屍者の帝国

  • 河出書房新社
3.53
  • (193)
  • (267)
  • (323)
  • (100)
  • (33)
本棚登録 : 3052
レビュー : 426
  • Amazon.co.jp ・本 (459ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309021263

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <あらすじ>
    19世紀末―かのヴィクター・フランケンシュタインによるクリーチャー創造から約100年、その技術は全欧に拡散し、いまや「屍者」たちは労働用から軍事用まで幅広く活用されていた。英国諜報員ジョン・ワトソンは密命を受け軍医としてボンベイに渡り、アフガニスタン奥地へ向かう。目指すは、「屍者の王国」―日本SF大賞作家×芥川賞作家が挑む渾身の書き下ろしエンタテインメント長編。早逝の天才・伊藤計劃の未完の絶筆が、盟友・円城塔に引き継がれ遂に完成。
    うーん。設定は面白いと思うんだけど。
    文体が・・・。内容が全然頭に入ってこない。

    ハーモニーもダメだったし、あわないのかなぁ。

  • 残念ながら途中脱落。
    ワトソンが主人公というところで食いついたのですが……
    死体を動かすとか、ホームズと出会う以前に「あの女」とワトソンが出会っていた等、設定は面白かったです。

  • 伊藤計劃の遺したプロローグを円城塔が引き継いで書き上げた作品。ということで、殆ど円城塔なので伊藤計劃的エンタメを期待して読むとやや肩透かしを食らうかも。古今東西の有名人(ワトソンやら007やらリットンやらカラマーゾフやら、挙句ノーチラス号まで!)が絡み合い、著者の知識量には正直脱帽・・・元ネタ知らないキャラもてんこ盛りなんだろうなー。が、持ってまわった、やや難解な文体はSF的に結構キツかった。文とストーリー、どちらに主眼を置いて追えばいいのか混乱して疲れてしまった。

  • いかんせん意味不明。
    伊藤さんはプロローグのみ。第一部以降は円城さんだそうな。
    どこまでが共通の構想で、どこからが円城さんのオリジナルなんだろう?
    人の生とは?死とは?自意識とは?という伊藤さんの構想を、円城さんがお得意の「言葉によって定義される自意識」という物語に捻じ曲げてしまっているとしか思えなかった。真相はわからないが、そうとしか思えなかった。本来であれば、時代設定を明治維新頃に持ってきているあたりで、「この事件以降の我々人類は自意識を乗っ取られた状態で現在も生きているのだ。つまり我々こそが屍者なのだ。」みたいな結論なのかと思ったのだが、それはあまりに安直というものか。。。?
    いかんせん意味不明(特に後半に行くにつれ)な物語だったのだが、ひとつだけわかったことは、円城さんに活劇は似合わない、ということだった。

  • うーん、まあSFと歴史をあわせもつた面白い内容ではあるが、自分にはいまいち。それでいて壮大だが、なかなか長い内容。

  • 【由来】
    ・アテネの最終日に購入

    【ノート】
    ・伊藤計劃はデビュー作の「虐殺器官」という小説で鮮烈なデビューを果たしたが、癌のため34歳で夭折した。僕も大好きな「メタルギア」というゲーム、正確には監督の小島秀夫の大ファンで、親交もあった。また、メタルギア4のノベライズも伊藤が担当した。

    ・本作は、伊藤の遺稿をもとに、円城塔が完成させたという作品。ベースプロットは、あの古典的小説、フランケンシュタイン。

    ・メアリー・シェリーの「フランケンシュタイン」は人造人間だが、これが死体をもとにウィルスで制御されるとバイオハザードのゾンビ。そんな「死兵」ならぬ「屍兵」をネクロウェアなるソフトウェアで制御する蒸気時代の世界、1800年代後半が舞台。イギリスの諜報員である主人公ワトソンに、アメリカのグラント将軍やヴァン・ヘルシングなどが登場して繰り広げる、スチームパンクSFスパイものといったところ。

    ・円城塔は知らないので伊藤計劃に惹かれて読み始めたが、正直な読後感としては今ひとつな印象。伊藤計劃の「虐殺器官」の続編である「ハーモニー」で色濃く感じた、伊藤計劃の死への視線。迫り来る死(とその恐怖)に戸惑ったり抗ったりしながら対峙する過程で獲得したと思われる自意識への姿勢。そこに感じた伊藤の恐れや絶望を感じることができなかった。執筆している人間が違うのだから当たり前かも知れないが、伊藤計劃なら、屍者側からの視線をもっと説得力を持って描いたのではないかと感じた。

    ・それでも「全員が絶望を感じることができなくなるのは、至福の実現ではないかね(P382)」という記述に、伊藤が観ていたものに通底するものを円城が認識していることは感じられたし、「ハーモニー」の終わらせ方を止揚したとも捉えられる結末に、ちょっとした目まいにも似た感覚を味わわせてもらえたのはよかった。

    ・総じて、自分にとっては、「虐殺器官」や「ハーモニー」を超えるSF作品とはならなかった。

  • これ、プロローグだけ 伊藤計劃が書いて、他の全部は 円城塔が書いたってことなんですよね。まあ、誰が書いたのであってもいいんですけど。どちらの作家の作品も読んだことないので、これがはじめてです。

