syunkonカフェごはん 7 この材料とこの手間で「うそやん」というほどおいしいレシピ (e-MOOK)

著者 :
  • 宝島社
3.92
  • (8)
  • (10)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 270
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784299004383

作品紹介・あらすじ

日本で一番売れている料理レシピ本、山本ゆりさんの最新刊! 記念すべきシリーズ10冊目にあたる今回は、人気の電子レンジレシピはもちろん、3年分のレシピの中からTVやTwitterで大反響を集めた絶品レシピを集めた「人気BEST30」、めんどくさくない献立特集、圧倒的簡単の「だけ」レシピなど、大充実。

●3月21日放映「世界一受けたい授業」で話題! 「バスク風チーズケーキ」「春巻きの皮パケット」が載ってます!
●1月11日放映「サタデープラス」で話題! 「サクサクとろーりもちチーズ」「世界一簡単なマカロニグラタン」が載ってます!

山本ゆりさん自ら「最高傑作!」と言う自信の一冊。さらに、10冊分のレシピが食材から一発で検索できる、特製インデックスが別冊付録でついています!

Part1 ブログ&twitterで大反響! 人気おかずBEST30!

Part2 素材別 もっと! めんどくさくない献立

Part3 バタバタの日の“だけ”レシピ  

Part4 もっともっと! レンジで絶品レシピ ~ときどき+トースター~

Part5 1品でOK! 満足ご飯&お手軽めん類

Part6 おつかれの日に あっさりヘルシーレシピ

Part7 毎日使える 副菜&おつまみ

Part8 この手間でこの味! 自慢のお菓子&おやつ

コラム・食パンアレンジ特集、ハッシュドシリーズ、含み笑いコラム、質問コーナー、無責任レシピ、汁もの大百科…etc.
 
<別冊付録>10冊分のレシピが食材からひける! 特製インデックスBOOK

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 料理はあまりしないがこのレシピ本は全部購入してきた。レシピに差し込んだ一言メモがくすっと笑えて楽しい。今回は最後に今まで出たレシピ本の総合indexが載っているので、これ食べたいけどどの本のだったっけ…と悩む人にオススメ

  • 美味しくてかんたんで作りたいものがたくさん載ってる。本当に手元に置いておきたい、頻頻に日常生活で手に取るレシピ本。そういうレシピ本て案外めったにないが、これはそういうレシピ本。(他のレシピ本は数個作って、あとは作る気にならなくて、売ってしまうこともしばしば)。

    あと、この方すごい、尊敬する。

    テレビに出ている料理研究家といえば、なんとなく、上から目線で、一般ピーポーの日常の料理を助けるという建前の裏には、ねえねえ手間ひまかけて美味しい料理してる私って素敵でしょ、という自己表現欲が見え隠れしがち。という大変失礼な印象があります。みんながみんなそうではなく素晴らしい人達がたくさんいるのもわかります。

    でも、現実の世の中をよく見渡せば。ほとんどの人間が仕事に家事に育児に忙しく時間に追われてる。料理しなきゃ、食べさせなきゃ、と思いながら苦手な料理をなんとかこなしてる。
    そんなたくさんのママを理解し応援し、真に寄り添ってくれる、本当のやさしさ、思いやりを持つ稀有な料理研究家ではないかと思う。

    ちなみに嚥下に問題のある高齢の父の介護や料理に苦戦する母の助けにもなるレシピがいくつもあります。本当に感謝。

    また、読み物としても最高。この人の笑いのセンス大好きで、爆笑させてもらってます。含み笑いという言葉も大好きです。

    最新のこの本とあと1冊買って、あとは図書館で借りて読みました。

  •  料理本なので、それを使って料理をするのが当たり前だと思うのですが、それよりも作者の小話が面白くて料理を作らないでそちらを読んでしまう(笑)

     簡単な料理が多く載っているので、誰がやっても失敗することが少ないと思います。

  • 簡単で美味しかった。

  • この方のレシピは実際にブログ読者が調理検証済みなのがいい。倍量の場合のメモ書きもとても役に立つ。ノリ突っ込みのコメントも面白い。

  • コロナの影響で夫がテレワークになる→GW(大型連休)突入、でご飯を作る回数が増え、料理に対するモチベーションが低下しているところにこの本が届き(予約していました)、「ありがとう!これを見てもう少し頑張るよ!」という気持ちになれました。
    ゆりさんが提案する料理は味がしっかりしているので、夫ウケが良いです。もちろん私も大好き。

    「美味しそう」だけでなく、「面白そう(これ、どんな味になるのかな・・・?)」というレシピも多く、初めて作る時はワクワクしますね。これから色々作るぞー!

    余談。
    私は含み笑いcolumnが面白くて大好きなんですが、今回の「ラブソングレシピ」がツボすぎて、作り方が全然頭に入ってきませんでした(笑)。
    最後にラップ調になる流れ、この本で一番笑ったわ。

  • Twitterでよく流れてくる山本ゆりさん。
    レンジ本がとても使い勝手良かったので最新刊購入。

    レシピ本で累計650万部、最新刊も初版27万部+発売前重版18000部(確か)という化け物的な数字は凄すぎる…!!!

    人気な理由もよくわかる。
    この本読んでて面白いもん。
    ただのレシピ本じゃなくて、さすが「料理コラムニスト」。

    レシピが簡単なのはもちろんだけど、わけわかんない調味料使わないし、奇をてらうメニューというより、結局いちばん好まれるような身近で気取らない感じがウケてるんだろうな。私はこの本のおかげで肴の小鉢をずらっと並べて居酒屋ごっこをして自粛生活乗り切っています…。楽しい。全然料理が苦にならない〜

    10年めの集大成、とあるように
    簡単献立も冷凍も作り置きもレンジもお菓子も!
    っていう欲張り構成。
    情報量はこれでもかっ!ってほど詰まってるのに、
    (例えるならティーン誌と女性誌の違い。写真と文字がみっちみち)めちゃくちゃ使いやすいんだよね。
    この見やすさ使いやすさって何だろ。内容だけじゃなくて見せ方の細かいところにかなりこだわってる。編集さんとライターさんも凄い!

  • 今回も付箋はりまくりでした。冷凍庫チェックして冷凍してるやつを活用したい。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

料理コラムニスト。1986年大阪生まれ&在住。結婚前は広告代理店の営業、現在は3児の母。著書「syunkonカフェごはん」シリーズ(宝島社刊)は10冊累計で670万部を超えるベストセラーに。Twitterのフォロワー数は100万人、Instagramは89万人を超える。
「syunkonカフェ どこにでもある素材で 誰でもできる料理を1冊にまとめた「作る気になる」本」、エッセイ本「syunkonカフェ雑記 クリームシチュウはご飯に合うか否かなど」「syunkon日記 スターバックスで普通のコーヒーを頼む人を尊敬する件」(ともに扶桑社刊)も発売中。どこにでもある材料でできるレシピと日常の話をつづったブログを気まぐれ更新中。

ブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」
http://ameblo.jp/syunkon/
Instagram:@yamamoto0507
Twitter:@syunkon0507

「2021年 『syunkon日記 おしゃべりな人見知り』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本ゆりの作品

syunkonカフェごはん 7 この材料とこの手間で「うそやん」というほどおいしいレシピ (e-MOOK)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×