口説きの技術---恋愛駆け引きの極意

著者 :
  • 河出書房新社
3.57
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309020785

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 再読時:2020/01/18
    何年か振りに読み、あまりの素晴らしい内容に驚きました。
    当時、同著者の「恋愛塾講義ノート」「口説きの鉄則」に夢中だった為、この本はあまり読まなかった。今読むと何故当時もっと読まなかったのかと思う程の名著だと感じる。
    自分自身が変わると受け止め方も大きく変わるんだなと痛感しました。
    もっともっと読んで血肉にしなければならない。

  • ――――――――――――――――――――――――――――――
    なのに彼らが戦いに挑み続けるのはなぜなのか。それは、彼らはよく知っているからだ。

    普通の男性には、黙って立っていれば向こうから勝手に幸せが転がり込んでくるようなラッキーイベントなど滅多に発生しないことを。43
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    自分自身の心に対してさえ不誠実な者の姿が、他人の目に魅力的に映るだろうか。69
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    女性の多い職場で働いているということが、それだけで口説きの成功の可能性アップにつながっているということだ。130
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    連絡するのはいつもR子からで、彼の方からは一度たりとも彼女に連絡していないことを。そしてそれをR子がどう感じているかを。139

    女性は求められることを好む。尊ばれることを求める。それは女性としての自尊心の根源だと言っていい。140

    A君は連絡を取り合うことに関しては受け身に徹する状態になってしまった。

    女性はそういう自分を軽んじる態度に敏感である。141
    ――――――――――――――――――――――――――――――
    答えは単純である。R子はA君が最も嫌がるだろうと予想される別れ方を選んだに過ぎないのだ。

    彼女の行動は、自分を傷つけたA君への報復措置なのである。

    女性は自分を裏切った男性に対してはどこまでも残忍になれる。女性は恋愛において極めて利己的だ。142

    待ちの姿勢は絶対に駄目。それを感じると盛り上がっていた女性の気持ちも一気に冷める143
    ――――――――――――――――――――――――――――――

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

愛知県出身。ナンパ塾塾長。98年に「ナンパ塾」、03年に「恋愛駆け引き、口説き塾」を設立。テレビや雑誌で話題に。著書に『新・「ナンパ塾」完全極秘マニュアル』『「ナンパ塾」究極デートマニュアル』等。

「2018年 『「ナンパ塾」秘伝 口説きマニュアル【完全版】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

草加大介の作品

ツイートする
×