AI・データ分析プロジェクトのすべて[ビジネス力×技術力=価値創出]

  • 技術評論社
3.50
  • (2)
  • (5)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 102
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784297117580

作品紹介・あらすじ

データサイエンティストと呼ばれる職種が登場して、いまや10年以上が経過しようとしています。ビッグデータやディープラーニングなど技術的な流行も後押しして、AI・データ分析プロジェクトに取り組む企業も増えました。また、データサイエンス、データエンジニアリングに関する技術情報は次第に増え、データ分析コンペティションの盛り上がりもあって技術的な知識を持つ方が増えているのは事実です。ところが、実際にAI・データ分析プロジェクトに取り組んでみると、そううまくはいかないようです。プロジェクトを進めるには技術知識だけでなく「ビジネス力」が必要なのです。
そこで、本書はこれまでメインテーマとして語られることのなかった「ビジネス力」に焦点をあてて、データ分析プロジェクトを一通り解説していきます。プロジェクトの入口として「組織の立ち上げ方」から「案件獲得」にふれ、続く実際のデータ分析プロセスにおいては、課題とゴールを明確にして、分析結果は出して終わりではなく共有、評価のサイクルが必要であることを解説します。最後に出口となる「収益化」に関する情報をまとめます。
先を行くデータ分析者達は、これまでさまざまな罠にかかり、見えない落とし穴にはまっても奮闘してノウハウを蓄積してきたのがこの10年です。これからAI・データ分析プロジェクトに取り組む方/関わる方へ向けて、先人たちのノウハウをまとめたのが本書です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • データ分析を通じた課題解決のプロセスを、順を追って幅広い観点からまとめている。
    分析手法などの技術的な話ではなく、プロジェクトをうまくマネジメントするには、という視点で語られている。

    データ分析を通じた意思決定支援をやっている身として、どれも頷くものばかりだった。
    とくに、経営層や発注者とのコミュニケーションについては、私自身苦労が多い部分でもあるため、非常に勉強になった。

    技術的な話をメインに据える書籍はこれまで数多くあったが、本書籍のような、プロセス全体が俯瞰的に、かつ、簡潔にまとまっている本は無かったと思う。

    初学者にとっては教科書的な意味合いで、経験者にとっては知識経験の整理という意味合いで、重宝したいものである。

  • 内容としてはこれからデータ分析したい人向けにはぴったりで基本的な話から実務的な話まで順に書かれておりとても参考になると思います。

    既にデータ分析経験がある人でも体系的に要点がまとめられているので一度読んでみると頭の中が整理されて良いなと思います。

  • AI関連の本は技術面の本が多い中、この本はプロジェクトをうまく進める方法について説明している。課題設計からゴールまでのアプローチ、人員計画など、AIプロジェクトに特化した説明があり失敗のケースも紹介されているところが参考になる。

  • AIプロジェクトについて、0から10まで学べる本。

    人材の集め方、組織の立ち上げ方からベンダーの選び方から、環境の構築やノウハウの貯め方等のプロジェクトの出口まで紹介している。

    プレイヤーではなく、マネージャー向きの本。
    具体的なデータ分析の手法は載っていない。

  • AIの最初から最後まで書かれている。特にAIプロジェクトの出口が書かれているのが一番の収穫。

  • ”すべて”ではあろうが、あまりに浅いというか。目次だけ読んで、気になるテーマは、別の本を読んで深めた方が良いかも。つまりシラバスとして最適。

  • 「すべて」と題している本がすべてでないことが多いが本書は網羅している。
    ただこれを初心者が読んでも網羅すぎて響かないのでは?ある程度どろんこになって取り組んだ人の頭の整理にいいですよね。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

【監修・執筆】大城 信晃(おおしろ のぶあき)NOB DATA株式会社 代表取締役社長ヤフーやLINE Fukuoka等でのデータサイエンティストとしての経験を経て、福岡にて2018年9月にNOB DATA株式会社を起業。

「2020年 『AI・データ分析プロジェクトのすべて[ビジネス力×技術力=価値創出]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大城信晃の作品

AI・データ分析プロジェクトのすべて[ビジネス力×技術力=価値創出]を本棚に登録しているひと

ツイートする
×