ランドスケープの近代―建築・庭園・都市をつなぐデザイン思考

  • 鹿島出版会
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 72
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784306072817

作品紹介・あらすじ

近代ランドスケープとはいかなるものか。ランドスケープアーキテクトたちが闘い続けてきたテーマを、現代の眼で検証する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 公共空間におけるランドスケープアーキテクトというものは、単に造形をデザインしましょの人達ではなくて、

    経験の可能性の条件をデザインしましょの人達なのだ、と理解した。

    空間の機能性・有用性をデザインする。
    と同時に、そこに差し入れる文脈や場所の固有性(空間の意味=価値)をデザインする。

    そして、それらを生み出す手法(事業スキームや地域住民の関わり方)までデザインする。

    奥深い。
    公園デザインについての系譜学的な考察も、なかなか面白い。

  • 請求記号: 518.8||L
    資料ID: 91113493
    配架場所: 工大選書フェア

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

ランドスケープアーキテクト。京都造形芸術大学環境デザイン学科教授。鳳コンサルタント顧
問。カリフォルニア大学、ハーバード大学客員研究員を経て現職。主な作品に六本木ヒルズ、
さいたま新都心けやき広場など。

「2010年 『テキスト ランドスケープデザインの歴史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐々木葉二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ケヴィン リンチ
中沢 新一
都市デザイン研究...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×