屍者の帝国

  • 河出書房新社
3.53
  • (193)
  • (268)
  • (323)
  • (100)
  • (33)
本棚登録 : 3059
レビュー : 426
  • Amazon.co.jp ・本 (459ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309021263

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 正直なところ評価に苦しみます。

    すべて理解しきった感がないので、そもそも面白かったとか面白くなかったとか言うべきではないような気もしますが。でも断片的にはゾクゾクするようなおもしろいところもあり、琴線にふれる言葉もあり。最後はやっぱりうわああってなったし。

    このもやもや感は、ひとえに円城塔のトーンになじめなかったというのが原因のような気もします(特に現代日本文学は文体で読む本えらぶほうなので・・)。嫌いじゃないし美しいとは感じるんだけど、読みづらいというか、さくさく進めない文体ですね。読むほうの力量が問題になる文章だと思う。
    伊藤計劃なら同じもの書いてももうちょっと読みとりやすくしてくれそう。いつも、主題はすごい前衛的だったけど、文章はどっちかっていうと物足りないくらい読みやすかったですよね。このお話をぜんぶ書いてくれてたら、どういう雰囲気になったのかなって気になって仕方がないです。すべて読み終えてからプロローグ(だけがオリジナルですよね?)に戻ってみて、あらためて感じました・・。

    でも文学や歴史からの登場人物の引用は、いちいちwktkしました。こんな手法はみたことがない。これだけでも全然読んだ価値がありました。人物の配置のしかたがとても魅力的。あー、カラマーゾフ・・。

  • 250ページで挫折。

    好きな方には申し訳ないですが、読むのが苦痛で仕方なかった。

    読みきらずに批評するのは良くないと思って頑張ったけど、全然世界観に入り込めず諦めました。

    文体もやや苦手なんですが、ルビも振りすぎで勢いが止まってしまう。

    何より、19世紀にフランケンが…
    という設定も魅力が無くて、何を今更という感じです。
    (未来に技術革新が起きて…なら入っていけるのかも)

    好きな人には、ワトソンとか、ヘルシングとか、カラマーゾフとか面白いのかもしれないけど、意図があるのか、名前を借りただけなのかさっぱりわからず。

    SFファンじゃない私が読んだのが間違いかもしれませんが、巷の大絶賛はちょっと大袈裟な気がします。

    図書館の予約数の少なさの意味がわかった。

    本屋大賞ノミネートで読もうと思った人は要注意!

  • ■東京日帰り出張で読了。

    ■このドロドロした空気。凄いね。なんて表現したらいいんだろうか?SFとかミステリーとかジャンル分けがまったく意味を持たない独特の世界観。ザ・ワンはもちろんだけど、あれ、この人って...って名前がこれでもか...ってぐらいにたくさん出てくる。たぶん半分もわかってない。(苦笑

    ■ずいぶんと文章が難解で読み辛い部分がたくさんあったのは、プロローグから後を円城 塔が引き取って書いてるからなんだろうなぁ。

    ■難解だけど力ずくでグリグリと引き込まれてしまう底なし沼のような作品。

  • 19世紀は屍者の世紀ーーという壮大なファンタジーをど真ん中に据えて、現実・空想・過去・未来を超えた登場人物がこれでもかと投入される。自分の教養のなさが悔しくなる作品(登場人物やガジェットの出典がぱっとわかれば数倍面白くなるのに!)。

    一文でその場面の空気の匂いまで描いてしまう円城さんの筆の確かさ、その世界の理に漂う伊藤さんの気配。最初から最後まで楽しませてもらえました。

    エピローグの最後はなぜか涙がぴゅうと出て止まらなかった。
    ありがとう、は届いているはず。
    そしてわたしからもありがとうをお二人に。

  • 一体伊藤さんの頭の中はどうなっていたのか。この発想力はどこからやって来たのか。

    何と言っても時代設定が秀逸過ぎます。世紀末と言う近未来。ゾクゾクするような錚々たる登場人物たち。パラレルな真実。

    ただ、やっぱり最後まで伊藤さんに書いて欲しかった。

    円城さん大健闘ですが、やはり伊藤さんの話には奇妙な静けさをたたえた柔らかな繊細さが欲しいです。

    円城さんは理知的なようで結構武闘派な感じがしました。伊藤さん版が読みたかった。本当に惜しまれます。だけどきっと円城さんが一番そう思っているんだろうなとも感じました。

  • おもしろい! おもしろいよ! 本が好き・映画が好き、て人は読んだ方がいいと思う。
    正直理解を超える箇所もあって何が何やらわからなかったりするんだけどね。それを差し引いても読み進めることの楽しさを味わうことができました。

    随所に本への愛が溢れていて、自分が気付いてないオマージュもあるのかと思うと、今後の読書生活も変わってくるのではないか。

    • fanta16さん
      あ~ わ~ はやく読まなければ!!!
      あ~ わ~ はやく読まなければ!!!
      2012/12/11
  • 資料ID: W0169978
    分類記号: 913.6 || I 89
    配架場所: 本館1F電動書架C


