倒産続きの彼女

著者 :
  • 宝島社
3.62
  • (130)
  • (453)
  • (394)
  • (52)
  • (9)
本棚登録 : 4112
感想 : 372
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784299021243

作品紹介・あらすじ

『このミステリーがすごい!』大賞 大賞受賞作&シリーズ累計48万部突破、『元彼の遺言状』続編!

彼女が転職するたび、その企業は必ず倒産する――
婚活に励むぶりっ子弁護士・美馬玉子と、高飛車な弁護士・剣持麗子がタッグを組み、謎の連続殺「法人」事件に挑む!

(あらすじ)
山田川村・津々井法律事務所に勤める美馬玉子。事務所の一年先輩である剣持麗子に苦手意識をもちながらも、
ボス弁護士・津々井の差配で麗子とコンビを組むことになってしまう。
二人は、「会社を倒産に導く女」と内部通報されたゴーラム商会経理部・近藤まりあの身辺調査を行なうことになった。
ブランド品に身を包み、身の丈にあわない生活をSNSに投稿している近藤は、会社の金を横領しているのではないか? しかしその手口とは?
ところが調査を進める中、ゴーラム商会のリストラ勧告で使われてきた「首切り部屋」で、本当に死体を発見することになった彼女たちは、予想外の事件に巻き込まれて……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「元彼の遺言状」の続編。麗子の後輩の美馬弁護士が主役となっている。
    もちろん麗子もいつもの調子で登場する。

    只野愛子の無念さを思うと苦しくなる。
    美馬弁護士の壮絶な過去も想像するだに辛い。
    そんな中、麗子の優しさが暖かく心を溶かしてくれるような話でした。

  • ◇◆━━━━━━━━━━━━
    1.あらすじ 
    ━━━━━━━━━━━━◆
    物語は主人公の美馬玉子の視点、考え、言葉で進められていきます。
    勝手に剣持麗子が主人公なのかと思っていましたが、剣持麗子は、ちょこちょこっと、登場してくるだけでした。それでも、麗子の存在感が強く、玉子の嫉妬心もあり、ちょこっとのはずなのに、「主役?」と勘違いさせられそうになります。


    ◇◆━━━━━━━━━━━━
    2.感想
    ━━━━━━━━━━━━◆
    面白かったです。

    人が死ぬ展開になっていくので、その辺の急展開に驚きながらも、サクッと読むことができました。

    玉子のキャラもよかったです。
    特徴の薄いキャラのようで、辛い人生を歩んでいる人でした。いろんな経験をしていると、いざという時の一歩が前に出るかもな…と、玉子というキャラに引き込まれていく部分がありました。

    登場人物がイメージしやすく、特徴的な人柄多いです。玉子がさりげなく観察しているところで、しっかりと人物像をイメージさせてくれているのかな。麗子、玉子ときて、次は美法が主役のお話もありそうでした。

    テレビでは、麗子役は綾瀬はるかさんですが、前作読んだ時から、菜々緒さんのイメージしかなく、今作もそのイメージのまま読み進みました。

    面白かったですが、事件の理由とか、いろいろなことが、なんとなく、ハマっていく感じがなく、そんな理由で⭐︎3です。この辺が、想像力とか、理解力なんですかね。もっと、本の世界を楽しめるようになりたいです。

    「どの違いを重視するかによって、同じグループにくくったり、区別したりしているんです」
    グループという視点も面白いですね。最後には、玉子も麗子グループに入ったのかな…

    筆者の新川帆立さんは若い方なんですね。
    ウィキペディアみたら、すごい歩みだなと…
    本と関係ないところでも、感銘を受けました。


    ◇◆━━━━━━━━━━━━
    3.主な登場人物 
    ━━━━━━━━━━━━◆
    美馬玉子 弁護士 28歳
    美法 みのり 弁護士

    シマばあちゃん
    赤坂宗男 ムネちゃん

    近藤まりあ 31歳

    (ゴーラム商会)
    只野愛子 総務課長

    (マルチ木材)
    幸元社長
    幸元耕太 息子

    只野理江 愛子姉

    (コーポレートチーム)
    剣持麗子 玉子の1年先輩
    津々井

    (倒産チーム)
    川村
    哀田 川村に顎で使われている

  • 超天才・新川帆立さんの新作。
    このミス大賞受賞の「元彼の遺言状」の続編。
    主人公は「元彼」の剣持麗子ではなく、同じ事務所で働く後輩弁護士・美馬玉子。ぶっ飛んだ性格の剣持と正反対で、「ぶりっ子」ではあるが、それほど個性は強くない。むしろ、とてもいいこで…がんばってほしい、と応援したくなる。

