屍者の帝国

  • 河出書房新社
3.53
  • (193)
  • (267)
  • (323)
  • (100)
  • (33)
本棚登録 : 3052
レビュー : 426
  • Amazon.co.jp ・本 (459ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309021263

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「屍者の帝国」読了。冒険小説の形をとっているが、まごうことなき円城塔の作品。で、私は円城作品がやっぱり苦手だw 脳と意識の話で、虐殺器官、ハーモニーとつながる。その点のアイディアは面白い。のだけれど、その見せ方がやっぱりエンタメではないのだよなぁ。

    正確に言えば、エンタメ的な見せ方もしている。アクションシーンもあるし。でも、申し訳ないが盛り上がらないのだよなぁ。仕方がないことではあるが。

    また、アイディアをエピソードに落とし込んでいく伊藤さんのスタイルに対して、円城さんはより深く深く掘り下げて、抽象的にしていく。エンタメ読者としては、やっぱり前者が好きなのだよ。や、病床のワトソンの夢の中の描写や、いろいろ物質化したわけのわからん状況の描写はさすがだと思うけれども。

    でも、私が物語に求めるものとは違うのだよなぁ。正直、伊藤計劃の遺稿であるプロローグ部分はすんごくワクワクするのよ。脳が複数のモジュールで出来上がっているという「虐殺器官」のアイディアの延長線上に、ネクロウェアのインストールという発想があるんだろうなぁ、とか。

    その発想がどんなエピソードに落とし込まれることになったのか…。やっぱり私はそれが見たかった。叶わぬことであるの分かっているけれど…。個人的には、「屍者の帝国」はあくまで円城さんの作品として読むべき作品だと思います。

    意識についての考察も、きっかけは伊藤計劃さんでも、結論(?)部分はやはり円城さんだと思う。その結論めいた部分についてはとても面白かったです。

    結論としては、凄いんだろうことは分かるけれど、私には向かない作品だ、ということでw ただ、こうして伊藤計劃さんの遺稿が、戦友とでも言うべき作家であった円城塔さんによって完結を迎えた、ということは素晴らしいことだと思います。

    • mirie0908さん
      自分は本作非常に面白く読みましたが、評者のご意見にもうなずけるところ多々ありました。
      自分は本作非常に面白く読みましたが、評者のご意見にもうなずけるところ多々ありました。
      2012/12/15
  • ☆3つ
    本屋大賞2013ノミネート作品でしかもフランケンシュタインなどの登場するSFだと言うから走っていって手に入れて、そいで急いで読んだ。いや急いで読もうとわした。

    でもSFとは名ばかりで本当は「純ブンガク」!であった。わたし、純文学は人に自慢できるほど苦手なのだ。

    というわけで、苦しみながら3日間掛かってやっと読み終えたのでありました。あー眠かった。そぉーでしょ? 純文学読んでると寝るでしょ?違う?

    でもいやはやまいったぜ。本当に苦手でして、しかもこの作品のエピローグの長いこと長いこと。ああ、やっと終わったぁ~、などと油断しているとひどい目に会う。エピローグにⅠとⅡがあるんだぜ。みなさんもじゅうぶんにお気を付けください。

    ああ、こいつがもし本屋大賞になっちまったら、書店員さん達はともかく読者はどうすんのかな。「あ、本屋大賞♪」という気分で読んだ人の半分以上が熟睡してたりして。わはは。むふふのぐふふっっ。

    『屍者の帝国』よ、目指せ本気で本屋大賞!!!!!!!

  • プロローグと第一部からで文体が変わるので、ここからが円城氏かと非常にわかりやすかった(笑)。
    しかし終わってみれば、面白いけれど、思ったより深みがないなという印象を受けた。
    着想はとても魅力的なのに、読者を煙に巻かんばかりに変にこね繰り返しているような……そのせいで、かえって輪郭がぼやけ、ただ重厚に見せかけているだけという感じがした。設定等と文章があっていないという違和感を、この本で言っても仕方ないのだが、やはり借り物のにおいがぬぐえなかった。
    とはいえ、実在・架空問わず有名な人物や戦争が入り交じっての展開にはついつい口元がゆるんでしまう。あれこれ文句は言ったが、ここまでのものに仕上げた円城氏はすごいと思うし、拍手を送りたい。

  • 伊藤 計劃が書いたエピローグは面白そうで軽い展開を想像させる感じだが、円城塔の執筆(本のほぼ全て)は哲学的な部分と、世界の有名人の名前が登場でクスっと笑える部分が混合していて、何とも不思議な感じがした本でした。
    フランケンシュタインを探す旅に出かけるワトソン君。
    ワトソン君(シャーロックホームズ)がいて、ヴァン・ヘルシング教授がいて、カラマーゾフの兄弟がいて、ダーウィンがいてアメリカの南北戦争
    まで登場。そして日本の大村益次郎の登場。
    屍者が当たり前のように存在し、労働力として使ってる生者達。
    意識とは何なのか?魂とは何なのか?生命とは何なのか?
    物語の残り4分の1は、哲学的要素満載。
    そしてラストのワトソン君への独白は、胸を打つ言葉がたくさん有る。
    少し読み難い本でしたが、久しぶりに一気に読了できました。

  • プロローグを読んだ時のワクワク感はハンパないです。そして日本編あたりまでは面白かったのだが、終盤はわたしの読解力がついていかずただ文章を読むだけになってしまった。叶わぬことだけど、全編を伊藤計劃で読んでみたかった。

  • 全然サクサクと読み進められなかった。難しいという理由だけではなく、ものすごく淡々としていてそれにのれない感じ。伊藤計劃的エンタメを期待し過ぎたとは思うけど。
    部分的にはおもしろかった。人間の意識の話を、未来の人工知能ではなくて過去のしかもフィクションのフランケンシュタインやかなりオカルト的な素材を使って語っていて、でも語っていることは未来のAIにまつわる発想と同じなところとか。精神や知能が生身の肉体から切り離されても機能し得るという題材からは同じような発想が生まれるのかもしれないと思う。
    あと最後の終わり方は好きだった。

  • これは2ch的自意識をもって、2ch的自意識について書かれた物語です。たぶん。
    早逝してしまった伊藤と円城との間で
    「俺の嫁」現象について笑いながら本気で検討されてたんじゃないだろうか。


    伊藤らしい率直なプロットに円城ができる限り寄り添って書いてくれた。
    立派に引き継いだと思う。
    伊藤だったらこんなに色っぽくならなかったし、
    円城だったらこんなにエンターテイメントにならなかった。

    ただし、人の創造を継いで書くというのは彼らの間では
    配慮がだいぶあったように思う。
    驚きという点では足りない。無難に落ちたという印象があるので
    星は3つです。

  • 独特の世界観。近未来がこのような絵であってほしくないなぁ。

  • 異なる波長がお互いを打ち消しあって結果0になっちゃった。
    という気はしないでも無い。

    でも、円城さんの愛は感じるなあ。

  • ななめよみ
    それでも
    面白い

著者プロフィール

1974年東京都生れ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』でデビュー。『ハーモニー』発表直後の09年、34歳の若さで死去。没後、同作で日本SF大賞、フィリップ・K・ディック記念賞特別賞を受賞。

「2014年 『屍者の帝国』 で使われていた紹介文から引用しています。」

屍者の帝国のその他の作品

屍者の帝国 (河出文庫) 文庫 屍者の帝国 (河出文庫) 伊藤計劃
屍者の帝国 (河出文庫) Kindle版 屍者の帝国 (河出文庫) 伊藤計劃

伊藤計劃の作品

ツイートする