    なんだか読みにくいなあ、乗っていけないなあ、と感じていたのは読む前のイメージと作品のトーンがどこか違っていたからでした。ああ、これは字で書かれた漫画なんだ、と割り切った時点でものすごく読みやすくなりました。要するに、本の装丁が悪い(笑)。
    映像化されていることはまるで知らなくて、黒字に十字架が浮かんでるような表紙から察するにもっと重厚な内容だと・・・、あ、失礼。十分ディレッタントでしたよ。

    19世紀末、「屍者」、早い話がゾンビが産業化された世界では単純な労役や軍隊は生ける屍たちに取って代わられているんだけれど、その技術を巡って世界各国の諜報機関や秘密結社が暗闘を繰り広げている。主人公は、ジョン・ワトソン。そう、シャーロック・ホームズの相棒のワトソン博士が、まだ医学生だった頃、というべきか。その成績優秀、頭脳明晰さに目をつけられ、英国の諜報員として「フランケンシュタインの怪物」ザ・ワンの行方を追うことになる―――というのが、ざっくりとしたお話。
    相棒は脳筋バカの怪力巨漢バーナビー大尉。まったく気の合わない二人だが、ここぞというときには助け合って・・・、というのもまたお約束。その他、ヴァン・ヘルシング教授、アレクセイ・カラマーゾフ、レット・バトラーなどなど実在や架空の人物が入り乱れて、舞台もロンドン、中央アジアの奥地、日本から北米へと世界一周。なかなか楽しめます。
    さて、主人公のワトソン博士ですが、後年ホームズとコンビを組む同一人物とは思えないくらいのキレッキレの若者なので、これだとホームズいらんやん、と思いながら読んでました。まあ、その謎は最後に解き明かされるんですけど。

    ベースにあるのは、スチームパンクなバイオハザードかなあ、と思ってましたが、最後の最後で「生命とは」「魂とは」「意識とは」という深遠なテーマに、いささか無理矢理切り込んでいった感は否めません。もっと、痛快な冒険活劇でよかったのに、というのが正直な感想。

    というのも、やはり「屍者」多すぎでしょ。そんなに、使える死体が調達できるもんですかね(冒頭で「死体がたりない」みたいな話は出るにしても)。それに、耐用年数が20年というのも、コストパフォーマンス良すぎ。いくらニセモノの魂をインストールして死体を生き返らせることが出来ても、代謝のない細胞は、どう考えても腐って朽ちていくんじゃないでしょうか。そのあたりの疑問に答える合理的な説明は一切なかったので、わざと無視したんでしょうね。なので、この小説をSFと認定するのは、ちょっとなあ、というところです。だから、スチームパンク冒険活劇。
    テッド・チャンの短編「七十二文字」を読んだあとなので、なおさらそう感じるのかも。同じく19世紀末ロンドンを舞台にした、こちらは「自律するオートマタ」の開発を巡る陰謀に巻き込まれる若い技術者の、人類の未来を賭けた決断をぎゅっとコンパクトに描ききって、心に残るものがあっただけに、感情を揺さぶるところまで到達しなかった本作品は、ちょっと残念。

    そういう点以外は、まあまあ良かったです。筋肉大将のバーナビー大尉が意外にかわいい。

  • 途中で諦めました・・・。

  • 有名かつ評価の高い本だけれど、脳みそつるっつるな私には難解すぎて脳天から煙が出そうでした。ていうか、耳から少し出てたかも。

  •  最初、読み始めた時はワクワクした。

     まず、わたしの仕事から説明せねばなるまい。
     必要なのは、何をおいてもまず、屍体だ。

     おおぉ。
    アニメ映画にも確かあった、この台詞!
    と思いながら読み進めていくけれど、第一部の途中からもう、読むのが苦痛になってしまった。
    シーンの描写が、頭の中で上手く映像化してくれない。
    とっても読みにくい。つらい。とってもつらい。
    何を言ってるのか、さっぱりわからない。
    あれ、これ誰だっけ?何者?
    理屈が、理論がもう何から何までよくわからない。
    最後まで読んでも、やっぱりわからない。
    すっきりしない。
    何度寝落ちしたかわからないくらい、とにかく最後のページまで目で追った、という感じ。
    読了というよりも。 
    本当になんとか、ようやく。

     結局アニメ映画とこの原作はほぼ別物というくらい違っていて、私はこの本に馴染めず、最後まで楽しむことができなかった。
    私には、この本を読みこなす能力が無いのだろう。
    合わないし、好きにもなれない。
    たぶん、再読することもないと思う。

     ただ、アニメ映画も本でも、フライデーがとにかく気になって、なんだか心惹かれるキャラクターだったな、っていう事だけは強く残っている。

著者プロフィール

1974年東京都生れ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』でデビュー。『ハーモニー』発表直後の09年、34歳の若さで死去。没後、同作で日本SF大賞、フィリップ・K・ディック記念賞特別賞を受賞。

「2014年 『屍者の帝国』 で使われていた紹介文から引用しています。」

屍者の帝国のその他の作品

屍者の帝国 (河出文庫) 文庫 屍者の帝国 (河出文庫) 伊藤計劃
屍者の帝国 (河出文庫) Kindle版 屍者の帝国 (河出文庫) 伊藤計劃

伊藤計劃の作品

ツイートする