ねこのおうち

著者 :
  • 河出書房新社
3.42
  • (13)
  • (43)
  • (49)
  • (14)
  • (2)
本棚登録 : 468
レビュー : 67
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784309024721

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アメトーーク!で光浦靖子が泣ける本として紹介してたのがこの本。
    柳美里と猫の組み合わせが意外で、しかも泣けるとはどんなもんかなと思って手にとってみた。

    4編からなる本書だが最初のお話「ニーコのおうち」。これ泣いちゃったなぁ。
    何しろ切なくって。おばあさんもニーコも。
    デスマス調で童話っぽい雰囲気で語りかけて来るのが追い打ちをかける。

    柳美里ってこんな小説書く人だったの?
    自己顕示欲が強くて、私小説を描く典型的な作家だと勝手に思っていたけれど、この小説は全く違う。
    自己を捨てた他者に寄り添った小説だ。

    インタビューを読んでもわかるように、東日本大震災が彼女に与えた影響ってずいぶん大きなものだったようだ。
    苦しんでる人たちの救いとなる小説を書いたというこの作品。その意義は十二分に感じられた。

    とはいえ、猫を愛する人間として単純に、涙なしには読めない猫小説の傑作として読んだ方がいいのかもしれない。
    嫌なこと辛いことみーんな忘れちゃって、ただ膝の上に乗る猫を撫でる幸せ。
    それに代わるものなんてこの世にあるだろうか。

  • 公園に捨てられた猫をめぐる人々の物語。
    どこか童話的な語り口です。
    柳美里さんがこんな本を書くとは思わなかった‥

    雑種だからと、あっさり捨てられてしまった子猫。
    近所の猫を気にかけ、時々えさをやっていた渡辺さんのおばあさんが、飼うことにします。
    ニーコと名づけた猫と、とても仲良く暮らしていたのですが‥

    おばあさんが病気になって入院させられ、ニーコは再び公園へ。
    6匹の子猫を生みます。
    生き延びた子猫たちを拾う人も、飼えない人も、それぞれに事情がありました。
    子供の間のいじめや、猫嫌いの人‥
    容赦のない現実も、太い筆で描くようにばっさり書かれていますが。

    動物病院の先生や、すべてを見守っている人も。
    そして、かって捨てた経験を悔やむ人もいました。
    老人ホームで猫を飼うことにして、暮らす人の心を癒すとは。
    記憶もあまりなくなっているおばあさんに駆け寄った猫、おばあさんがニーコと呼んで撫でている猫。
    涙せずにいられません。
    こんな老人ホームに住みたいものです☆

  • ニーコのおうち
    スワンのおうち
    アルミとサンタのおうち
    ゲンゴロウとラテとニーコのおうち

    の連作短編。
    母猫がニーコ。
    そのニーコの子6匹のそれぞれのストーリー。けっこう盛りだくさんで途中でよくわからない部分があって、急いで読まないといけなくってゴメンナサイ…って感じでした。

    数か所、泣きそうになってしまった。
    「譲渡会が命をつなぐラストチャンス」と、「私にはラテがいます。あなたにはゲンゴロウがいます」…という場面はホント胸に迫ってくるものがあった。

    うちも捨てられた猫を飼っています。最後まで責任を持って育てないといけないと思いました。うちの近くで、独り暮らしの高齢者が猫をたくさん世話していて、突然亡くなりうちも解体される…というパターンが数件あって、まるでこの小説のままの光景を目にしました。
    冬の寒い日に猫が路上で震えている…というのを目にした時、私はこの作品を思い出します。

    作品の中では、その後の消息が気になる人がいたし、いいキャラだなぁ…と思った人物もいたので、もっと掘り下げて書いてほしかった。(ちょっと惜しい気がした)。柳さんのこういうジャンルを書くのって意外でかなり貴重。

    • 杜のうさこさん
      まっき~♪さん、こんばんは~♪

      アイコンのそっちゃん、可愛い~!
      そして、この時のそっちゃんの心境を想像して、むふふってなります。
      ...
      まっき~♪さん、こんばんは~♪

      アイコンのそっちゃん、可愛い~!
      そして、この時のそっちゃんの心境を想像して、むふふってなります。

      この本、たしかブランチで紹介されてたのを見て、気になってるんです。
      でも、泣きそうな気がしてまだ読めてません。
      どうも動物の生き死に関係はダメダメで…。
      情けないです…。(>_<)

