ハル、ハル、ハル

著者 :
  • 河出書房新社
3.15
  • (30)
  • (59)
  • (173)
  • (33)
  • (19)
本棚登録 : 577
レビュー : 103
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309018287

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 短編が3本。

    『ハル、ハル、ハル』
    弟を殺した少年。深夜の公園で踊り狂う少女。
    ふたりにカージャックされたタクシードライバー。
    3人の共通点は名前に”ハル”があること。
    彼らは家族のように、千葉県犬吠埼へ向かう。


    『スローモーション』
    預かった甥と姪を目の前で誘拐された女。
    女は犯人の甥と姪を誘拐し返す。
    日記に書かれながら物語は進行する。


    『8ドッグス』
    女に溺れる男。彼は女の話す、里見八犬伝にも溺れる。
    両肩に入れ墨を入れ、女への愛を誓う。
    ある日彼が見つけたのは捨てられた犬の死骸。
    彼は犬の元飼い主を焼き殺す。
    彼の目的は虐待される犬を8匹発見することになる。
    その途中で愛する女が他の男の家から出てくるのを発見する。
    彼は男をバットで殴り殺す。女も殺したのかは覚えていない。
    重要なのは8匹の犬たちと房総半島を出て、王道楽土を関東の地に、だ。

    --------------------------------------------------

    ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤氏の日記に「!!!」との感想があり、自分も「!!!」を体験するべく、読んでみた。

    正直難しかった。古川さんの文体に馴染めなかった。

    まだまだ読解力が足らないな、と反省。

  • これは古川日出男の正真正銘の小説だ。な?で、短編小説だ。な?疾走感があって良い。疾、走、感。それがあって良い。けど。けど、とオレは続ける。けど、その疾走感までに至るのに多少の時間を要する。な?スロースターター。そうだろ?それを文章を体に馴染ませる為の時間と取るか、助長と取るかは人それぞれだ。そうだろ?物語が良い所で終わってしまうのは残念な気がする。が、それもまた良いだろ?ってオレは思う。な?そう思うだろ?それでも題材が比較的に珍しいから読み進めるのに、そう時間はかからない。そうだろ?流れに乗れば簡単だ。

  • 3つの物語の短編集。とても古川日出男らしさが凝縮されて臭い。勢いで読む。入り込まないと気恥ずかしさを感じるので、なにも気にせずどっぷり浸かると気持ちがいい。最後の8ドッグズを長編として読みたい。

  • 不思議に繋がる不思議な感覚。
    それは名前かもしれないし、
    偶然に出会ったことかもしれない。

  • 今ひとつでした。閉塞とか抑圧から殻を破るような感じの話が多いけど、衝動は文学的で移入するようなものでもない。そのままこの世界を受け入れて感じられるかによる。

  • 文学

  • はじめて古川さんの本を読んだ はじめは何いってるのかわからなくて悩んだ え、なんだこれ、はやい、言葉がはやい スピードが、口調が、まるで生きてるみたいな、それでいて回りくどい言い方も兼ね備えた、鳥肌。鳥肌。鳥肌。鳥肌。鳥肌。気づいたら、言葉を拾うのに夢中になっていて いやいや、なんで、どうして、あああ!って 人間くささがすごく伝わってくる、何かしらみんな狂気で、可笑しくて、面白い 「ハル」が自分の名前の一部に入っていたら!とか思ってしまう オミくん、ハル姉、ハルシニアに会いたい 名前にハルが付くのなら「私もハル×だよ!惜しくも天秤座じゃないけど!天秤座の次の蠍座だよ!」って叫びたい、絶叫。

  • 古川日出男の短編集。
    表題作の『ハル、ハル、ハル』がとてもよかった。主人公の一人、晴臣と弟がすさまじく切なかった、切なすぎて涙を誘われた。こんな辛く哀しいエピソードを読んだのは久しぶりだった。
    心の拠り所を失った三人、哀しい過去を持った三人が出会って悪事を行う。それは悪いことだけれども。出会えたことで救われた部分があるんじゃないかと、希望を感じずにはいられなかった。
    疾走感溢れる文章でつづられるお話。どのジャンルに分類されるのかわからないけれど、思わず心に響く物語だった。

  • 生きているうちは動く

     中篇3つ。
     ハルハルハル  
     両親にステラレタ藤村晴臣は、13歳。8歳年下の弟を死なせて、拳銃を拾い、16歳の大坪三葉瑠とタクシーをジャックして、逃走する。運転手、悟と3人でコンビニを襲う。行くイサキは、犬吠崎。で、そのさきは…?
     これは、物語の続編であり、終わりはない物語だ。
     この長さが気持ちいい!
     
     スローモーション
     日記を書き続けるフブキ。姉のナナミから子どもを預かるが、誘拐されてしまう。それで、犯人の子どもを誘拐し、子ども達を取り返しにいく。

     8ドッグズ
     ねねが語る孔雀の話。
     南総里見八犬伝を、敏也に語り、敏也が動く。

     ストーリーじゃなくて、テンポやアクセントに酔う小説なんだね。「ハル ハル ハル」は最高!

  • 2014年9月14日読了。

全103件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1966年生まれ。98年『13』で作家デビュー。『アラビアの夜の種族』で推協賞、日本SF大賞、『LOVE』で三島賞、『女たち三百人の裏切りの書』で野間文芸新人賞、読売文学賞。最新作は『ミライミライ』。

「2018年 『作家と楽しむ古典 平家物語/能・狂言/説経節/義経千本桜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古川日出男の作品

ハル、ハル、ハルを本棚に登録しているひと

ツイートする
×