屍者の帝国

  • 河出書房新社
3.53
  • (193)
  • (267)
  • (323)
  • (100)
  • (33)
本棚登録 : 3052
レビュー : 426
  • Amazon.co.jp ・本 (459ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309021263

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  伊藤計劃未完の長編を円城塔が完成、という作品ですが、うーむ、期待以上の面白さでありました。
     屍者を自在に操ることが可能という設定は、懐かしのサイバーパンクな世界観でありますが、そこに伊藤計劃らしい「生と死」や「意識」への問いかけが据えられ、さらに円城塔らしい「言葉」の発現が巡る。
     主人公ワトソンの師はヴァン・ヘルシング、追うのはフランケンシュタイン、出会うのはカラマーゾフなどと、名作キャラのファンタジックな交錯にも単純にワクワクしちゃいました。

  • 伊藤計劃作品とは、似て非なるものという気がします。

  • ゼロ年代最高の作家、伊藤計劃の未完の遺稿『屍者の帝国』。
    そのプロローグから、盟友円城塔が文章を繋いだ今作。
    作中にて架空・実在する人物が物語に彩りを加えていてとても醍醐味。日本国もその中の舞台の一つになっていてなかなか悦に浸れる。舞台は十九世紀に設定されているけど、SF感は全く削がれない。
    エンターテイメントとして申し分ない。
    今作がもし、伊藤計劃が存命で、完稿までにこぎつけていたらどんな作品になったのだろう? もっと違った終末をむかえたんじゃないか、と考えるのは人間のエゴイズムだし、野暮というものだろう。とても贅沢な思索なので思慕にとどめておくことにする。どのような経緯であれ、過程であれ、ここにあるものが既成事実の完成形であり、全てはこれに帰結する。

    「人間の魂の重さは
    二十一グラム
    その質量の重さは
    意思の重さ、思考の重さ、想いの強さ」

    意識とは何か? 生命とは?

    今、わたしは目を開くーーー。

  • 自意識とは何か。我々が主体として感じている世界は実在するのか。というような、SFではクラシックなテーマを扱っている作品。

    伊藤計劃が遺作として書いたプロローグを円城塔が引き継いで完成させた話。

    19世紀のイギリス、アフガニスタン、インド、日本、アメリカが舞台。屍体の頭に「ネクロウェア」というシステムをインストールすることで社会のインフラとしている世界という設定。

    退屈しない。引き込まれる。時代設定・状況設定も面白い。

    円城塔は他作品でも言語や言葉というものをひとつのキャラクターとして扱うけれど、この話も途中から、難解さが増して行く。

    万人にはオススメできないけれど、読了した人と読後感を語りたい本だと思う。

  • 早世の天才 伊藤計劃の遺稿を芥川賞作家の円城塔が引き継いで書き上げた大作。

    ある種の壮大な思考実験のような感覚に引き込まれながら、過去の伊藤計劃作品のエッセンスがそこかしこに散りばめられている。実在・架空問わず著名人がわんさか出てきてニヤニヤしながら読んでしまいました(笑)文句なしに面白い!そして円城塔の才能にも脱帽!

  • 結果どこまで伊藤計劃なのかしら、と思っていたらテーマから何からきっちりそれらしくまとめてくれていました。口調というか、独特の文章スタイルもパクっていていい感じです。さすが円城塔!

    屍者が生者の道具となり、共生する世界観も独特のもので、そこからお得意の意識と問題へと発展させる。ストーリー展開もエンターテイメントさながらですが、この辺は舌を巻く展開であります。

    実はあんまり期待していなかったのですが、ほっこり楽しめてお得な気分です。カラマーゾフ兄弟とか、そういうコネタも好きですな。

  • 自分の「意識」は、真に自分が生み出した「意識」と
    言えるのかどうか。

    そして生命とは何で、死ぬことは何を意味するのか。

    どこか押井守的世界の香りがして、
    内容自体も押井守の「攻殻機動隊」を想起させるものの、
    哲学を上手くエンタメの中に落とし込んでいて
    非常に面白かった。

    屍者=ノートパソコン&タブレット的な位置づけの
    アイデアが面白いし、登場人物のアイデアも秀逸で、
    それだけでも楽しい。

    ただしかし、伊藤計劃が書き上げていたら…という思いは
    どうしても拭えない…。

  • 円城塔って普通の文章も書けるんですねw

    以前から気になっていた作家ではありますが、僕自身伊藤計劃の作品をひとつも読んだことが無いので雰囲気云々については何とも言えないですが、普通のSF小説としてもすごく面白いです。
    プロローグ部分からよくこれだけ話を広げることができたなぁと思います。また、そのプロローグだけでも一気に引き込まれるような世界観がとてもいいですね。どこまでが伊藤計劃が考えていた道筋なのか。ちょくちょく歴史上の人物やフィクションものの有名な人物が出てきて、それらを屍者(死者に人工的に復活させたもの)が蠢く19世紀の世界にからめて物語を広げていくのは圧巻でした。
    屍者はロボットのようなもので、自ら思考したり痛みを感じたりすることなく忠実に命令に従う存在として描かれていますが、それがよくSFで描かれれる人間とロボットの対比と似てるところもあり、異なるところもあり、面白かったです。

  • !!!
    最後の4ページ、この先何度も読み返すと思う。
    (円城塔のインタビューも合わせて読むべき)

  • 本屋でこの本を手にとった時からドキドキが止まらなかった。それと同時に不安というか、大丈夫なんだろうかという思いもあった。伊藤計劃だから書けるものが、円城塔に書けるのだろうか。読み進むうちにそれは杞憂であることに気づいた。伊藤計劃が紡ぎだし、円城塔が円城塔の物語を受け継ぐ。文体を真似する必要はないし(頑張ってたと思うけど)途中で続きが気になってなかなか本を置くことができずにあっという間に読みきってしまった。良作。ただもうちょっと薄くてもよかったけどね。円城塔の熱意かな。

全426件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

1974年東京都生れ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』でデビュー。『ハーモニー』発表直後の09年、34歳の若さで死去。没後、同作で日本SF大賞、フィリップ・K・ディック記念賞特別賞を受賞。

「2014年 『屍者の帝国』 で使われていた紹介文から引用しています。」

屍者の帝国のその他の作品

屍者の帝国 (河出文庫) 文庫 屍者の帝国 (河出文庫) 伊藤計劃
屍者の帝国 (河出文庫) Kindle版 屍者の帝国 (河出文庫) 伊藤計劃

伊藤計劃の作品

ツイートする