    ストーリーも前作に比べると地味…な気がした。

    だって「彼女が転職するたび、企業は必ず倒産するー連続殺人事件ならぬ連続殺『法人』事件」って…
    惹句に「うまいな…」とは思うけど、そんなに惹きつけられない…

    それでも、一気にラストまで引っ張られる展開。
    ハラハラドキドキ楽しく読める。

    新川帆立さんのロング・インタビュー

    https://www.webdoku.jp/rensai/sakka/michi235_shinkawa/

    • mayutochibu9さん
      いつもお世話になっております。拙い文章力ですが、今後とも宜しくお願い致します。
      ところで「元彼の遺言状」はどう感じましたか?
      いつもお世話になっております。拙い文章力ですが、今後とも宜しくお願い致します。
      ところで「元彼の遺言状」はどう感じましたか?
      2021/11/03
    • たけさん
      コメントありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。

      「元彼の遺言状」はタッチが軽快で読みやすかったですね。でもあまり正直覚えて...
      コメントありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。

      「元彼の遺言状」はタッチが軽快で読みやすかったですね。でもあまり正直覚えていない(笑)
      mayutochibu9さんのおっしゃるとおり、動機の説得力が弱かったかもしれないですね。
      2021/11/04
    • mayutochibu9さん
      「倒産続きの彼女」なるほど。
      日本の法曹界も、裁判員裁判制度を導入しても、思い切った舵を切る方がいませんからね。 政界や経済界にボールを投...
      「倒産続きの彼女」なるほど。
      日本の法曹界も、裁判員裁判制度を導入しても、思い切った舵を切る方がいませんからね。 政界や経済界にボールを投げる勇気がないですね。
      弁護士の仕事も、サラ金や詐欺の取り立てがメインじゃやる気もでないのでは?

      たけさん、こちらこそよろしくお願いします。
      ではまた読書に励みます。
      拙い文章とコメントを書きます。



      2021/11/09
  • 残念ながら1作目(元彼の遺言状)よりも2作目の方が早く図書館から借りられた!なぜ?主人公で法律事務所に勤める美馬。事務所の一年先輩である剣持麗子を苦手に思いながら、サバサバした性格に好感度を持っている。2人はある女性(近藤まりあ)の身辺調査を行う。まりあが過去渡り歩いてきた会社が倒産していることを突き止める。そしてまりあの先輩が死亡、さらに美馬の先輩弁護士が傷害される。途中で犯人は分かっちゃった、が、真相からどこにでも悪い輩がいるね。人物の心情描写だけではなく、ファッション描写が新川作品の特長なのかな?④

  • 新川帆立、元彼の遺言状の続編。
    今回も高飛車女の剣持麗子が登場する。主人公は美馬玉子といい、同じ事務所
    の一年後輩で性格は真逆。麗子のことが苦手で、そのくせ麗子の欠点を見つけることを楽しみにしている。


    「会社を倒産に導く人間がいる」
    そんな内部告発があり、玉子は麗子と
    その案件を担当することになった。
    苦手な麗子と組むなんて・・・でも上司の
    命令となると、仕方ない。
    関係者に話を聞きに、会社を訪問していた。そこで何と・・・・発見したのは・・


    中盤までは、複雑でなかなか進まず、
    苛ついた場面もあった。でも、途中からパズルが解けていくようだった。
    “トカゲのしっぽ切り”嫌な言葉だが、
    この話には切られる尻尾があり、負傷者もでる。

    玉子はおばあちゃんと二人暮らし。
    でも、入院してしまう。仕事から帰って来た時に、灯りのついてないことを感じ
    初めて今までの有り難さを思う。


    この本は★3つと思っていたが、読み終えた今、玉子の頑張りとおばあちゃんの好きな干し柿を思うと、★4つにしたいと思ってしまう。


    2021、12、26 読了

    • ポプラ並木さん
      アールグレイさん、
      了解です!!
      楽しみにこのシリーズ読み続けますね(^^♪
      アールグレイさん、
      了解です!!
      楽しみにこのシリーズ読み続けますね(^^♪
      2022/12/22
    • アールグレイさん
      こんにちはポプラさん

