屍者の帝国

  • 河出書房新社
3.53
  • (193)
  • (267)
  • (323)
  • (100)
  • (33)
本棚登録 : 3053
レビュー : 426
  • Amazon.co.jp ・本 (459ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309021263

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • プロローグ(伊藤計劃著)は今後の展開がワクワクするのだが、本編(円城塔著)に入ると難解な話が続き、非常に残念。
    旧約聖書や屍者三原則(ロボット三原則と同じ内容か)、フランケン、ワトソン、007、アフガン紛争、カラマーゾフ、ダーウィン果ては明治の日本など、「お話」と史実が入り交じり物語としては期待度高いのだが、著者(円城塔)による難解な文体のおかげでこれらのモチーフが自身の知識をひけらかしているように感じストーリーに没頭できない。
    残念。そのうち再読してみなくては。
    (アンマンにて)

  • 250ページで挫折。

    好きな方には申し訳ないですが、読むのが苦痛で仕方なかった。

    読みきらずに批評するのは良くないと思って頑張ったけど、全然世界観に入り込めず諦めました。

    文体もやや苦手なんですが、ルビも振りすぎで勢いが止まってしまう。

    何より、19世紀にフランケンが…
    という設定も魅力が無くて、何を今更という感じです。
    (未来に技術革新が起きて…なら入っていけるのかも)

    好きな人には、ワトソンとか、ヘルシングとか、カラマーゾフとか面白いのかもしれないけど、意図があるのか、名前を借りただけなのかさっぱりわからず。

    SFファンじゃない私が読んだのが間違いかもしれませんが、巷の大絶賛はちょっと大袈裟な気がします。

    図書館の予約数の少なさの意味がわかった。

    本屋大賞ノミネートで読もうと思った人は要注意!

  • 伊藤氏のガジェット感と円城氏のユーモアに齟齬

  • あまり面白くなかった。

  • 2013.10.ワトソンは,ヘルシング教授によりグレートゲームに巻き込まれる.そして,バーナビーと共にザ・ワンを探す世界の旅に出る.その世界は屍者が多く活用されている世界.長くて,訳解らなくて,気味の悪い小説だった.

  • 設定は奇抜で面白いが、文体が難しく、理解できなかった。攻殻機動隊原作本1巻の最後を思い出した。

  • 絶筆となった伊藤計劃の未完の作品を、芥川賞作家の円城塔が引き継いで完結させた物語です。
    以前円城さんの芥川賞作品を読み、全く1ミリも理解が出来ず、著者の作品は絶対読まない!と思ってましたが、この本が本屋大賞ノミネート作品だと知り、「あの人の作品が万人受けするの?そんなものも書けるの?」との興味から思わず手に取りました。

    19世紀末、フランケンシュタイン博士が死者を蘇えさせる技術を発見してから100年、死者は労働力や軍事力として不可欠な存在となっていた・・・というところから始まるSFです。
    フランケンシュタインの他にも、主人公はワトソンだし、ヴァン・ヘルシングやカラマーゾフなど有名人が続々と登場します。なんだかワクワクさせられる設定。さらりと読み流した人物も、実は有名人だったかもしれません(苦笑)

    ・・・とはいえ、やっぱり理解できませんでした。
    はじめは何とか理解出来たけど、日本に舞台が移ってからはもうさっぱり。哲学的過ぎて全くついていけなくなり、私にしてはめずらしく最後まで読めませんでした。(面白くなくても難しくても、とりあえず字を追うだけでも完読させるのがポリシーなのに・涙)

    やっぱりこの人の作品はもう読みません・・・

  • 難しくてほとんど理解できなかった。と言うより、この本を読むのに必要な知識が足りなくて理解できなかったといったほうが良いかな。

  • 私にははまらなかった

  • 本屋大賞発表前にノミネート作品に並んでいたので購入しましたが、暗くどんより、辛い匂いがまとわりつきそうで全然読み進まず積読。もう読めないと思います。

著者プロフィール

1974年東京都生れ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』でデビュー。『ハーモニー』発表直後の09年、34歳の若さで死去。没後、同作で日本SF大賞、フィリップ・K・ディック記念賞特別賞を受賞。

「2014年 『屍者の帝国』 で使われていた紹介文から引用しています。」

屍者の帝国のその他の作品

屍者の帝国 (河出文庫) 文庫 屍者の帝国 (河出文庫) 伊藤計劃
屍者の帝国 (河出文庫) Kindle版 屍者の帝国 (河出文庫) 伊藤計劃

伊藤計劃の作品

ツイートする