おとなの進路教室。

  • 河出書房新社
3.86
  • (81)
  • (101)
  • (87)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 719
レビュー : 116
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309017471

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ぐだぐだ考えてないで、自分の思うこと、やりたいことをやらなくちゃ。

    今は、まだ学生だけれど、未来でもう一回読みたい本。

  • 実は読了2回目。
    1年以上に読んでいたけど、そのときはとくに何も感じずに読み終わってしまい…いろいろと状況が変わった今、ふと気になって読みはじめたら、腹落ちする言葉ばかりでびっくりしました。

    「自分が実現したいことは何か?」を明確にしていれば、働きかたなどの形態に関わらず、あらゆることは手段になる。
    進路選択の岐路に立たされたとき、自分がやりたいことを深く自分に問いかけることはとても必要なのだと感じます。しんどいし大変ですが、目を背けて先を決めちゃだめだな、と。
    これからも折に触れて読みたい、側においておきたい本です。

  • 仕事、自己実現、選択、アイデンティティ…。生きるってなんだろうか。働くってなんだろうか。迷ったらまた読みたい。


    12.09.13再読
    繰り返し読みたい

  • 作者は読みにくいといっているが、そんなでもなかった。
    (考えが浅いのかもしれないが・・・)

  • 人が進路を決めるときに、大切にした方がいいことが書いてある本。若い人の話はもちろん、「退職した人は自分のアイデンティティを組み替えなければならない事態に直面する」という話は、そんな齢になってまで、自己の問題に悩むのか!というショックもありました。

    分岐点は、実際の選択よりもさらに前っていうのもおもしろかった。

  • なんとなく現状がよくわからないけどしんどい人とか読んでみればいいかも。

  • 仕事、生き方、趣味、立脚点、勉強、しがらみ、そんなテーマでまとめられた一冊だ。と一言でいいきればそれまでだが、心の奥底を覗き見されているような不快な恐怖と、自分が何にこだわっていて自分の成分は何によって構成されているのかがピン!ときてきもちよかったりする。

    山田ズーニーさんの、そのときのリアルタイムで感じてきたものが書かれていて、そのライブ感は伝わってくる。一方で、時と共に償却されていく部分は否めないけれど、それでもそのなかに純粋で混じりっけのないものが紛れ込んでいる。これをいかに汲み取って、自分の血肉とし、またアウトプットするか、伝えたい人に伝わったときに、この本の役目が初めて終わるんだと思う。

  • 自分の中で、職業名×マイテーマ×実現したい世界観でやりたいことを詰めていくというのが、自分のもやもやの根本だって改めて気付いた。

    なんだかもっと楽に考えればよかったんだとか、大胆に動いちゃおうかなとか、普段自分に欠けている考えを教えてくれた気がする。

  • 社会にでるための、社会に出た後の、な進路相談。
    まさにどこを目指すか、な話でした。

    身につまされる話もありました。
    すべてが受け身。
    まさにそんな感じがしています。
    理想の自分からかなり遠い所に、本来の『自分』はいて
    どうしたいか、とかどうすべきか、という以前に
    そこで右往左往してる感じで。

    ゴールを決めて、そこへ向かっていく。
    その道筋を省略する事無く、考えてみる。
    はい、確かに、と納得できるものでした。
    が、しかし、やはり「で、どうしたいの?」と
    聞きたいですね~w

  • ひとつひとつのコトバが考え尽くされている。表現者はすごい。自分の存在は他者とつながる事で確認できる。仕事とは、他者を喜ばせることが出来て初めて成立する。その追求の中でアイデンティティが出来、もっと他者を喜ばせる人間になれる。喜ばれたら自分も嬉しい。これを繰り返し、時には壊して、アイデンティティを作っていく。

全116件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

全国各地で、表現教室のワークショップ、大学講義、講演などを通じ、表現力・考える力・コミュニケーション力の育成に幅広く活躍中。『伝わる・揺さぶる!文章を書く』『おとなの小論文教室。』他著書多数。

「2018年 『理解という名の愛がほしい。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田ズーニーの作品

ツイートする