土左日記を読みなおす: 屈折した表現の理解のために

著者 :
  • 笠間書院
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784305708571

作品紹介・あらすじ

表現に隠された謎に迫る著者渾身の一冊!

きわめて特異な、屈折した表現に満ちた『土左日記』。筆記テキストを徹底的に理解しようとする文献学的アプローチによって、その表現を読み解き、貫之がなぜそのような表現を使ったのか─使わざるをえなかったのかを解明する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  「をとこもすなる日記といふものを をむなもしてみんとてするなり」
     有名な冒頭の出だしだが、「金持ちも食べるキャビアというものを、貧乏人の私も食べてみよう」って言ったら違和感ないかい?と著者は迫る。
     (普通は女が書くんだけど)男「も」書くという日記を女の私「も」、って・・・
     紀貫之ほどの名文家が明らかな文法の誤りを犯すはずがない。であれば、そこには何かしら秘められた意図があったはずだと著者は「てにをは」を含め、丁寧に読み解いていく。
     以後展開されていく著者の深読みが全て的を射ているかどうかは文法オンチのぼくには断定できないけれど、とにもかくにも最後までスリリングに読めた。
     「土佐日記」ではなく正しくは「土左日記」らしい。 

  •  何度も繰り返し読む。この本も、きっとそうなる。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

筑波大学名誉教授

「2018年 『土左日記を読みなおす』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小松英雄の作品

土左日記を読みなおす: 屈折した表現の理解のためにを本棚に登録しているひと

ツイートする