異性

  • 河出書房新社
3.53
  • (72)
  • (208)
  • (204)
  • (44)
  • (12)
本棚登録 : 1506
レビュー : 237
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309021041

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 男性、女性両方の恋愛に関する様々な考察。身に覚えがあることが多くありドキッとしたし、あれはなんだったんだろうと疑問に思っていることが解明したり、こう思うのは自分だけ?自分はおかしいのではと思っていたことが案外普通のことだったり、発見が多くあった。

  • 交換日記のようなエッセイだったが、なかなか同意できる部分も多くて面白く読んだ。バルーンすかーとのくだりは、その解釈と見抜いた女性にドキッとしました。

  • 不毛の会話過ぎて、途中で読む気が失せた。永遠に解り合えないことを議論すること自体、時間の無駄な気がする。

  • わたしが女だからだろうけど、ほむほむの指摘が意外だったり鋭かったりで唸りまくり。雑誌に交代で連載してたのかな、なんかふたりの往復書簡を盗み見てるような感覚もたのしい。

  • この二人めっちゃもてるだろうな

  • 2014.6.16読了
    角田光代と穂村弘の文通みたいなエッセイ。
    男女の感じ方の違いをいろいろな視点で書いてあって面白かった。
    もっと早く読めばよかったなぁ

  • おもしろかった。
    見事におもしろかった
    意識の違いって、こんなに明確に分析表現できるものなんだなぁ。

    なんとなく、最後の方の物語云々を読んで恋愛をするには自分が主人公になることが必要なのかな。
    特に女性には。そう感じた。
    いや、自分の人生の主人公は自分自身ですよ的論法は承知してるんだが、それよりも明確な物語化というか。
    言うなれば他人に自分のラブストーリーを語ることを恐れない主人公気質…
    男性はそれが過去の武勇伝になっちゃうんだろうなぁと会社のおっさんたちを見てて思った。

  • 12/8

  • 表紙がとってもすてきだ。

  • おもしろかったー!あっという間に読み終えた。
    角田さんと穂村さんが恋愛談義文通しているのを
    そのまま読んでいるような。


    ただ男の人の見方、視点がわかっただけでなく、
    なんだろう、個人的には対人的なコンプレックスを
    すこしほぐしてくれたようにも思います。

    おふたりの仕事への姿勢が見えたりしたのも
    とてもおもしろかった。

全237件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

角田光代(かくた みつよ)
1967年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
1990年、「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞し、小説家としてデビュー。受賞歴として、1996年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞を皮切りに、2005年『対岸の彼女』で第132回直木三十五賞、2007年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、2011年『ツリーハウス』で第22回伊藤整文学賞、2012年『紙の月』で第25回柴田錬三郎賞、同年『かなたの子』で第40回泉鏡花文学賞、2014年『私のなかの彼女』で第2回河合隼雄物語賞をそれぞれ受賞している。
現在、小説現代長編新人賞、すばる文学賞、山本周五郎賞、川端康成文学賞、松本清張賞の選考委員を務める。
代表作に『キッドナップ・ツアー』、『対岸の彼女』、『八日目の蝉』、『紙の月』がある。メディア化作も数多い。西原理恵子の自宅で生まれた猫、「トト」との日記ブログ、「トトほほ日記」が人気。

異性のその他の作品

異性 (河出文庫) 文庫 異性 (河出文庫) 角田光代
異性 Kindle版 異性 角田光代

角田光代の作品

ツイートする