      最近、まっき~さん♪が短歌の本をいっぱい紹介してくれてすごく嬉しいです♪
      短歌、好きなんです!詠めるかどうかは別として(笑)。
      『サラダ記念日』私もあの騒ぎに、同じように少し引き気味でした。
      なんか、ちょっと違うかな?みたいに感じて…。

      寒いですね~。南関東に住んでても寒いです。
      そっちゃん、今頃リュックかなぁ(*^-^*)
      2016/11/10
    • まっきーさん
      杜のうさこさんへ

      こんばんは(^^)

      最近アイコン思い切って変えてみました。
      ハロウィンのそっくすです♪嫌がって帽子を吹っ飛ば...
      杜のうさこさんへ

      こんばんは(^^)

      最近アイコン思い切って変えてみました。
      ハロウィンのそっくすです♪嫌がって帽子を吹っ飛ばしていました。
      この顔もむっすり…してますね。ちょっと怒ってるかも?です(笑)

      この本、きちんと読めば内容よかったです。
      返却の期間が迫っていてササーッと流して読んだので入り込めなかったです。

      数か所泣きそうになってしまったので、ぼろぼろ泣いてしまう人もいると思います。

      >情けないです…。(>_<)
      人それぞれ涙腺崩壊ものありますから、何にも情けなくないですよん。


      短歌!いいですね~。
      中高生の頃ハマってコツコツ仲間内で書いていました。
      あの頃の感性は何処へ…状態で読む専門になってます。

      『サラダ記念日』に少し引き気味…私だけじゃなくてよかった。ホッとしました。今は俵さん好きです。
      あれからずっと今も短歌しているので強いなぁ~と思います。

      関東も木枯らし一号が吹いたと聞いたので、いよいよ冬の到来ですね(>_<)
      そっくすはくしゃみが多くて風邪引いてしまったみたいです。
      リュックに入ったり布団に入ったりで、ぬくぬくしてます♪


      2016/11/11
  • 子猫が捨てられた公園から物語が広がっていく。
    拾い育てたおばあちゃん、この公園に毎日訪れる田中さん、
    近所の小学生たち、その家族。
    大人になった猫が産んだ子猫たちから又広がる物語。

  • 目次を見て全く違う話かと思い読み進めたら、4つの環境で飼われることになった猫と飼い主達の運命が絶妙に絡み合っていて、率直な感想として面白かった。
    他の方のレビューでは子供たちのいじめの描写が酷く後味が悪い作品、などと評されていたこともあり覚悟していた。
    だが「留香」の心情の描写が小学3年生とは思えないほど大人びていて、大人同士でもこんな気まづいシーンはあるなと感情移入してしまう場面が多々あった。
    読んでいて辛い場面もあったが、最後には人の動物を思う気持ちの温かさが残って、読み応えのある作品でした。

  • 久々に感動を与えてくれる本に出会った。読み終わるのが勿体無くて何回も読み直しながら読み終わった。最初の章から涙が止まらなかった。物語口調で書かれているのも良かった。柳美里さんの小説は何冊か読んだ事があるけれど、こんなに優しい文章を書く人だと思ってなかった。優しい中に現実の残酷さを淡々と綴っていて、途中辛くなったりしたけれど、最後の締めくくりで物語が繋がった。人と人との縁や優しさや温もりに気持ちがほっこりする場面もあり。何より猫の持っている癒しを知っているだけに読んでいて、うんうんと何回もうなづいたりした。この小説は多分私の宝物になるだろうな!装丁もとても綺麗。読んで良かった。

  • 悲しいこともかいてあったけど、きっと優しい気持ちでゆっくりかいたんだろうとわかったから、ゆっくり読みました。
    だいたいの動物は好きだけど、猫には特別幸せでいてほしいと思う。自分の猫だけじゃなくて全猫。それで、猫好きな人は全員博愛家でいてください。みんなで猫を大事にしよう。
    先月わたしの猫が死にました。誰にも、普通の人には誰にも今まで言えなくて、一人で悲しく過ごしたけど、楽しい思い出ばかりで、これは大きなドーナツの一部分で、これからもわたしは全猫を愛す。

