作品紹介・あらすじ

新米の季節到来! 「ごはん」のおいしさを存分に伝えるエッセイ39本を厳選収録。
日本人の原点ともいえる「米論」からおいしい「ごはん」など、てんこ盛りの「ごはん」。
食べ過ぎの注意のアンソロジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人は同情する事が大好きだから
    嘘を言って騙せば
    簡単に<むすび>がもらえる。

    嘘の話に
    うんうんと頷き
    「さぞや大変だったろう。」
    「これからも気をつけてお行き。」
    と、旅の後押しをしてくれる人達は
    きっとおいしいおかず達。

    まっ白ごはんは自分だけじゃ味気ないけど
    おかず、を共に(友に?)する事で
    「飯がうまいなぁ!」
    と、一気に好感度をUPさせる
    ちゃっかりもの。

    まるでこの、
    まっしろつやつやごはんの様な
    山下清さんの旅日記が面白かった。

  • みんなごはんが好きなんだなあ。やっぱり食べものの中でもちょっと別格の感がある。ごはんにまつわる文章が幅広くセレクトされていて、どれもしみじみ読んだ。

    わたしは酒井順子さんの書かれるものをそれほど好きというわけではないが、こういう食べものアンソロジーでは、いつもとてもしっくり来る。「おべんとう」に載ったのも良かった。ここでは「人生最後の食事に、何を食べたいか」について。酒井さんにとってそれは「親戚のおばさんの漬け物」だそうだ。さり気ない書き方の向こうに、お祖母さんをはじめとする家族の記憶がほの見えて、じんわりとしたあたたかさがある。

    一番心に残ったのは、石牟礼道子さんの「お米」と題したものだ。
    「鉄の羽釜で薪を燃やして炊いて、米がひとつぶひとつぶ立っていなければ、ご飯の味ではないとおっしゃる方もいる。けれどもしかし、お釜の尻につくあの、分厚い煤をいったい誰が磨き落とすのだろう」「電気釜の発明は女たちにとって何という福音であったことだろう」

    ほんとにそうだよ!自分で炊いて掃除もするヤツ以外、勝手なことを言うな!と溜飲が下がる。その後に、ずいぶん前、鹿児島の百歳をこえたお婆さんが石牟礼さんに語ってくれたことが、その土地言葉のまま綴られている。お婆さんは「昔の百姓のおなごはどういうあわれじゃったことよ」と、休む間もなく農作業と家事に追われた昔を縷々語る。ずいぶん前に亡くなった祖母が思い出されて、目頭が熱くなる。

    このお婆さんに近所の家の孫が、「ばばさぁ、長生きしゃんせ。したらばなあ、まいっときすれば、枕元で、寝ておっても飯が炊くっ世の中がくっとやっど」と言ったそうだ。そのときお婆さんは「この婆ば、喜ばしゅうと思うていうてくるっとじゃ」と思ったが、「して後で考え申した。まんざら嘘ではなかかもしれん」
    お婆さんは電気釜のごはんを食べただろうか。

  • 特に心動くものはなかった。
    今は食べられない、おばあちゃん家のお米が
    一番美味しかったなあ…

  • 2016.11.12市立図書館
    あんこに続いて。ごはんをテーマにした39人のエッセイのアンソロジー。
    嗜好品のあんこはなににこだわるにしても楽しく個性あるつきぬけた文章が多かったような気がするけれど、主食のごはんだともっとまじめというか、地に足の着いたような話が多い気がした。そんななか黒田征太郎の焼き飯と立松和平の醤油飯は思わず真似して作ってみたくなる文章でよかった。山下清の人を喰ったようなとらえどころのない文章も味があり、終盤の伊藤比呂美や米原万里もよかった。

  • 食シリーズ、ごはん。
    お腹が空いているときに読んだのでお腹が減ります。
    でもムツゴロウさんの話は思っていたのと違っていました。
    亭主関白みたいでちょっと嫌でした。

  • ごはんに関する、39の随筆集。
    読んだらご飯が食べたくなる。

    『ぷくぷく、お肉』、『ずるずる、ラーメン』なるシリーズ既刊があるそうなので、そちらも機会があれば読みたい。タイトルだけでお腹が空きそう。

  • 39人の作家から集めた「ごはん」にまつわるエッセイ集。同じシリーズの「ラーメン」より面白く読めた。他の料理に比べて、さらに思い出や生い立ちが関わってくるごはんの味…。個人的にムツゴロウさんのはなくてもよかった。

  • 著名人の「つやつや、ごはん」に関連する雑多なエッセイを一冊にまとめたもの。こんど作ってみたいと思わせるものもいくつかあった。白米への日本人の執着かくありきと思わせるエッセイ集。

  • 新米、いなり寿司、チキンライス、お粥、リゾット、おむすび・・・。とにかくごはんごはんの一冊。ごちそうさまでした。

  • 白米食べたい

    このエッセイ集を一気に読むと
    大好きで毎日食べていたけれど、食べ過ぎてしばらくみたくない状態になります
    単調なので食傷気味になる

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

出久根達郎(でくね・たつろう)
1944年、茨城県生まれ。作家。古書店主。中学卒業後、上京し古書店に勤め、73年より古書店「芳雅堂」(現在は閉店)を営むかたわら文筆活動を行う。92年『本のお口よごしですが』で講談社エッセイ賞、翌年『佃島ふたり書房』で直木賞、2015年『短篇集 半分コ』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。他に『古本綺譚』『作家の値段』『雑誌倶楽部』『春本を愉しむ』『本があって猫がいる』『隅っこの昭和』『幕末明治 異能の日本人』『桜奉行』『漱石センセと私』など多数。

「2018年 『文庫 本と暮らせば』 で使われていた紹介文から引用しています。」

出久根達郎の作品

つやつや、ごはん (おいしい文藝)を本棚に登録しているひと

ツイートする