ以外の大人も大切にすべき視点である。なぜ授業が上手くなりたいのか、なぜ教師をしているのか、なぜ生きているのか…教師なら哲学を持て!という言葉もあるが、まさにその通りだと思う。自分の芯を持ってこそ、仕事も人生も豊かになる。平川教育長も、きっと自身の芯をしっかり持っておられるのだと感じる。

    たくさん刺激を受けた。教育、頑張る。

  • 一人一人が生涯にわたって主体的に学び続け、多様な人々と協働して新たな価値を創造する人づくりの実現

  • 読みやすい広島の教育改革。
    教育長が変わると、教育は変わるのだろう。かなり刺激的な改革。しかし、誰もができるものではない。

  • 広島県の公教育を変えた(変えている)と言われている平川さんを取材したノンフィクション。学校の基本である「子どもがいろいろなことを面白がる場」を作るという基本の基本に忠実に、できることは全部やるという強い意志で取り組んでいる(むしろ、強い意志がないとできないほど危機的な状況なのか)。子供達が押し寄せる図書館、生徒たちが小学生のように手を挙げて発言したがる商業高校・工業高校、国際バカロレア認定校などなど。県知事のバックアップ、ご自身の情熱と行動、民間企業や専門家のこれでもかというまでの活用など、確かに、やろうと思えばできることだらけである。これを行なっていない怠惰の犠牲者は子どもたちなわけで、ということは全ての大人に責任があるわけで、みんなに読んでほしいです。

  • まだ読み始めたばかり。70ページほどですが、既に付箋とマーカーだらけ。「お願いです。教育委員会さん、先生方読んでください」と言いたい本。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

上阪 徹(うえさか・とおる) ブックライター
1966年兵庫県生まれ。89年早稲田大学商学部卒。ワールド、リクルート・グループなどを経て、94年よりフリーランスとして独立。経営、金融、ベンチャー、就職などをテーマに雑誌や書籍、ウェブメディアなどで幅広く執筆やインタビューを手がける。これまでの取材人数は3000人超。担当した書籍は100冊超。携わった書籍の累計売上は200万部を超える。著書に『書いて生きていく プロ文章論』(ミシマ社)、『10倍速く書ける 超スピード文章術』 (ダイヤモンド社)、『JALの心づかい』(河出書房新社)、『1分で心が震える プロの言葉100』(東洋経済新報社)、『子どもが面白がる学校を創る』(日経BP)など多数。またインタビュー集に、累計40万部を突破した『プロ論。』シリーズ(徳間書店)などがある。

「2022年 『成功者3000人の言葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上阪徹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンドリュー・ス...
アンデシュ・ハン...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×