8割捨てて、すっきり暮らす (TJMOOK)

著者 :
  • 宝島社
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784299010940

作品紹介・あらすじ

コロナで在宅時間が増え、住環境向上のためスッキリ暮らすことに関心が高まっています。そこで、スッキリ暮らすファーストステップである“捨てる”テクニックを誌上大公開! ルールや考え方など、このムックを読めば「私でも捨てられる!」と思うこと間違いなし。さらに実際に、昔は“捨てられなかった”が、今は“捨てて”スッキリ暮らしている人の実践例、どうしても捨てられない人のお悩み相談なども掲載します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • とてもコスパのよい本。写真が多く、ポイントも理由づけも具体的な行動指針もはっきりしていて、どんどん物を捨てたくなる。毎回15分で27個物を捨てるのと、家の中に物を増やさないのは、ぜひ継続したい。

  • こちらの方向は自分には難しいな

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1959年、愛知県生まれ。1996年の3月半ばよりカナダへ。半年で帰国するはずが、気に入って20年以上暮らし続ける。30代直前くらいまでは、付録やおまけが捨てられない、どちらかというと物に執着するタイプだったが、あるとき、ためこんだ物にうんざりして、シンプルライフを志向する。「買わない暮らしこそが、最強の節約になる」と気付き、実践している。
2015年にブログ「筆子ジャーナル」を開始。日々の暮らしや、海外ミニマリストの考え方を紹介したところ、人気となる。
よくブログの読者から 「買い物をやめる方法を知りたい」「買いすぎないようにしたい」という悩みが寄せられる。本書は、そんな悩みに答えるべく、執筆された。
著書に、『1週間で8割捨てる技術』『それって、必要?』(いずれもKADOKAWA)、『書いて、捨てる!』(小社)がある。
ブログ「筆子ジャーナル」
https://minimalist-fudeko.com

「2021年 『買わない暮らし。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

筆子の作品

ツイートする
×