日本現代怪異事典

著者 :
  • 笠間書院
3.82
  • (3)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 175
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (500ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784305708595

作品紹介・あらすじ

戦前のこっくりさんにはじまり、
トイレの花子さん、口裂け女、ベートーベンの怪などの学校の怪談、
そして2000年前後にインターネット上で登場する怪異たちまで、
主に戦後(昭和20・1945年)の日本を舞台に語られた
一千種類以上の現代怪異を紹介する、怪異ファン必携の1冊!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 70年代子どもだった私の懐かしいオカルトネタと2000年以降の主なネットの都市伝説が満載。アレなんだっけ?っていうのがほとんど調べられる。

    ソースなんかもちゃんと書いてくれてて、今後、伝説や伝承とか調べる人たちの役に立つと思う。
    すぐ見られるところに置いておいて、ちょっとしたスキマ時間にパラパラ読んでる。新しい発見もたくさんある。

  • 配置場所:2F手動式書架
    請求記号:388.1||A 89
    資料ID: W0189434

  • 大学図・2F参考  388.1A/A88n  館内利用のみ

  • 日本全国で語られ続ける怪談たちを収集した一冊。著者の熱情と執念に脱帽です。

    一つの怪談に対して割かれたスペースを見るだけで、世間への認知度がわかりますね。「こっくりさん」や「口裂け女」、「トイレの花子さん」のメジャー度ときたら。
    「異界駅」の類が気になるところ。「迷い家」の現代版と思うんだけど、存在感を増しているのかな。
    「不幸の手紙」が今では「不幸のメール」として膾炙し続けている驚き。小学校の時分、初めて聞いたときは恐れ戦いたものでした。クラスの面々は、ほとんど知っていて、新規の人いなくてどうしようと思ったもんです。
    そういえば、最近のメガテンで都市怪談枠の悪魔って、印象がない気がする。ペルソナ1・2の頃は多かったのだけど。悪魔じゃなく、シャドウという形だからかな?デビルサマナーの新作出れば違うのかも。

    なんだか「ぬ~べ~」を読みたくなってきた。つのだじろうが心霊マンガでは第一人者の印象ですが、自分の世代では「ぬ~べ~」ですかね。

    自分史上、最大級の印象を残した最初のものは、「セミを食べた少年」です。中1の時、一大ブームを巻き起こしました。それを教材に、いじめについてHRを行うというところまで。
    前半は、担任の先生がおもしろおかしく朗読し、後半は真面目に教え諭すという。
    ただただ、いじめを題材にしたマンガを否定して拒絶するでなくて、フィクションとして楽しむことと、現実にやってはいけないことを、学ぶ時間。

    なんでもかんでも、悪い影響がある(と思われる)ものを否定するのではない、というスタンスを持つ大人との出会いでしたかね。今思えば。
    そういえば「ウチの子は身の回りの整理整頓ができない」という親の相談を、「自分もそうなんで心配しなくていいですよ」と言ってのけましたね、その先生。
    ちゃんと「ゆるさ」を理解している大人でした。

    「あんたはゆるすぎなんだよ」と小言が飛んできそうな現在ではありますが。

  • 怪談本で紹介された怪異から、2ちゃんねるのスレッドで書かれたものまで、まさに現代怪異の事典。
    しかも一つ一つの項目がふつうにおもしろい(こわい)のだから、なかなかさらりとは読み下せない。
    というわけで、今回はか行の途中でタイムアップ。早くきちんと続きが読みたい…。

  • テケテケやそうはしなはのこ、各々「電車に乗ってたらついた駅」に関して情報が載ってゐる。
     著者のリテラシーも高めである。
     「棒の手紙」について、山本弘先生のウェブサイトに良い情報が載ってゐるが、そんなものも参考情報として出る。
     コトリバコって原典あったんか。
     いいけど魔女カトリーヌはなんんかあの。

  • 買っちゃった!
    驚くほど使える!
    特に索引がすんばらしく便利。
    オシゴトはもちろん、創作活動で都市伝説とか現代怪談とかお使いの方は、必須かと。

  • 戦後から現代まで語られてきた怪異、怪談、都市伝説をまとめた本。
    一個人がまとめたというのだけでも圧倒される。
    紫鏡とか、テケテケとか、昔懐かしの怪談が盛りだくさんで子供の頃を思い出した。
    2ちゃんねるや洒落怖などのネットロアも掲載されている。ネットロアはストーリーがきちんと組まれており、より物語性が強くなっているような印象を受けた。

  • まさか凍える帝国まで参考文献に出てくるとは…

全9件中 1 - 9件を表示

プロフィール

1990年、北海道に生まれる。2014年、法政大学文学部卒業。日本文学専攻。現在公務員として働く傍ら、在野として怪異・妖怪の収集・研究を行う。

「2018年 『日本現代怪異事典』 で使われていた紹介文から引用しています。」

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
エラ・フランシス...
米澤 穂信
塩田 武士
夏目漱石
J・モーティマー...
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

日本現代怪異事典を本棚に登録しているひと

ツイートする