幻想の平安文学

著者 :
  • 笠間書院
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
感想 : 0
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (513ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784305708557

作品紹介・あらすじ

物語が抱える「幻想」とどのように向きあうか。
作者名が明記される漢詩文や歌と異なり、物語は、作者とは別に設定された「語り手」が語ることが建前の、現実とは切り離された虚構的存在である。「作者」の存在そのものは直接には見えてこない。いわば物語自体が「幻想」を抱えている。また一方、老人を語り手に設定することで叙述そのものが相対化されて幻想は深まり、物語は自在性を獲得した。
物語と作者、老者の語りを主題に、枕草子・源氏物語・寝覚物語を読み解いてきた著者の集大成!

著者プロフィール

1934(昭和9)年、東京に生まれる。1957(昭和32)年、お茶の水女子大学文教育学部文学科卒業。1960(昭和35)年、学習院大学大学院(修士課程)修了。現在、学習院女子大学名誉教授。
主要編著書に『寝覚物語の研究』(笠間書院・1968年)、『日本古典文学全集 枕草子』(小学館・1974年・共著)、『完訳日本の古典 枕草子』全二巻(同・1984年・共著)、『続 寝覚物語の研究』(笠間書院・1990年)、『源氏物語と老い』(同・1995年)、『新編日本古典文学全集 枕草子』(小学館・1997年・共著)、『源氏董草』(笠間書院・1999年・編)、『源氏物語の鑑賞と基礎知識 横笛・鈴虫』(至文堂・2002年・編)、『杜と櫻並木の蔭で一学習院での歳月 高橋新太郎』(笠間書院・2004年・共編)、『源氏物語へ 源氏物語から〔中古文学研究24の証言〕』(笠間書院・2007年・編)、『笠間文庫 原文&現代語訳シリーズ 枕草子[能因本]』(笠間書院・2008年)、『笠間文庫 原文&現代語訳シリーズ 伊勢物語』(笠間書院・2008年)、『日なたと日かげ 永井随想集』(笠間書院・2018年)など。

「2018年 『日なたと日かげ 永井和子随想集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永井和子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×