    伊藤計劃の絶筆を円城塔が引き継いだ作品です。
    SFということもあり、設定や世界観に慣れるまで
    読みにくいかもしれません。
    「シャーロックホームズ」や「カラマーゾフの兄弟」などに
    目を通した方は、手にとってみても良いかもしれません。(Y)


    過去のカテゴリ
    スタッフいちおし

  • 伊藤 計劃と円城 塔による合作というロマンティックな背景は別として、一つの物語として非常に高いレベルで成立している。
    人間は年表のような記録ではなく、記憶として、つまり物語として存在しうる一方、その物語は容易に書き換えられてしまう。
    全てが効率化を求め、死者を屍化することにより記号化され道具として扱われる屍体は、まさに現在の経済を表現している。
    死してもなお道具としての存在として、現代のロボット技術のように使われているパラレルワールドにおいて、「私の中のわたし」「自我の中の他我」の真実を追い求めてワトソン博士は世界をめぐる。
    様々な人物のオマージュと共に、自分が自分であることの証明を探す旅はある段階で一旦終わりをみるが、さらに続いていく。
    全てのものがもつ言葉の持つ力に感染症と同じ効果を見出し、畏れ、その力を表現しきるこの本は、0年代のSFというよりも、新しいジャンル(「未知との遭遇のような)を切り開き、次の世代へと受け継がれていくのだろう。
    難しい言葉を簡単にし、簡単な表現を難しくし、結果読みづらさを少し助長することになると思うのだが、非常に魅力的な小説だった。
    「本当の私」は「私」にも判別がつかず、他者と比較しても無理。確かに息づいている身体と心は全くの別物であり、身体は魂の容れ物に過ぎないが、容れ物なしに魂は存在しない。
    せめて自分のつむいだ言葉だけは、記録として記憶に残され、物語という形式をもって語られることができるだけでも、幸福なことなのかもしれない。
    ただ、ここまで皆深く人生を考えているかというと、それは稀有なことであり、おそらく80%以上の人は(自分も含めて)、昨日も、今日も、明日も対して変わらない生活を送っているのだろう。

    • だいさん
      何やら難しいそうな本ですね。
      レビューは面白かったです。
      何やら難しいそうな本ですね。
      レビューは面白かったです。
      2012/11/26
    • libraさん
      コメント遅れてすいません!
      ありがとうございます、でも伊藤氏の本では僕は一番とっつきやすかったかもです。
      コメント遅れてすいません!
      ありがとうございます、でも伊藤氏の本では僕は一番とっつきやすかったかもです。
      2012/12/02
  •  若くして夭逝した伊藤計劃氏の遺稿を、友人である芥川賞作家の円城塔氏が完成させた和製スチームパンクSF。
     死者を甦らせて(”屍者化”と呼んでいる)安価な労働力として再利用することが当たり前になった19世紀、密かに屍者の王国を築こうとする何者かの陰謀を探るため、イギリス人の諜報員ワトソンが世界を駆け回る。アフガニスタン、日本、アメリカ、ロンドンと、舞台がひとつ変わるごとに屍者の謎が深まり、そしてとうとう”屍者の元祖”とも呼ぶべきあの大物と対面する。

     いつもの難解な円城節は本作では抑えられている。死者にインストールするネクロウェアのバージョンの話とか、ワトソンに同行する特殊能力を持った仲間たちとか、ライトノベル的な雰囲気でテンポ良く話が進むのでありがたい。その代わり、有り余った筆者の筆力は、古今東西のSFのキャラクターや歴史上の人物をごった煮のように盛り込むことに向けられているようで、それらを知っている人ならなお楽しめる内容となっている。

     魂を持たないものを人間が生み出し使役する、という発想はすでに「ロボット」という形で使い古されているのだが、本作はそのモチーフをいったん越えて、人間の意識そのものの秘密に迫ろうとする。本作は伊藤計劃でも円城塔でもない、全く新しい作者の処女作であり遺作であり、読み終わってみれば出来のいいロボットSFにもなっていた。
     『NOVA1』に収められていた途中までの遺稿を読んだ時には、このような素晴らしい作品として読める日が来るとは思わなかった。円城塔氏に感謝するとともに、あらためて伊藤計劃氏のご冥福をお祈りする。

  • ふわーふわーふわー。全然理解できてないのだけど興奮して泣きそうに。フライデーが意思をもってしまったの。ワトソン博士のせいよ。彼を取り戻すために彼の新しい相棒 「M」の弟と闘う日が来るかもしれないですって?ふわふわふわ。シャーロックはそこにはいなくてジョン・ワトソンとアイリーン・アドラー ふたりの影が重なる。いつか出会うときのために?

全426件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

1974年東京都生れ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』でデビュー。『ハーモニー』発表直後の09年、34歳の若さで死去。没後、同作で日本SF大賞、フィリップ・K・ディック記念賞特別賞を受賞。

「2014年 『屍者の帝国』 で使われていた紹介文から引用しています。」

屍者の帝国のその他の作品

屍者の帝国 (河出文庫) 文庫 屍者の帝国 (河出文庫) 伊藤計劃
屍者の帝国 (河出文庫) Kindle版 屍者の帝国 (河出文庫) 伊藤計劃

伊藤計劃の作品

ツイートする