想像ラジオ

  • 河出書房新社
3.39
  • (171)
  • (397)
  • (474)
  • (160)
  • (47)
本棚登録 : 3357
レビュー : 521
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309021720

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ただただ流れていく。

    そっか。
    東日本大震災の話だったのか。

    「3.11」

  • 東日本大震災を舞台にした本作。予測なく逝ってしまった者の声を想像して、想像し続けて生きていこうという著者なりの震災との向き合い方なのかとも思う。

  • 耳を澄ませば、彼らの声が聞こえるはず。ヒロシマ、ナガサキ、トウキョウ、コウベ、トウホク…。生者と死者の新たな関係を描いた世界文学の誕生。

  • 3.11の震災の状況を、悲惨ながらも何か夢か現か分からないような感じで、ラジオに乗せながら話は進む。
    震災の悲惨さを軽減し読みやすいとも言えるし、逆に悲しみが際立つような。

    普段の何気ない会話で物語は進むが、その事が一層普通の生活をあっという間に襲った震災の無情さを表す。

    震災で亡くなった方の霊がこの物語を紡いで行くが、生きている人も、そのラジオを聞ける話を混ぜながら、話は進むので読者も現実に自分には聞こえないけれども、起こっている事なのではないかなぁという気分にさせられる。

    何だろう、重くない感じで読者に震災の事を問いかけ、考える時間、自分では消化しきれない色々な思いを与えてくれる一冊。

  • 全てを回収するような(そういう態度をとった)小説ではない。どうでもいいことがどうでもいいままで語られる。迷いが迷いとして語られる。多声的な小説とも言えるだろう。震災や、あるいは戦争の、何の準備も覚悟もないままに死んでいった者たちの声を聞くというのはたぶんそういう事なのだと思う。
    読者がこの小説を装置として物語る隙はないように感じた。誠実な小説である。

  • 軽い気持ちで勧められない。
    けれど、この本に救われる人がいるはずで、どこにいるかわからないその人に想像ラジオが届いてほしいと強く思う。

    想像の二文字が重い。それは私が生きているからなのか。

  • 東日本大震災のあと、大きな杉の木の上の方の枝に引っかかったままになっている死者の魂魄が、あの世にイケナイでまだ漂っている他の人達の魂魄のために1人でラジオのDJをやり続けるお話。
    かなり心に応える。

  • いとうせいこうって、ビットワールドのセイコーのファンでよく見ているのだけど、この作品は、そういうことを抜きにして、いいなあ、って思えた。
    わたしも一応東北に住んでいるけれど、沿岸部の被害なんか想像もできない。だけども、この本を読んで、亡くなられた方に想いを馳せて、名前も知らないその方々を、そっと悼むのも必要かな、って思った。

  • 耳を澄ませば、彼らの声が聞こえるはず。ヒロシマ、ナガサキ、トウキョウ、コウベ、トウホク…。生者と死者の新たな関係を描いた世界文学の誕生。

  • 第二章の皆の台詞が印象的だった。
    どのひとに賛成なのかまだ分からない。

全521件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

いとう せいこう
1961年、東京都生まれ。編集者を経て、作家、クリエーターとして、活字・映像・音楽・舞台など、多方面で活躍。『ノーライフキング』でデビュー。『ボタニカル・ライフ ―植物生活―』で第15回講談社エッセイ賞受賞。『想像ラジオ』が三島賞、芥川賞候補となり、第35回野間文芸新人賞を受賞。他の著書に『ノーライフキング』『鼻に挟み撃ち』『我々の恋愛』『どんぶらこ』『「国境なき医師団」を見に行く』『小説禁止令に賛同する』など。

想像ラジオのその他の作品

想像ラジオ (河出文庫) Kindle版 想像ラジオ (河出文庫) いとうせいこう
想像ラジオ (河出文庫) 文庫 想像ラジオ (河出文庫) いとうせいこう

いとうせいこうの作品

ツイートする