      あとで気がついたのですが、主人公は何人かいますよ
      (^_-)-☆
      こんにちはポプラさん

      あとで気がついたのですが、主人公は何人かいますよ
      (^_-)-☆
      2022/12/22
    • ポプラ並木さん
      OK(^_-)-☆
      OK(^_-)-☆
      2022/12/22
  • 会社の通報窓口で顧問弁護士や案件に応じて多くの弁護士と関わってきたので、懐かしく読ませて貰った。
    前作では飛んだような剣持弁護士だったが、こちらでは一転してぶりっ子弁護士。常に周りの人に被害妄想気味で呆れてしまうが、徐々に背景が分かって来ると頑張っているので応援したくなる。
    対象の彼女が転職するたびに、その会社が潰れてしまうという不可解な展開。殺人事件などが何件も出て来るし、関係する弁護士も刺されて行く。
    最後に意外な黒幕が現れるが、それが謎の組織絡みとは飛躍しすぎな気もする。ドタバタな感じはあるが、ストーリーが面白いのであっという間に読み終わってしまった。

  • 新しいキャラクター玉子が剣持とのコンビがとてもよく読みやすかった。
    倒産させる動機が姉の正社員と非正規社員による自殺というのが今の時勢を捉えていてこういう動機もあるんだなぁと思った。
    虎がどんな組織なのかも気になり続編に期待です!

  • 2024/01/08読了
    #新川帆立作品

    剣持麗子シリーズ。
    出来過ぎる麗子を疎む後輩の登場。
    会社を倒産に導く女を調査中に起きる
    殺人事件の謎を解く。
    テンポが良く一気読みできる。面白い。

  •  物語は、弁護士剣持麗子の一年後輩の婚活に励むぶりっ子弁護士美馬玉子が主人公であり語り部となっている。

     ある日、合コンを終えて丸の内の勤務先山田川村・津々井法律事務所に帰ってきた。時刻は午後十一時を回っていたが、やるべき仕事は沢山あったのだ。勤務先の執務室に近づくと、剣持先生が仁王立ちしている。私は剣持先生が苦手だ。

     玉子は二人暮らし、シマばあちゃんと同居で年齢は八十歳を超えている。毎年恒例の干し柿を作って食べさせている。何とばあちゃんは、結婚宣言をした。私があくせく働いている間に、イケメン爺さん(ムネちゃん)とデートを重ねプロポーズと指輪をもらったそうだ。仏壇には、父と母が二十年前の姿のまま微笑んでいる。

     翌日午後三時会議室に召集され、津々井先生が入ってきた。クライアントの「ゴーラム商会が倒産しそうです」との情報を耳にした。

     有名なアパレル企業で、海外の新興ブランドを日本に持ち込んで独占販売をする会社として創業し、三、四十年は経っている。しかし、独占販売契約が終了したという。明らかに契約条項の見落しか怠慢で、経営悪化に陥り資金繰りに困窮する。同社は事業部門の売却を試みるが、新たな問題が噴出した。

     会社には内部通報窓口があり、密告により不正行為者の情報が出たのだ。しかし情報源が不明確、そして不正行為を犯す者の仕業であるが動機が分からない。津々井先生はチームを作り情報として挙げられた調査に乗り出す。これからという時に、ばあちゃんが倒れ入院した。玉子の心の中で糸が切れそうだったが、事件は最悪の展開になり絶体絶命の窮地に立たされた。

     お決まりのパターンだがおもしろい。
     読書は楽しい。元気が出る物語でした。

     うっかり書き忘れるところでした。
     ある休日出勤の昼食時、玉子が剣持先生の執務室に入ると手作り弁当を食べていた。玉子は「えっ、剣持先生が作ったの?」と聞いたら、黙ったまま食事を続けている。まさかと思いきや隣にいた同僚弁護士は、彼氏さんが作った弁当だと教えてくれた。ティファニーの指輪より信夫の弁当を選んだのか?

     実におもしろい。

  • 祖母のため、自分の生活のため、大手法律事務所で弁護士として働く、美馬玉子。
    苦手な同僚の剣持麗子と組んで、仕事をすることになり……。

    『元カレの遺言状』の続編。

    転職するたびに、その会社が倒産していく。
    経理部の女性は、何か関わっているのか?

    倒産にまつわる法律的な話と、死亡や傷害事件。
    ふたつの軸で進む。

    全体的にライトな印象。

    美馬玉子が主人公で、その過去や葛藤を軸にした物語。
    切れ味鋭い剣持麗子とは、雰囲気が違った。

全372件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一九九一年生まれ。アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身、宮崎県宮崎市育ち。東京大学法学部卒業後、弁護士として勤務。第十九回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、二〇二一年に『元彼の遺言状』でデビュー。他の著書に『剣持麗子のワンナイト推理』『競争の番人』『先祖探偵』『令和その他のレイワにおける健全な反逆に関する架空六法』などがある。

「2023年 『帆立の詫び状 てんやわんや編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新川帆立の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×