がんになった緩和ケア医が語る「残り2年」の生き方、考え方 (宝島SUGOI文庫)

著者 :
  • 宝島社
4.67
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 71
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784299025180

作品紹介・あらすじ

NHKでも紹介! 人はなぜ生きるのか――。
緩和ケア医として多くの終末期患者たちを看取ってきた40代の医師に下された「末期がん」の宣告。患者たちと立場をともにしたとき、医師は初めて命の何たるかを理解した。余命を意識しながら仕事と向き合い続ける医師が語った、「運命」の受容と抵抗のノンフィクション、待望の文庫化!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • #残り2年の生き方考え方
    #関本剛
    #読了

    ネットニュースで関本さんのことを知りました。図書館で借りて1日で読了。自分らしく生きるってどういうことなのかな。何を大切に生きようかな。そしてそういう話を身近な人と話しておきたいなと思いました。素敵な本をありがとうございます。

  • 2人に1人ががんになる時代。いつ自分もがんになるかわかりません。緩和ケアに携わっておられる医師が肺がんに罹ってしまい、患者サイドの視点からがんとご自分の人生、ご家族を俯瞰しておられます。大変参考になりました。

全2件中 1 - 2件を表示

関本剛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊吹 有喜
凪良 ゆう
アンデシュ・ハン...
宇佐見りん
朝井 リョウ
町田 そのこ
スペンサー ジョ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×