おかえり、Mr.バットマン

著者 : 佐川光晴
  • 河出書房新社 (2012年4月12日発売)
3.00
  • (0)
  • (6)
  • (18)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :52
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309021058

作品紹介・あらすじ

結婚生活20年にして「離婚」という一大決心をした彼の家へ突如ホームステイすることになったのは、世界的ベストセラー作家の娘だった!?家族?お金?それとも…彼女と愛の逃避行!?山名順一(48歳)、翻訳家兼主夫、決断の時。

おかえり、Mr.バットマンの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017年3月西宮図書館

  • 翻訳家って時間と労力を使うのに、あまり報われないお仕事なんだなぁ…。私は翻訳ものもまぁまぁ読むけど、ほとんどが所謂古典作品で、現代作家のものはほとんど読まないしな。全体的に薄味。ラストはあれでいいのかな。まぁフィクションだからそれもありか。2012/470

  • 佐川さんの作品初めて 読みました。

  • 〈内容〉山名順一・48歳・「主夫」兼「翻訳家」。結婚20年目にして「離婚」という一大決心をした彼の家へ突如ホームステイすることになったのは、世界的ベストセラー作家の娘だった!? 佐川光晴の新境地!!

  • 翻訳家 兼 主夫の山名順一が結婚生活20年目にして離婚を決断。でも、そんなときに彼の家に突然ホームステイすることになったのが、世界的ベストセラー作家の娘だった。その娘がホームステイすることで、一波乱起きる。
    読みやすいが、話の展開が遅くて、いまいち話に入り込めなかった。クライマックスがこれ?といた感じでちょっと期待外れ。

  • 翻訳家・山名は、生きがいである息子が大学に入学し家を出たのをきっかけに、教員である妻を残し、家を出て悠々自適の生活をしようと決意した。その矢先、腐れ縁の編集者・沼尻から驚くべき提案を受ける。あのベストセラー作家・リスメイヤーの一人娘を世話して欲しい、と……
    母語と外国語のあいだで揺れながらもそこに情熱を傾ける翻訳作業と、それだけを生業として生きることの難しさ。「バットマン」とはその二つのテーマの鍵となる言葉です。また、リスメイヤーの娘は「外国人」の「作家」として登場し、しかも「ホームステイ」させることになります。まさにこの二つのテーマの象徴です。山名は彼女と接することで、この二つのテーマに向き合うことになります。
    しかし、この主題を意識しないままに読むと、へんな登場人物が強引に話をすすめて、ラストでどたばたしておわり、という印象になるかも。(最初に読んだときにはそう思いました。)山名の一人称で話がすすむため、家族などの感情がややわかりにくいせいもありますね。

  • 主人公、三浦しをんの「舟を編む」と似た印象を受けた

  • うーーん(> <) 主人公に共感できず…。居候する女の子にも…。
    作家と主人公の手紙の文面などは、良いなあと思ったけれど。

  • 翻訳家ってある意味すごい職業ですよね。作家の伝えたいこと(?)を理解し、うまい日本語に置き換える、だからある程度作家以上であるが、作家ではない。報われないことも多そうな職業ですよね。でも、好きな作家さんと理解しあえて寄り添えたら 幸せですね。

  • バットマンの意味が分かった。
    途中まで面白かった、終りのほうがちょっとバタバタで、残念。

全16件中 1 - 10件を表示

佐川光晴の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

おかえり、Mr.バットマンはこんな本です

ツイートする