魔女の息子

著者 : 伏見憲明
  • 河出書房新社 (2003年11月22日発売)
3.10
  • (3)
  • (6)
  • (33)
  • (7)
  • (0)
  • 本棚登録 :110
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・本 (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309015910

作品紹介・あらすじ

人間の弱さ、いとおしさを伝える自伝的作品。

魔女の息子の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2018/4/21

  • ゲイの性描写がかなりハード。びっくりした。
    でも心の成長の話。
    人との繋がりへの一歩を踏み出すこと。

    主人公のキャラはあんまり好きじゃない。

  • 40代を目前としたフリーライターでホモの和紀と、父の死後に抑えられていた感情を爆発させるかのように積極的に外出をする高齢の母。

    寂しさを酒と暴力で紛らわしてあっけなく死んでいった父。
    ボーイフレンドのあちらさんの進行する痴呆を見守る母。
    編集者のかおりの未来のない恋愛ごっこ。
    元ソープ嬢で女性実業家の滝ノ川銀子。
    理想的な家族を演じる兄。
    夜な夜なハッテン場に通い詰めて肉体の快楽だけを求め続ける僕。

    ハッテン場に行った時点でエイズに感染する確率は高いだろうに、いざ感染しているかもしれないと恐怖に怯えるとは、矛盾、、、、

    活発な母とあちらさんの老人カップルのおぼつかない旅先での雰囲気とかが想像できてぷぷぷって感じ。
    死別も悲しいけれど、それでも痴呆で徐々に母のことが認識できなくなるあちらさんとの別れが悲しい。
    最後に母が銀子に言ってのける言葉が痛快。)^o^(

  • 中学だか高校かに読んだのは覚えていたので再読。ちなみに前回読んだときは、ゲイのセックス描写がけっこう詳細だったこともあり、「ゲイのセックスが書いてある作品」という記憶しかなかったが、今改めて読んでみると、主人公のゲイ関係だけではなく、主人公の老いた母親、上司の恋愛関係の変化が書かれている作品だった。ゲイのフリーセックスにおける関係の希薄さ。老年の母親の恋人関係、キャリアウーマンと中年男の煮え切らない関係・・。それら関係のいろんな形の終わり。主人公、暗闇の中の顔も分からない相手とのその場その場のゲイ特有な希薄な関係の終わり、老年の母親の彼氏の年齢に抗えない障害による終わり、そして上司の先の見えない恋愛関係とも言えない肉体関係の終わり・・。主人公の今後も読みたいと思えた。

  • ※BL系小説ではありません。

  • り…両腕…。

    ラストの父子和解らへん、ベタというか冗長というか、反戦性愛主義銀子のデモに反対を宣言するあたりも、母が都合いいなあ。

    テーマ勝ち感ぬぐえないかなあ、と思う。「文学」の役割のひとつとは思うが。マイナー性に注目するのも。

  • まさかの小説書き下ろし。しかも、おもしろい!重いけど前向きになれます。

  • 40前のゲイのフリーライター和紀が、老母の恋愛、亡父との確執、ハッテン旅館でのある男との出会いなどを通して、いろんなものに向き合おうとするお話。

    第40回文芸賞受賞作。

    ゲイのライターが主人公であって、ハッテン行為や同性を好きになったり、HIVが身近な問題であったりと、ゲイ独特の世界・生活が描かれている。男性同士の性描写は男性読者の中には不快感をもつかもしれないが、私はすんなり読めた。官能的な文章じゃないから、それに慣れていない人でも大丈夫だと思う。

    これら以外に関しては、性的指向にかかわらず自分自身に置き換えられる物語になっている。

    ジョン・レノンの“イマジン”が露骨すぎるかな。でも、読みやすく面白かった。

  • 老いらくの恋に走る母と、ゲイの息子のお話。




    なんで『魔女の息子』なんてタイトルにしたんだろ・・・。
    名前負けしてる感が否めませんでした。

  • ゲイのフリーライターが主人公。主人公と家族や友人の日常。ゲイというのはそんなに重点的ではなく、むしろ現代の家族や友人の人間関係のあり方みたいなのが印象深かった。主人公のお母さんが健気そうに見えて一番強いのかも…と思った。

全17件中 1 - 10件を表示

魔女の息子のその他の作品

魔女の息子 Kindle版 魔女の息子 伏見憲明

伏見憲明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする