らんる曳く

著者 :
  • 河出書房新社
3.50
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309022338

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最愛の女を失った男の堕落から再生への物語。災厄の日から二年、京都に移り住み様々な人と出会い男は変わっていく。食事のシーンや女性の装飾、振る舞い、佇まいの描写が流れるように美しく描写される。さらに京都弁の会話が作品世界をより品良くしている。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1973年青森県生。哲学者・理論宗教学者・作家。東京大学文学部卒業、同博士課程修了、博士(文学)。主な著書に『定本 夜戦と永遠』(上・下)『切りとれ、あの祈る手を』『九夏前夜』『踊れわれわれの夜を、そして世界に朝を迎えよ』他多数。

「2016年 『戦争と一人の作家 坂口安吾論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐々木中の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
いとう せいこう
いとうせいこう
佐々木 中
中沢 新一
梨木 香歩
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×