感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 豪華作家陣、様々な時代のいろんな朝ごはんにワクワク♪

    朝ごはんというだけあって、卵料理が多いですね。
    印象に残ったのは…

    角田光代さんの”朝食バイキング”
    すっごくわかる!
    私もホテルの朝食バイキングに心躍らせて挑むクチです。
    さんざん目移りしながら、結局お皿の上にはいつもと変わらない品々(笑)

    森下典子さん”江戸むらさきごはんですよ”
    のり平さん亡き後、CMの声が息子さんだったなんて!
    ”のり平の伝統はDNAによって受け継がれたのである”
    うふふ。

    小林聡美さん”ヒロの朝ごはん”これは読んだことがあったけど、
    やっぱり強烈にパンケーキが食べたくなります!

    増田れい子氏の”さくらごはん”
    お醤油とお酒で炊いた、お赤飯の代わりのごはん…。
    心にしみます。

    佐野洋子氏の”あゝ弟よ君を泣く”
    幼い頃の弟との小競り合いを思い出して可笑しかった~。

    一度も読んだことのない作家さんの作品もあって、
    興味深く読めました。

    このシリーズ4冊も出版されてるんですね。
    知らなかった。私としたことが(笑)

    • MOTOさん
      こんにちわ♪

      アンソロジーの面白い所は、作家さんの名前がバーッと出てくる所ですね♪
      (好きな作家さんはいないかなぁ?)なんて
      好き...
      こんにちわ♪

      アンソロジーの面白い所は、作家さんの名前がバーッと出てくる所ですね♪
      (好きな作家さんはいないかなぁ?)なんて
      好きな人を大勢の中から探す行為って、
      学生の頃の放課後の校庭を思い出して若干ドキドキします。(変態か!?^^;)

      朝ごはんをテーマに、ってなんだか面白そうですね!
      表紙も可愛らしいし、うさこさんのレビューも楽しそうだったので読んでみようと思います♪
      2015/09/30
    • 杜のうさこさん
      MOTOさん、こんばんは~♪
      コメントと、いつもいいね!をありがとうございます!
      嬉しいです♪

      放課後の校庭にドキドキ♡
      わかり...
      MOTOさん、こんばんは~♪
      コメントと、いつもいいね!をありがとうございます!
      嬉しいです♪

      放課後の校庭にドキドキ♡
      わかります!
      「うふふ…みーつけた♪」って感じ(なんか怖い・笑)

      朝ごはん…
      私も多くの本好きさんと一緒で、つい夜中まで読んでしまって。。。
      朝は、ぼけ~っとしちゃって、やらかしてます(笑)
      いや、朝だけじゃないですが…(^_^;)

      美味しそうな本に目がないので、
      これからも本棚にたくさん並ぶと思います(笑)

      MOTOさんのレビュー、とても詩的で憧れます♪
      これからもよろしくお願いしますね(*^-^*)
      2015/09/30
  • 朝ごはんについてのエッセイ。
    割と特別感のあるがっつり朝ごはんな感じのが多い。
    全体的にパラパラ読み流したけど、万城目学氏には全力で同意したい。
    特に「ル・プチメック」の記述はその通り、どうしましょうって感じです。
    新宿マルイにはよく足を運んでおります。

  • 食べものアンソロジーは楽しいが、「朝ごはん」はもう一つか?同じような文章が多いなあと読みとばしていたが、最後の最後、佐野洋子さんの文章にノックアウトされる。なんでこんなに心に響くんだろう。もう一行目からバシバシ来る。軽いのに鋭くて、おかしいのに悲しくなる。

  • 「食」のエッセイは、いかんわ。お腹空きまくりですわww

  • クロワッサンとチーズ コーヒーの朝食なんていうのもたまにはいいかも。
    触発されたか、今朝 焼き鮭と納豆を食べました。

  • 食べ物の話好きにゃ

    いつでもパラッと開いて
    味わい深い世界に入れるにゃ

  • これだけの人数の方が書いていると読んでいてちょっと不快に思うのもチラホラあったり(笑)

    全体的に古い印象があり、あまりそそられる内容ではなかった。

    2017.11.1 読了

  • わたしも、朝ごはんがとびきりすき。名だたる文豪たちの、それぞれの朝ごはんへのこだわりや思い出、最高!おいしい文藝シリーズ読破したいなあ。
    2017.10.25

  • 20170405読破

  • 朝ごはんが好きだ。まだ何ものにもなっていない、手付かずの朝。

    何か食べよう、と思える時点でわりと快調な証だし、おいしいものが食べられたらもう、その日はひとつ良いことがあったから。

    フレッシュな果物とか、まったりこっくりしたバターとか。甘くないカフェオレも。焼き魚と味海苔も。朝ごはんのためならば、夜遊びの魅力も霞んでしまうのだ。

全41件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1903-51。代表作に『放浪記』。

林芙美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ぱっちり、朝ごはん (おいしい文藝)を本棚に登録しているひと

ツイートする