少年アリス

著者 :
  • 河出書房新社
3.68
  • (121)
  • (101)
  • (262)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 891
レビュー : 99
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309005454

作品紹介・あらすじ

夜の学校に現れた迷いの園、中庭の噴水で季節がすれ違う時、秋の使者が運んできた。群青天鵞絨色のメルヘン。第25回文芸賞受賞作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 雰囲気に惹かれる作品。何よりも言葉選びが素敵。小説とは、筋書きや設定だけではなく、視覚的にも聴覚的にも魅了させることのできる芸術なのだと、感じさせられた。

  • 勧められて読んでみた。不思議な世界観。ちょっと現代版宮沢賢治の世界といった感じ。

  • ちょうど、夏と秋がすれ違う季節に読みました。
    幻想的な水彩画の世界にいるような感じ。
    夏の湿気がすーっと引いて、秋の澄んだ夜の空気を感じるような…。
    絡みついた蔦の匂いがするような…。
    五感が蘇ってくるようなお話でした。

  • 再・・・・読。卵のイメージ強くて、イースターの時期の話かと思い違いをしてました。って、何回目の再読で気付くんだよ。何度読んでも美しくて繊細な物語へ誘ってくれます。

  • 現実と夢の狭間に迷い込んだような、不思議でとても幻想的なお話。
    夜の空気感や匂い、静けさが伝わってきます。
    時代や国など細かな説明がなく、話は進んでいきます。
    けれど、そのことで登場人物たちの姿が読者の中で自由に膨らんでいき、その結果読者ひとりひとりの物語になっていくのだと思いました。
    月の出ている夜、窓辺で夜風を感じながら読みたい一冊。幻想的な一夜を過ごしたい日におすすめです。

  • 文章も幻想的で独特で不思議。
    綺麗な世界観。
    雰囲気に酔うのを楽しむ本。

  • 再読。教師の怖さがいい。

  • 読後、次回作が待ち遠しかった記憶がある。

  • 単調ゆえに難しい。。この年でもまだ分からないのか。。。

  • ハードカバーで持っていたのに、手放してしまったことを、十年経って後悔するとは。

全99件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

長野まゆみ(ながの まゆみ)
1959年東京生まれの小説家。女子美術大学卒業。1988年『少年アリス』で文藝賞を受賞。2015年、『冥途あり』で泉鏡花文学賞、野間文芸賞を受賞する。『新世界』『となりの姉妹』『箪笥のなか』『よろづ春夏冬中』『メルカトル』『カルトローレ』『45°』『ささみみささめ』『兄と弟、あるいは書物と燃える石』『フランダースの帽子』『左近の桜』シリーズなど著書多数。

少年アリスのその他の作品

少年アリス (河出文庫) 文庫 少年アリス (河出文庫) 長野まゆみ
少年アリス (河出文庫) Kindle版 少年アリス (河出文庫) 長野まゆみ

長野まゆみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

少年アリスを本棚に登録しているひと

ツイートする