    • ちゃこさん
      二匹の猫と暮らしていましたが、うちも先月一匹がいなくなってしまいました。9年近く一緒に過ごし、家族みんなでかわいがっていました。残された猫は...
      二匹の猫と暮らしていましたが、うちも先月一匹がいなくなってしまいました。9年近く一緒に過ごし、家族みんなでかわいがっていました。残された猫は、毎日夕方になると探しているかのように鳴くし、私も悲しみに暮れていて、少しずつ、立ち直ってきたところで、この小説を読みました。
      幸せに暮らす猫、悲しい目に合う猫、後半は
      涙があふれ、愛猫を撫でながら読みました。
      初めの章は、現実にあることと思いながらも
      心苦しかった。私は、愛猫を最後までかわいがってあげたい。
      2016/09/22
  • 先日、NHKのあさイチで、柳美里さんがゲスト出演されていて見入ってしまいました。
    経営されている書店の選書サービスも申し込んでみました。
    でも、実は、柳美里さんの本は読んだことがありません。
    さっそく、図書館にリクエスト。

    柳美里さんの経歴は、かなり壮絶で…
    イジメにあったり、最愛の人の子どもを身ごもった矢先に、その方が癌の告知をうけ…などなど…。
    身を削るようにして、文章を書いていたと話されていて…
    ちょっと、そういったのは、私はあまり得意ではないかも…
    (ノーベル文学賞を受賞されたカズオイシグロさんの本を以前読んで、重く、他の本を読む気が出なくなったので…)
    と、思い、一番無難そうなこちらの本を読んでみました。

    読みやすい小説でした。

    ニーコという猫の家族を取り巻く人間模様をオムニバス形式で書かれた小説かな。

    ニーコが生まれ、捨てられ、育てられた経緯とか…
    その子どもの猫たちも、拾われて、様々な人に育てられ…
    ちょっとずつ、人間の切なさや弱さなどが描写されています。

    中でも、ニーコの子どものスワンを拾った小学生の女の子のお話が、印象的でした。
    小学生女子のグループ間の力関係…あるよね~でも、比較的こういう感じ私嫌いだったかな~とか。どうしていたんでしょう…強い感じの子には、はむかっちゃうかな~直接じゃないけど。

  • 多くの猫がいる公園と、その周辺に暮らす人々のお話。
    猫たちの世話をする人、猫を憎んで排除しようとする人、捨てる人、拾う人、子供たちの所有欲、そして猫の一生。
    柳美里の作品を読むのはこれが初めてだが、全体的に陰鬱。これが猫を取り巻く人間社会の現実だと突き付けられるせいか。
    若い頃に読んだら星4つだったかもしれないが、最近つらい内容に精神的体力がもたなくなってきたので星3つ。特に動物に関わる事は耐えられない。

  • 公園で生まれた猫達とその猫達と関わる人々の物語。
    ねこはしらんぷりしているようで、自ら人間との距離をとっているようにみえるけど、人間をよくみていて適切な距離感にいてくれるものだと思う。
    登場するねこ達もただそこにいるだけのようでそうではなかった。

    ねこと暮らしているとよくわかること。
    家族の中で1番自分を必要としている弱っている人に必ず寄り添う。本当に愛しいです。

全67件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

柳美里(ゆう・みり) 小説家・劇作家。1968年、神奈川県出身。高校中退後、劇団「東京キッドブラザース」に入団。女優、演出助手を経て、1987年、演劇ユニット「青春五月党」を結成。1993年、『魚の祭』で、第37回岸田國士戯曲賞を受賞。1994年、初の小説作品「石に泳ぐ魚」を「新潮」に発表。1996年、『フルハウス』で、第18回野間文芸新人賞、第24回泉鏡花文学賞を受賞。1997年、「家族シネマ」で、第116回芥川賞を受賞。著書多数。2015年から福島県南相馬市に居住。2018年4月、南相馬市小高区の自宅で本屋「フルハウス」をオープン。同年9月には、自宅敷地内の「La MaMa ODAKA」で「青春五月党」の復活公演を実施。

「2020年 『南相馬メドレー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳美里の作品

ねこのおうちを本棚に登録しているひと

ツイートする
×