槇文彦+槇総合計画事務所2015: 時・姿・空間―場所の構築を目指して

著者 :
  • 鹿島出版会
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784306046269

作品紹介・あらすじ

事務所設立50周年を機とした展覧会のカタログを兼ねた記念本。キーワ―ドによる画期的構成により、その思考を豊富なスケッチ、写真と共に余す所なく伝えている。初期からの槇文彦の設計思想と作品を知る決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シンプルな形状と複雑なコンセプト。
    スパイラルとヒルサイドテラスが私の原点です。

  • 網羅的なモノグラフ。
    私は多くをここから学んだ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1928年東京都生まれ。日本を代表する建築家。代表作に、《代官山ヒルサイドテラス》や、ワールドトレードセンター跡地の《4WTC》など。新国立競技場問題では、異議を最初に表明し、議論をリードした。

「2019年 『アナザーユートピア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

槇文彦の作品

槇文彦+槇総合計画事務所2015: 時・姿・空間―場所の構築を目指してを本棚に登録しているひと

ツイートする