木幡の時雨・風につれなき (中世王朝物語全集)

制作 : 大槻 修  森下 純昭  田淵 福子 
  • 笠間書院
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784305400864

作品紹介・あらすじ

木幡の時雨(こはたのしぐれ)

大槻修 田淵福子[校訂・訳注]

実母にうとまれる中の君は、時雨降る木幡の里で
関白の子・中納言と出逢うが、
母は奸計を案じて、妹・三の君に婿取りさせる。
失意の中の君は式部卿宮と契り、双子の男子を出産、
三の君も中納言の双子の女子を産む。
やがて中納言と結ばれた中の君は、三の君を
東宮(式部卿宮)妃とし、双子同士も結ばれる。
時雨を機縁に、悲恋から幸福への道を辿る女性の物語。

風につれなき(かぜにつれなき)森下純昭[校訂・訳注]

関白左大臣家の姉姫君は、入内し
右大臣家の女御に先んじて男皇子を産み、死去する。
姉から後事を託された妹姫君は、
出家した父の訓戒を守って、
帝や義兄の権中納言からの求愛に応えず
遺児の若宮を養育して、やがて女院となる。
風雅和歌集に四十五首が採録された、
当時の代表的長編と目される本作品現存部分の初の注釈書。

木幡の時雨・風につれなき (中世王朝物語全集)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする