メカトロニクスのモーター技術

  • 技術評論社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (576ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784297112950

作品紹介・あらすじ

本当に必要なモーターの専門知識を的確に提供することを目的とした、今までにないモーターの技術専門書である。

現代は、高度な進化を遂げたメカトロニクス社会。
メカトロニクスを駆使する上で必須知識の一つが、モーターである。
ほとんどのメカトロニクス制御はモーター技術で行われている、といっても過言ではないだろう。

高度成長期の時代、技術者は大学を卒業してそのまま実務に就くこともありえた。
しかし、現代の高度工業社会では、工学部のカリキュラムだけでモーターを理解するのは難しい。
その一方で、メカトロニクス製品開発競争は世界的に激化。
モーター知識をそなえた人材のフォローアップは待ったなしの状況である。
そうしたニーズに応えるべく誕生したのが、本書『メカトロニクスのモーター技術』。

メカトロニクスの最前線で50年以上活躍を続ける著者が、「モーター技術において本当に必要な知識とな何なのか?」を見つめ直し、内容を徹底吟味。
「豊富でわかりやすいイラスト」と「懇切丁寧な説明」で、読者の理解が進むように最大限の創意工夫をほどこした。
さらに、従来の技術書で語られなかった知識も盛り込んでいるので、モーター知識をより深化させる一助にもなるだろう。

one and onlyのモータ教科書として、一度手にとっていただければ幸甚である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 請求記号 542.13/Ke 44

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

◆見城 尚志(ケンジョウ タカシ)1940 静岡市に生まれる1964 東北大学工学部修士課程(電子工学)修了、TEAC に入社1965 職業訓練大学校専任講師1971 モータの一般理論で工学博士(東北大学)、1981 職業訓練大学校教授1981-1990 (日本能率協会)小形モータ技術シンポジウム企画委員長2005 日本電産株式会社 モーター基礎研究所 所長2006 同名誉所長を経てTechnical Adviserとして現在に至る。主な著書 Stepping Motors and their Microprocessor Controls, Oxford University Press,1984(共著)Permanent-magnet and Brushless DC motors, 同, 1985Electric Motors and their Controls,同,1991

「2020年 『メカトロニクスのモーター技術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

見城尚志の作品

メカトロニクスのモーター技術を本棚に登録しているひと

ツイートする
×