ヒルサイドテラス/ウエストの世界

著者 :
  • 鹿島出版会
4.22
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784306044654

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 都市とかを経営的に観るのが都市工学とおもってるんだけど、その視点ではもっとも優良会社なのがこの槇。丹下は建設省、隈が森ビル、槇はなんだろ、たぶん槇だ。ただ、この本を読むと、槇が飛び抜けてすごいんじゃなく、朝倉家っていう大富豪がよく立ちふるまっていい感じにこの土地たちをいい時期にいい面積分手放してくれたなって感じがする。ヒルサイドはプラン的にも希有だけど、ファイナンスとかリーガル的にも希有なのね。とっても参考になった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1928年東京都生まれ。日本を代表する建築家。代表作に、《代官山ヒルサイドテラス》や、ワールドトレードセンター跡地の《4WTC》など。新国立競技場問題では、異議を最初に表明し、議論をリードした。

「2019年 『アナザーユートピア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

槇文彦の作品

ツイートする