プロレタリア短歌 (コレクション日本歌人選)

著者 :
  • 笠間書院
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (117ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784305709196

作品紹介・あらすじ

プロレタリア短歌
1928 年(昭和3)「短歌戦線」、29 年(昭和4)「短歌前衛」創刊。歌人たちは重労働や貧困などを詠み、資本家や地主、国家への怒りを短歌表現に託した。この年「プロレタリア歌人同盟」結成。しかし、戦争に向かう時代の流れのなかで、その短歌も衰退を余儀なくされる。
ただし、プロレタリア短歌は「現在」につながる問題、たとえばワーキングプア、児童の労働、女性が働きつつ子を育てることの困難などを見逃してはいない。ここから私たちは、未来を拓くための知識や社会の見方を獲得し、何らかの教訓をみつけるだろう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 娘の賃金が一家の暮【くら】しを背負つてる美談だらけだ俺等の村は 
     佐々木妙二
     
     今日は、女児の幸せを願う桃の節句の日。その願いとは対極にあるような、昭和初年代の「村」の短歌である。

     作者は秋田県生まれ、「アララギ」などを経て、昭和初期にプロレタリア歌人同盟に参加したという。

     この歌は、模範的な年少労働者として顕彰された「娘」がモデルのようだが、「美談」が流布することで、この女性は今後も労苦に耐えなければならないのだろう。また、他の家庭でも「美談」が再生産されるという、負の可能性も見すえた歌である。

     賃金労働者が直面する問題を、まさに「問題化」させることがプロレタリア短歌運動の目的の一つであったが、兵役に関しても、次のような歌が作られていた。

      見ろ、誰もがびくびくしながら並んでゐるみんな合格を怖れてゐるんだ
     藤野武郎

     来歴不詳の作者。この「合格」は、徴兵検査に際してのものである。一家の担い手である成人男性の入営は、困窮家庭では「怖れ」るべきものという本音が見える。

     これらの短歌は、笠間書院「コレクション日本歌人選」の最新刊、「プロレタリア短歌」から引用した。著者の松澤俊二は、プロレタリア短歌の定義とともに、それらが「歌わなかったもの」に着目している。自然の美しさ、恋愛、そして、戦争を讃える発想は歌われなかったというのだ。プロレタリア短歌運動自体は短期間で終わったが、その意義は、今こそ確認しておきたい。
    (2019年3月3日掲載)

  • 社会学部 松澤俊二先生 推薦コメント
    『・・・僭越ながら推薦者の本。プロレタリアとは貧しい労働者や農民のこと。昭和初期、その人たちが短歌を詠んでみたらどうなった!?』


    桃山学院大学附属図書館蔵書検索OPACへ↓
    https://indus.andrew.ac.jp/opac/book/624699

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1980 年、群馬県生まれ。名古屋大学大学院博士後期課程を経て、博士(文学)。現在、桃山学院大学社会学部准教授。
著書に『「よむ」ことの近代 和歌・短歌の政治学』(青弓社)。本書と関連する論文に「『プロレタリア歌論集』再読―その短歌の限界と可能性」(「桃山学院大学社会学論集」2016年2月)がある。

「2019年 『プロレタリア短歌』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松澤俊二の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×